合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先shinonomeaiki@gmail.com(連絡の際は@に直して下さい。)
会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。
[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-31 23:59 | Trackback | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
  
   指導担当  Sさん
  
    日曜日 午後6時から午後10時頃まで
  
   指導担当  Fさん
で、やっていくことなりました。

 世話役の私は土曜日も日曜日も担当致しますが、仕事の都合で欠席する可能性がありますのでSさん、Fさんに曜日で担当して頂くことになりました。
 両名の方も私も担当出来なくなれば前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。

Gmailアドレスをお持ちの方や取得された方は、私の会員用のEメールアドレスまでお知らせ下さい。


Googleカレンダーを閲覧編集出来るように登録致します。
登録が進んでいけば、他にどなたが稽古されるか分かるようになるシステムです。

 少ない稽古日ですが、皆様の御理解宜しくお願い致します。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-30 23:56 | Trackback | Comments(0)

第三十六回研究会稽古メモ

S代表からの研究会稽古メモです。
いつもありがとうございます。

以下本文

今回の稽古メモです。宜しくお願い致します
雨が降り冷え込みが少しずつ身に沁みてくる時期になってきました。今月もご指導頂いた宗匠はもちろん、ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

今回のテーマは「首と肩甲骨」ということで、宗匠による首と肩甲骨の位置や関係、その有り様(よう)についての説明と実演、参加者の肩甲骨等の調整を行って頂いた後に観照塾の剣術メニューに基づき稽古致しました。
宗匠には毎回お話しや実演して頂いているのですが、手順や形ではなくそれを成立させる要素、身体の有り様、今迄稽古してきた様々な事柄との共通項を思い返しながら、「振らない剣術、投げない柔術」とは何かということを改めて考える稽古をつけて頂きました。

呼吸、首と肩甲骨、肘、手首、手の平、指等の有り様、関係に気を配りながら
1.無形~雷刀~ゆっくりと斬り落とし(その場)
2.疾雷刀(歩法付)
3.正面打ち(歩法付)
4.正面廻し打ち(歩法付)
5.袈裟廻し打ち(歩法付)
6.中段捩り込み(歩法付)
7.上段捩り込み(歩法付及び相対)
8.屋根を作る(歩法付)
9.相架け返し(歩法付)
10.相架け流し(歩法付)
11.足を捍(ふせ)ぐ 内側(相対)
12.足を捍(ふせ)ぐ 外側(相対)
13.順の城郭勢より相架け打ち落とし(相対)
※歩法付は模擬刀、相対は袋撓
[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-11-28 07:26 | 研究会 | Trackback | Comments(0)

YSさんからの第三十五回研究会メモ その3

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「身体を鞭のようにして使う(続)」の指導を受けた。
     (第三十五回研究会)
   期日:2016年10月23日(日)14時~

<合気 線香花火の指導>
 引き続いて、K先生から「身体を鞭のようにして使う」 の指導を受けた。
 K先生が 全員に 合気の技 "線香花火" を掛けての指導。

@こっちを馴染ませる。こっちも馴染ませる。手は だんだんに ちょうど
 よい ところで こう繋げて、即 自然にします。それで、こう 鞭に
 なった状態で バーン! とやれば できます。

@こっちを馴染ませる。こっちも馴染ませる。力を抜いて、自然に、自由に
 して 
                          バーン!
 これが「線香花火」の原理です。

@こっち、この角度は ここです。この角度は ここです。それに合わせて、
 今度は ここで ここで、こっちも揺れます。揺れると この中心へ 
                          バーン!

@片手でも一緒です。縦、横方向を こう変えながら ここの角度を変え
 ます。                      バーン!
「線香花火」です。

@この角度をこう、この角度をこう、引いて、こっちが掴まるということは、
 どちらからでも、ここへ、ここへ、これでは こっちを見ながら、こっち
 が、こっちを   両方ともに、、、 で      バーン! 
@こう、こう、ね、こっちが こうくるところへ そこへいく準備ができて
 から                       バーン!
    
@こう浮いている、こっち側が。こう浮いている。これが こう それで 
 付けて いれた、付けて 動いたら、、、

@人によって 持ち方が違うから、ここへ       バーン! と。

@だから「持ち」というのは、すごく大事なのです。あとで、剣でも
 やりますけれど、そういうふうに、

@だから 瞬間に こう やらないといけないのです。 ウァー!
 それを いちいち 考えてはいられない。

@こっち、こっち、ここが 真ん中、そこへ    バーン!

@ちょっと やってみてください。この辺が ちゃんと出来ると イメー
 ジなんかが しやすくなるし 治療も確実になる。

@ちょっと 補足をします。これで、こっちは 手だけであって 近づくと 
 これを止めておいて ここを止めておいて、それに こっちから 
 合わせないといけない。こっちで 合わせないと いけない。 
                 バーン!

