「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先shinonomeaiki@gmail.com(連絡の際は@に直して下さい。)
会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。
[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-31 23:59 | Trackback | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
  
   指導担当  Sさん
  
    日曜日 午後6時から午後10時頃まで
  
   指導担当  Fさん
で、やっていくことなりました。

 世話役の私は土曜日も日曜日も担当致しますが、仕事の都合で欠席する可能性がありますのでSさん、Fさんに曜日で担当して頂くことになりました。
 両名の方も私も担当出来なくなれば前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。

Gmailアドレスをお持ちの方や取得された方は、私の会員用のEメールアドレスまでお知らせ下さい。


Googleカレンダーを閲覧編集出来るように登録致します。
登録が進んでいけば、他にどなたが稽古されるか分かるようになるシステムです。

 少ない稽古日ですが、皆様の御理解宜しくお願い致します。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-30 23:56 | Trackback | Comments(0)

合気の出所

世話役です。

ここ三ヶ月程、多忙が極まり右足の踵に激痛が走りはじめました。
いくら柔軟体操をしても良くならず、仕事から帰れば、娘や妻に左体側の後方を揉みほぐして貰う毎日でした。
左足の足首にも違和感があり、この痛みは何処から来るのかを観察しました。
まず、違和感については、

左側の体側後方がだるくなり、圧迫して欲しい衝動に駈られる。

立ち上がる時、右足の股関節に力が通らない。

右足のふくらはぎが張っている。

右足の踵が着地の際にずれている。

右足の踵に激痛が走る。

と感じられました。

次に、疑問点を考察しました。

なぜ、体側も踵も片方だけなのか。

なぜ、両方に痛みがないのか。

と考えて、とりあえず仕事中は真っ直ぐに座るように心掛けました。

過去に多忙な日々で、首が固まり上を向けなくなったことがあったのです。
この時は師匠に治して頂きました。

真っ直ぐに座るように心掛けたのですが、一向に良くならず、激痛は日をまして強くなりました。

そこでもう一度見直したのです。

座る姿勢では影響しない。

仕事を重ねると悪化する。

歩く姿勢で、左右の違いは無い。
(鞄は随時持ちかえるため。)

では、精神的なものなのか、それとも悪霊の仕業?

なんてのも頭をよぎりましたが、精神も悪霊もご丁寧に片方だけに呪いをかける根拠に乏しく思いました。

そこで片方だけ長時間していることを、列挙すると

睡眠姿勢

が思いあたりました。

しかし寝返りは自己回復姿勢という考えに一票なので痛みがあるから、片方だけ下で寝ているのではないかと思いました。

そして、あーだ、こーだと考えていて、ひとつ思いあたりました。

それは、手です。

体は真っ直ぐでも、いつもマウス握っているのは、右手だったのです。

試しにいつもと反対にマウスのケーブルを差し込んで、一日だけ左手でマウスを使いました。

すると体の中が歪んでいることに気が付きました。

たった一日で、体側の違和感は消え失せ、踵の痛みもほとんど無くなったのです。

私は師匠の、歩き方を医者が診断する装置が導入されるというブログの記事を読んで、憤りを感じました。

私に、「マウスを反対にさしてみなさい。」と言える医者が存在するとは到底思えません。

私達が痛みに襲われて、苦しめられるのは、OS先生や師匠のような達人に合気をかけられるのに等しいと思います。

なぜなら、相手の力の出所が分からず、反応出来ず、分からずに投げられ、固められるのです。

痛みを起こす原因を突き止めるのは、合気の出所を突き止めることに似ていると思います。

 

[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-08-25 01:03 | 意義 | Trackback | Comments(0)

YS さんからの第三十三回研究会メモ3

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「身体の使い方の基本」の指導を受けた。
      (第三十三回研究会)
   期日:2016年8月11日(木)13時~

<指導1>
@今日は、先ず、ここからやっていきます。
@できるだけ 重い木刀を介して、順番に木刀を廻して 立って無形になるまでを
 色々な重さで感じてください。
@肘を上げてください。それで肩をうまく、それと首は前にいかないように、それと
 伸ばして。

@それで、礼法というのは やはり大事なことがあるのではないか。
@そこから こう一回 また 差した状態、座って、というのを 何回か繰り返して、
@重さを変えて、
@それで、剣先は上に上がらないように 無形ですから、
@ということは、下に下がって 少し浮いたまま すーと 上がっていく。
@その間 首の後ろで 肩のターン、、
@鼠渓部 
@要するに 腹と背中と西江水を、如何にそれだけ 感じ取るか

