合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先shinonomeaiki@gmail.com(連絡の際は@に直して下さい。)
会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。

このブログとは別に簡単なホームページもございますので、
     合気観照塾東雲道場

で検索して頂ければ閲覧出来ます。

月刊「秘伝」の道場ガイドにも連絡先等掲載しています。
携帯電話、パソコンの受信設定でGmailからの返信が受信出来ない場合は、秘伝掲載の問い合わせ先に連絡下さい。

東雲道場のFさんが、なかもず駅の直近に東洋医学(鍼灸等)と陰陽五行論等により身体と精神の両面からサポートする

なかもず しののめ庵


をオープンされました。



YSさんの英訳です。

Introduction

I am a caretaker of Shinonome Dojo of Aiki Kanshou Juku.
Aiki constitutes the essence of Japanese martial art represented
by jiu-jitsu and swordsmanship. In other words, aiki is how you
treat your body against external pressure.In addition to martial
arts pressure, there are human relations, work, illness, old age,
etc. as the pressure which we receive.

In order to acquire the aiki,
1.Develop communication pathway of brain and body, consciousness
and sensation.
2.Repeat training to recognize the relative position and balance
between you and your opponent.
3.Repeat training to recognize the position and balance relative
to the opponent in various spaces and environments.

We live in an environment surrounded by various pressures. And I
believe that by acquiring the aiki, I can reassure my own body.

Shinonome Dojo is a place where those who wish to learn such a
kind of aiki practice. Shinonome Dojo is active in the area
mainly in Sakai city, Osaka Prefecture.

This blog was prepared for the purpose of recording the content
of the lesson for members of the Shinonome Dojo.

Inquiries from everyone will be answered by e-mail that I am a
caretaker.

Contact address:shinonomeaiki@gmail.com

Please change the address to @ for inquiries




c0321318_08402897.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-31 23:59 | 意義 | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
でやっていくことなっています。
 平日、及び日曜日にも稽古希望の方は御相談頂いて結構です。


 世話役の私を含む指導担当は、仕事の都合で欠席する可能性がありますので、その折は前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。
c0321318_00042574.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-30 23:56 | 設定 | Comments(0)

センタリング呼吸法とは。

世話役です。

平成29年6月24日土曜日
合気観照塾定例稽古にて

★センタリング呼吸法とは

この日、宗匠が考案されて我々弟子達に指導されて来られた、

   センタリング呼吸法

の説明がなされました。

 合気観照塾が発足して15年、更に発足以前の組織で指導しておられた宗匠に弟子入りしてこの方、一度たりともセンタリング呼吸法という説明を受けたことはありませんでした。

 宗匠の合気修得の第一教義は、技や体の動かし方を覚えるのではなく、合気を使える体をつくることです。

 その体をつくる方法として、合気観照之図に基づく、体操、歩法、基本単式稽古、相対稽古等を行ってきましたが、それら全てに共通する身体功というべき位置にあるものが、

  センタリング呼吸法

であるということは漠然と認識していましたが、この日までそれを明確に捉えきれていませんでした。

 ですので、私はこれまでセンタリング呼吸法という言葉を他人に使ったことはなく、又、人に聞かれても

   いえ、違います

   そういう意味ではありません

と、自分の漠然とした認識にかけ離れた解釈を否定するにとどまっていました。

 しかし、この日、宗匠が稽古冒頭に

   初めてセンタリング呼吸法の説
   明をします。

とおっしゃれて、宗匠の御言葉を聞かせて頂きました。

 腹式呼吸ではなく

 胸式呼吸ではなく

 逆腹式呼吸ではない

 ・・・・・

です。

 ・・・・で表したのは出し惜しみではなく、読んだだけで、勝手に解釈されるのを防ぐためです。

 考えてみれば、・・・・と合気を繋げたのは、宗匠が初めてだと思われます。

 大方の流派は

   合気を使えるための鍛錬

   足運び

   脱力

等を教義とされますが、それは間違ってはいないにせよ、枝葉に過ぎないのです。

 また、・・・・があってこそ、合気は武術にとどまること無く、日常においても、

  己と他と空間におけるバランスを
  いち早く認識して、己の身を、他
  の影響という渦中に沈めること無
  く、最小限の持力を最大限の効果
  を産むように発揮出来る

身体と頭脳を構築出来ると思われます。

 15年以上もの間、教義の重きを成して来た、センタリング呼吸法について、弟子達に一切説明して来なかった宗匠も宗匠ですが、一度たりとも質問しなかった弟子も弟子ですよね。

 言葉や単語の解釈に重きを置いて来なかった師弟の明かしと思っておきます。

 宗匠、この度の御指導、本当にありがとう御座いました。

c0321318_22595405.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-29 23:59 | 意義 | Comments(0)

第五十回研究会稽古メモ

S代表からの第五十回研究会の稽古メモです。
いつもありがとうございます。


《稽古メモ》
・歩法 スケーティング(仙腸関節の幅でロッキングチェアーと振り子)
・内縛した手を胸の位置にしてスケーティング(外縛との差、含胸抜背)
・スケーティングで後方へ(頭の位置等)
・歩法 ジグザグ (蹴らない)
・ジグザグ 回刀(刀を鞭の様に使えるか?)
・ジグザグ (肘に木刀を乗せて捧げ持つ様に)
・真っ直ぐ中段(内縛スケーティングの延長)
・真っ直ぐ中段(相対、剣先の圧を感じながらゆっくりと)
・刀棒にて相手の正面打ちを受ける(身体の伸びを使う、上げた腕の位置)
・刀棒を正面から押さえられた状態から同じく身体の伸びで返す
・捷径(当たった瞬間力を抜いて消えられるかどうか、体操の天地人)
・相架け返し(身体の伸び、屋根の角度)
・相架け流し(受け止めて、消えて回刀)

新年を迎えて初回の研究会、「同じ事を繰り返さない」、「同じ事を違うやり方でやってみる」、「虱潰しに色々やってみる」ことから参加者が個々それぞれに活き活きとした動きが出てくるよう宗匠からご指導頂きました。
本年も宜しくお願い致します。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-01-09 21:20 | 研究会 | Comments(0)

第四十九回研究会

第四十九回研究会メモ
12/10 日曜日 午後1時から

1 棒回し前進歩法
 内回し
 外回し
 短刀は柄を逆にも持ち替える
2 両手捕り
3 短刀で太極棒的含胸抜背
  短刀の反りで上がる、上がらない
4 両手短刀二刀で七刀
  截らない方の短刀に注意
  かけない方の手
5 廻刀、ジグザグ歩法

世話役です。

今回の研究会から五年目に入ります。
これまで継続出来たのはひとえに、指導頂いている宗匠と参加者の方々のおかげ様です。
本当にありがとうございます。

どうか来年からも、宜しくお願い申し上げます。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-12-23 23:48 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

第五十回研究会稽古メモ
at 2018-01-09 21:20
第四十九回研究会
at 2017-12-23 23:48
YSさんからの英訳 老化する..
at 2017-12-02 11:59
実用の美
at 2017-12-02 11:49
第四十八回研究会稽古メモ  ..
at 2017-11-26 21:13

外部リンク

ファン

ブログジャンル