@ずれないように しないと。そうです。

<感想>
「身体を鞭のようにして使う」の指導のなかで、「心の綱を首に掛ける」と
 いう深堀指導、さらに 技"線香花火"を掛ける指導には、初心者にとって
 は 難解難入の世界でした。消化不良のまま 記録しました。    
                      (滋賀より参加の初心者)




[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-11-05 11:21 | YS さんの稽古メモ | Trackback | Comments(0)

YSさんからの第三十五回研究会メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「身体を鞭のようにして使う」の指導を受けた。
     (第三十五回研究会)
   期日:2016年10月23日(日)14時~

<観照塾のブログから指導>
@今日は「如何に努力をしないで」 ということをブログから抜粋してきたのですけれど、 中心要綱に「上体の力を抜いて肩を下げ、いかに手先に力を入れるときも肩の力は抜く」とある。
@これは なかなか難しいですよ。だから 先程のように こういうふうに手を吊ると 肩の力が必ず入ってしまう。
@合気道の奥義に「手を張り肩の力を抜く。それは非常に難しいことであるが、これを乗り越えなければならない」とある。サガワ先生です。

@それから 野口三千三先生の言葉に「重さのエネルギー効果は、力を抜いたとき、最もよく現れる。ぶら下げの状態とは 力を抜いた重さ(自然の力)に任せきった状態のことである」とある。
@さらに「落下も飛翔も"重さ"による相対的な関係によって起こる現象である。地球上には、全く無秩序・雑然ということは起こりえない。
 つまり"重さ"による秩序が働くからである」と書いてある。

@それから「力とは常に変化流動する中で、その時その場における
 "丁度よさ"がわかる能力のことである」。「基本的な原理が無視され、原理だと思い込んでいる考えに幻惑されていることが多い」と書いてある。

@鞭の機能について「一定のエネルギーで最高の速度を可能にするのは、
 その構造が決定的に重要な意味を持つ。鞭が機能を発揮するためには、
 その動きにおいて方向を換えること、それも抵抗の少ない通り道を
 選ぶことが不可欠である。動きの方向を換えるときに起こる諸現象が、
 最少のエネルギーによって最大の効果を生み出すために重要な意味を持つ。

@新しく動くことのできる筋肉は、今休んでいる筋肉だけである。
 従って、休んでいる筋肉が多いほど 次の可能性が豊かだ。

@理論の積み重ねではなく、多くの偶然と直感によって成り立つ行為がある。直感によって成り立つ行為、
@この辺は 野口三千三さんの著書からのもの。
@それから 私(K先生)が作った道歌を紹介しますと、
 ハンマーを鞭の如くに使えたら、伸びる中心 保つ西江!
 伝達のスピード上がるネット界、我が身に欲しい光通信!
 骨盤と頭蓋骨とが繋がれば、目から鱗が ぴゅっと飛び出す!
 透明な力を発揮したいから "しん"を信じて 心身進化!

 力が抜ける位置と 体内のバランスで 身体を鞭のようにして使う!
 鞭はがんばらず 無知はがんばり 無意識は成就する?
@だから 余り意識しない方が 上手く行くということです。

<錫杖を使った指導5>
 突然、K先生は 修験者が持つ 数個の環を付けた杖を じゃら
 じゃらと鳴らしながら
@これなんかも そーなんですけれど 錫杖の この輪を送っていくという こー 
@この輪が こう、
@ここを握ってしまうと 動かない。それと 主な、、 要するに 
 ワケメ、
@そういうのと同じ事が 要するに身体の中で、それで 手なんかも
@そういうふうに こう 背中を振っていくといくことを、、
@これも無理やり こうなんとかしようとしないで、楽に自分の中を
 約束しておいて それが 振り上げて 逆に 今度はこっちから 
 こういくのではなくて、首に入ったのが こういうふうに廻って
 くるというふうになる。 バシッ!

@それが 力が入ってしまうと、動かないし 飛ばない。 
@こちら側が ちゃんと動いて 意識がこう、だから 心の綱を首に
 掛けて というのは そういうことです。 ウッ! バーン  

@ということを やってみてください。如何に 自分で指で、、

<稽古5 心の綱を首に掛ける>
 K先生が 全員に順番に技を掛けていかれる。

@で こちらから、こちらから 引っ張ってくる、 バーン!

@こちらから 首に掛けて こっちへ、   ウァー!

@それを こう 腕で 何とかをしようと思うと 動かない。 
@で こちらから こちらへ、 イメージを、脳幹の辺り、
 首といわれているが こういった方が首が動きやすい。首に掛けて 
 それを意識することで、、それで 顎のところと ですね、それで
 耳のところ、鼻のところを両方、、 そういうところへ、
@だから こちらだけでやっても意味が無い。いかない。
 こっちからもいく。で いかすと分りながら、引っ張っておいて
 、、この中を、        ウァー!

@指 いっぱいなんです、実は。初めは驚きますけれどね。逆に 
 指の太い人は、太くなる。ところが この手を細くしておいて 
 いかさな いかん。これは 別の手。だから 細いから 鞭
 だけの事なんです。だから          ウァー!

@これを こっち側で 同じように、、 動かないです。
 そこで これは  で、細くなるから うちが、、
   ウァー!

@今度は これももっと細くするわけです。すると 針医療が 
 すごく使うイメージ。ところが 指の太さ そのままだと、
 この程度ですね。これも 中に細かい"引きと攻め"がある
 わけです。細かいことをいうといっぱいあるのです。

@ちょっと やってみてください。指を折らないようにして。
                       (笑い)

<感想>
昨年5月の18研で
1.腕を鞭にする。
2.身体が繋がれば鞭になる。を学び、両腕の肘を押さえられて も 鞭の動きをすることで 跳ね返す稽古を行なった。今回の35研では、更に深堀して「心の綱を首に掛ける」という指導を受けた。
全く驚きの一語です。
                (滋賀より参加の初心者)


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-11-03 09:42 | YS さんの稽古メモ | Trackback | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