▼礼法 座礼
@竹刀、又は木刀を左手に提げ、場の中央に 立ち会い間合いで立つ。
@両膝をつき、正座をして、竹刀を右手で抜き出す。
@木刀は、刃を神前に向けない様に 真っ直ぐに床に置く。
@中指頭と親指頭とを接して 両手の拳を軽く握り、両膝脇に軽く床につける。
@目付けを 相手の膝辺りにおいて、背中を丸めずに。 
@次いで、両手に竹刀を取り、右足から立つ。

<指導2>
@だから 一番大事なのは、先ず 中指と親指で これで中心が決まるから、
 ここを軽く接して 床に付けることによってできる。
@それで 肩の力が抜けるように後ろに下がって、首の位置、真っ直ぐになって 
 ここで、軽く上げる準備をしておいて、
@このままで  すると、肩に力が抜けない。
@それで 吸いながら 上がっていく。このときも、首の位置に気を付けて、
 背中 真っ直ぐ、それで 又 肩の力を抜いて 腰 
@それを 繰り返してください。それをしながら 首の位置を意識してください。

<指導3>
@すると、肩甲骨が楽になる。 オー!
@ですから、こうやって肩甲骨が自由になる。だから剣が振れる。
@ところが、首がこうなると、肩甲骨が動きません。それをチェックしてください。

<指導4>
@ですから、動くことよりも どうしたら 楽に動けるか とか、
@肩甲骨が楽になる、肩甲骨が解放される首の位置というのは、本当は一番
 難しい。
@これで バッグパックを担いでやると、  エー!
@昔の人は、もっと重たい甲冑を被っていたわけです。

<指導5>
@それで、もっと手を前に。ちゃんとくくれている。小指で。爪をちょっと腹に
 当てる。肩甲骨、首の位置、、、そうすると 良い位置になる。
@それから 力を抜いて しゅーと 帯のところへ落としていけたら、重力に
 逆らわずに。すると、首の位置が決まるでしょう。
@上に上げたときに 手の角度を色々変えて やってみてください。
@ちょうど肩の力が抜けて、モノウチに力が入らないで、もう本当に 下と上の
 点の止める位置を捜して下さい。
@それは 未だ 下だ。
@手の中でキャッチボール。グラグラと廻して、その中で 良い位置を捜す。
@肘を張らない。指の中を こう、、
@肩を動かさずに 肩甲骨と鎖骨で交叉する。すると 骨盤まで 
@それで、握り締めない。
<指導6>
@その中に 全て、チョ筋は お腹を楽に、首の位置、少しお辞儀をしたところで
 一回止まって ずーと肩からの位置とか、肩、肘、鼠渓部、お尻、そういう
 ものを 自分で ちゃんと、そういうふうに
@それで、立つときは 水が流れるように 必ず 余り切っ先を上につかないように 
 そのまま 無形のままで立つ。
@足を押し寄せて、ちょうど前足の土踏まずに 後ろ足の親指がくるように。
@力をいれない。中の点だけで、
@小さく、小さく動かして 自分の手の内で動かして、べたーと たまの辺りを、
@肩と、背中と西江水を
@すると、肩の力が抜けたら、スーと降りてくるのを見て そこから 又 息を
 吸って だんだんに上げていく。後ろまでいって、肩の力を抜いたら シューと  
 吐きながら

<指導7>
@いったん 木刀を置いてください。今度は「踏み足」を行ないます。
@吊り腰で 親指を掴まえて 片足を股関節を中心に立つ。
@小さく、そのときも 鼠渓部がちゃんと こう、
@お尻を上げるようにして、一回 上下。そのときに 左右に揺れない。
@肩の力を抜いて、首の位置がすごく大事なのです。
@首の位置が一番で、肩の力が抜けたら、そのまま、吸って、緩めて、吐いて、
@それが こう 真っ直ぐ   うまく足踏んで、
@そのときも、膝を ここで 横隔膜で上げるように。すると 非常に楽に上げ
 下げできる。
@足を上げようとすると、前傾姿勢になるので、横隔膜と これで上げる。
@ここを上げて、これを お尻を前にだして 上へ少し上げて、すると 肩甲骨
 が上がる。
@トン、トン、トン、、
@すると 重みが たえず落ちるわけですね。
@それが、こうなって 足で踏もうとすると、土踏まずが上がって、
@それも、踏み出そうとしないで この全部の重みが ここへくるだけ。
@手を、ここを ピッと後ろへやってやると、
@前、横、後ろ、前、横、後ろ、、、、、

@それで、今度は、そこで ちょっと膝を曲げて、軽くフェイントのように、
@そのままで歩くのですが、その時に    にならない様に制御して歩くから、
 吊り足みたいに見えるが 気持ち的には こう 擦っているだけなのです。
@それを 上に向いてしまわないように 土を擦っているから なにか 爪先
 だけ

@それが きっちりと ゼンソクテイ、カタソクテイ、というのは、ちゃんと 
 四角に 尚且つ 上が 上がってしまわない様に 制御して、、

Q:それを この本を書いた人は 知らないのですね?
A:だから 抜き足でないのです。だから 昔は、歩み足といっている。
  そこを ちょっと説明します。


<ここから武智鉄二著の「無踊の芸」を教材として研究>

▼ 「歩行の芸術」の教え
@舞は、飛んだり跳ねたりしないために、土の上を歩くことが重要な表現の
 要素になっている。
@舞は、歩行の芸術といえる。
@舞を 歩行の芸術として完成させたのは、能であった。
@能は、歩行が重要な所作にまで高めている。

▼ 「運歩(うんほ)」の教え
@足を平行に前に出すとき、地を摺るように前に移行させていく。所謂 摺り足。
@能の直立の姿勢では、身体の重心が 足の土踏まずの一番外側に置かれる。
@歩くとき、地を摺って左足が一歩前進するが、重心は後ろの右足に残る。
@右足は、重心と共に前に進む。普通、重心のある場所は動かないので、無理に
 動かす。これが 難しい。
@そして、左右の足がすれ違うとき、右足の重心を 左足の土踏まずの一番外側
 に置く。
@この運びは、腰の力が十分でないと不可能である。

▼ 「農民の歩き方」から学ぶ
@農民の歩き方は、ナンバである。
@歩くたびに、身体全体が右左、右左にゆれて うまく歩けない。
@そこで、腰から上は 正面を向いたまま固定させる。
@腰から下の足の部分は、上体とは切り離して 動かす。
@この歩行の形式が、能の運歩を生み出している。
<指導>
@身体の使い方の基本というのは、そういうことを きっちりとやる。
@それと、仙骨が中心だけれども この仙腸関節が上手く動かずに 鼠渓部が
 深く入っていく。
@仙腸関節が深く入らないと、ここを中心に、おなじ仙骨よりも ここで  
    したり、
@仙腸関節を、ここを動かそうとすると、こういう動きになる。
@それで、仙骨を中心に ここを中心に こういうふうに 
@そういう違いが、鼠渓部の深さの違いなんです。
@だから になっても、大事なのは 手なんですけれど こっちが大事です。
@こんどは こっちの仙腸関節、こっちの、、 というふうに。
@そのときの歩法は、ずーと摺っているわけではない。
@それが 歩法の練習に 全部入っているし、それから 斜め打ちというのも 
 仙骨と仙腸関節との  が ここで動かない というのではなしに こっち
 までいってしまう。
@そのことを意識して、今度はゆっくり動くということは 逆に言うと 早く
 動けるようになるための方法なのだ。 
@やった感がないのですね ゆっくり動くのは。

<袋竹刀での稽古>
@ここは 車で、青岸
@これで 青岸で、肘に付ける。
@肘から抜いてくれば 下から上へいける。
@もっと下げてくるので 今度は 上から
@それから 今度は これが 相手が近づいてくれば、
@そういう三種類が、、を鍛える。 ちょっと やってみてください。

<感想>
ベテランの方々を対象とした研究会にも拘わらず、初心者にも丁寧に説明し、
ご指導いただける事が誠に有り難く 今後も精進いたします。
               (滋賀より参加の初心者)


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-08-22 07:32 | YS さんの稽古メモ | Trackback | Comments(0)

YS さんからの第三十三回研究会メモ2

合気観照塾東雲道場 
世話役  様
   内容:K先生から「文章で見る技の真贋」の指導を受けた。
      (第三十三回研究会)
   期日:2016年8月11日(木)13時~

<西江水について、1冊の本を教材として比較研究>
@この本では、
  "西江水は、腹に力が満ちれば、心が静かになって、、、一つなり、
   、、というところにしか、今のところ 私には理解できず、真には私には
   分らなくても、、と信じ、これが、、、、" 
 と書いている。
@結局のところ、西江水が   とか   というのを 一切無視している。
@西江水というのは、意念というか、そういう概念、そういうものとしてこの人
 は捉えている。 同時に 身体を全部繋げて使うと書いている。
@ということは、西江水をちゃんと例示していない。

@私のブログに書いてある「新陰流でいうところの西江水について」では、
 法演禅師語録から
   「一口吸盡西江水 洛陽牡丹新吐蘂」
 (西江の水を一口に吸盡すれば、洛陽の牡丹 新に蘂を吐く)

@同じく、柳生宗 ・兵法答書集から
1. しまる心持ちの事
  「西江水を 引く息にて、細めたる心持ち良し。詰めて 攻め立てては 
   硬くいつく心あり。細めて 攻め立てる心持ち良し」
2. 西江水のこと
  「下へつむる悪し、上へつむる悪し、中へつめたる良し」
  @いわゆる 蹲踞の姿勢
  「いづくにも西江水ある心持ち もっぱらなり、指の数々、爪先、毛の先
   までも、それになること 肝要なり。しかしながら、みな もとをよく
   用いうれば それになるなり。 只、それに なさんと思えば、みな 
   もとが抜けるなり」
  @自然になるのがよい。それをそうしよう!と思ったら、、、
   みな そう 書いてある。

  「心の置き所を定めて、心を一度一度に そのところへ返して、その置き
   所より十方へ配るべし。この心の置き所。これを西江水と秘し、或いは 
   神妙剣とも秘したるなり」
  @それが「一口吸盡西江水 洛陽牡丹新吐蘂」なのです。

  「心の持ちどころというのは、腹、背中、西江水と三つなり。腹を張るにてはなく、腹を押し落とす心持ちなれば、背中の中筋に 力渡るなり。

@要するに、腹はきっちり落として、肩筋の、、全身に力が渡って

  「その二つに 凝り固まらぬように、総身へ 心のたんぶと渡って、力みも無く、抜けたところも無いを、西江水というなり」

@というふうに資料には色々なことが書いてあるのに、この人は全く読んでいない。

@直新影流極意では、西江水をシャコスイと読んでいる。
@西江の水を呑んだ度量でもって、相手をのんでかかる器量が大事という意味らしい。
@私(K先生)は、新吐蘂(新に蘂を吐く)のほうに興味がある。
@つまり、会陰・命門・丹田・鳩尾のバランスが大事だと感じている。

<前田英樹著の「宮本武蔵 五輪書の哲学」を教材として研究>
▼ 「吊り腰」の教え
@空から降りた縄を 腰帯の背骨の辺りに付けて それで身体全体が吊上げ
 られているような心持ちで立つ。
@両膝は やや曲り、身体の重心は 足ではなく、下腹の真下に落ちるように
 する。
@上体を常に真っ直ぐに起こして、両足は ふわりと着地させ、体重の移動と
 無関係に自在に動かせるようにしておく。
@これは、新陰流で言う「吊り腰」の教えだが、一刀の両手保持は、この足法を
 基礎としないと かえって不自由なものになる。
※ だから、何故 両手操法を使っているかというのが、至極の振り
▼ 至極の振り
@太刀から 生きた重さを引き出す振りは、指二つで柄を握る手の内から
 生れる。
@その手の内は、下筋から胴体、腹に繋がる腕の振りから生れる。
@その振りは、足の親指を浮かせた「吊り腰」から生れる。
@一刀の両手保持が優れているのは、こうした振りで、敵の身の移動軸を
 切り崩すことが できる時だけである。
@これを破るために、武蔵は二刀の両手保持にした。只、二刀の振りには、
 至極の身なりが要求される。

▼ 「兵法の身なり」
@うなじと、膝から足先までに力をいれる。この力の意味が難しい。
@うなじは 力むのではなくて、独特の立て方をするのである。頭や胴体が 
 左右に ぶれない様にする うなじの立て方がある。
@膝から足先までに力をいれるのも これと同じである。

▼無形の位
@床に爪をたてると、ここが締まります。横、ここを ここに。
@首を伸ばして、そのまま相手の膝位を見下ろす。
@肩の力を抜いて、肘を少し曲げて、、    そのままで
@それで 少し起こしてみたり、肩の力が無いか、肘から 首の廻り、特に 
 背筋から、
@これが決まった形で、そのままで 股関節から
@少し肘を曲げて、もとへ戻して、今度は左手・右手で     
@肘を戻し、首がいいところへいって緩めると、上半身が決まった状態で
 無形の位になる。
             --- 座学 終了 ---

今日は、先ず、ここからやっていきます。
できるだけ 重い木刀を介して、順番に木刀を廻して 立って無形になるまで
を色々な重さで感じてください。

<感想>
昨年7月12日の第20回研究会で学んだ西江水の内容に、今回(第33回)で
受けた指導を加える事で、「西江水」に少し近づけたような心持ちになり
ました。有り難うございます。
                 
(滋賀より参加の初心者)


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-08-16 19:21 | YS さんの稽古メモ | Trackback | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