合気観照塾東雲道場

YS さんからの第二十七回研究会メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様
   内容:K先生から「模擬刀で手の内」の指導を受けた。
      (第二十七回研究会)
   期日:2016年2月11日(木)13時~

模擬刀で、もう一度 手の内を意識しながら やります。
<指導1>
@この時、やはり 剣を上体に少し触らせて 膝とお尻を開くようにすると、会陰が
 閉まる。
@これを 膝を寄せると、お尻が開いてしまって 会陰が上がらない。
@ここを 少し開くようにすると、会陰に意識がいって そのまま 息を吸うと 
 首まで これを ちょっと ゆっくり やります。
@これができないと、結局 居合い腰にならないのです。このままこう向いてしまうと

@これが こう立ってきて 初めてここまできて 回転しながら 抜けていく。
@歩いていると、絶対 ここがフカになってしまって 駄目なのです。
@鼠渓部と 会陰とを感じて。

<指導2>
@先ずゆっくりと ここまでが大事なのです。
@それから、鯉口を切って そのまま鞘にスライドさせて、抜けるところまでいきます

@そこから 回転させて手で抜くのではなくて、身体の中の会陰を上げて、身体の中を
 伸ばしたら、抜けます。
@それから、真っ直ぐ上げて。この時も どの指で支えて、どの指を引っ掛けて、担ぎ
 上げると 会陰がズーと上がるので、肩の力を抜いて 剣がスーと ゼロ。それから
 
 モノウチが落ちてきます。
@それから 今度は 股関節を少し意識して モノウチをスーと上げて ここで、引き
 と攻めです。親指のここで止めてやると、ちょうど鞘が会うところにきます。

<指導3>
@ゆっくりとスーと、こう 手だけでやるといけないので、会陰を少し上げて ここは
 
 引っこ抜かないで、スーといくところまで。 それで、「ここまでしか 抜けない」

 いうのを意識して そこから 自然と 会陰をもっと上げると 中が伸びてきます。
@で、吸って、上げて、ワケメ グーと上げていって、肩の力を抜いてスーと落ちます

@それで、ここの位置を置いておいて、又、息を吸って、上げて、これ、もう ここな
のか
 ここなのか、ここなのかという ちょうどよい位置、肩が開いたり、閉まったり、し
ない
 位置で、「引きと攻め」上手く 親指のホーコクの間にと 入ります。
@この位置がすごく大事です。長さにもよりますが、これで カミします。そのときに
 
 こうなると、もう 短くなるのです。ここではなく このままにしておいて、これは
 
 結局は 中を伸ばす練習になっていると思う。
@だから、持って、振って、型を作るというのではなしに、抜いて、上げて、緩めて、
 下ろす という そこに 今度は 呼吸が、、、という感じですね。   
@だから、呼吸を意識しながら、それと、伸びて、緩めて、吐いていったら、もっと伸
びる。
 これを吸ったまま 伸びて、そこで 納めてしまう、緩んでしまうと駄目です。フー
ときて、
 こう吐きながら 一回伸ばしたらよい。そこを意識して やってみて下さい。

<指導4>
@タラーンと落ちるのではなしに、シュワッと抜かないと、
@シュッパッと これも モノウチが目の前にくるように。上げて、緩めたらもっと伸
びる
 ような気持ちで、そうすると、余裕があるでしょう。
@力を抜いたら、それで 吐いていったら 伸びるのです。吐いていくときに縮んでし
まう
 と思うからです。吐けば 緩むから 伸びるのです。
@それと うまく会えば、あとはガイドラインで 勝手に納まります。このときも捻ろ

 としないのです。  

<指導5>
@次は 吸って、上げて、緩めて ワケメをクッと担ぎ上げてから、肩の力を抜いて、
 吐きながら、伸びたまま。
@で、もう一回 緩めて、吸って、吐いて、ワケメをグーと担ぎ上げて、そのときにそ

 バランス、右手と左手のバランスを小指でとって、親指、人差指の間、持ち上げてお
いて、
 力を抜いて 身体を伸びながら 刀が落ちる。シューと。
@だから、よく 長い刀は、居合いの人は こういう切り方をするのですが、バランス
が    
 おかしい。伸びながら こちら、、、 それを 何回か やって下さい。
@要するに、呼吸、腹とお尻を上げて、腹へ落とす。そのときに 腕で振るのではなく
て、
 首の後ろを伸ばす。
@すると だんだん  これは だから、剣を上げるのではなく、呼吸です。 会陰
 を上げたまま、気の呼吸ができるのです。
@モノウチを意識して、

<指導6 初心者への指導>
@Sさん、その持ち方が 肩を痛めます。手、ちゃんと握って下さい。
 一回 剣を下ろして、国定忠治。中心に剣を立てたまま 両手で真っ直ぐ 前に出す

 そのときに 手を握り替えて。こう斜めになっているから 手の内がここになってい

 から 引きと攻めができないのです。
@ぴったり持ちながら 動かして下さい。小指は離さない。親指も離さない。
 そんなに大きく動かすのではなくて 手の中を動かして下さい。
@未だ、右で力が入っています。左で、左手、開かない。開いたら ずれるから。この
まま 
 動かすのです。
@要は、こうやって、ここが真っ直ぐでしょう。こう持っているのですよ。だから、全

 使えない。ここを緊張するだけです。 それで、ここで振っている。
@そうではなくて、この中が寄ってこれが自由に こう指は 要するに ここへ、 右
へ、
の間に引っ掛けたまま こう動かないと 引きと攻めができないのです。
@そーです。すると、モノウチが効いてくるのです。そーです。それで 肩の力を抜く
と、
 シュッと落ちるのです。もうちょっと 寝かして。立てすぎ もうちょっと寝かして
 
 手首、指、ちゃんと持って、肩の力を抜いて スーと落としてください。それだけで
す。
@真ん中を活かして、もう少し 寝かして そこで ヒュッと落ちます。
@そういうことです。左手で上げて そー 手のキャッチボール、手の平と 指の感覚
を 
 きっちりと そーです。
Q:しっくりと 馴染みますね。
 A:できるだけ 馴染まさないといけない。

@それで、ここは 茶巾絞りとか、小指を絞るとかいうと、引きと攻めができなくなる

 いかに引きと攻めが 手の中で、、、、ているか、
@回転させても 同じ事です。左手で 真っ直ぐきたら 力が要らないのです。そのま

 にきたら、今度は 人差指のここで、止まって 小シキュウで 飛ばしているだけで
す。
 肩の力が要らない。
@だから、左手1本で振る練習をしておかないと いけない。そーです。
@これがゼロです。こっちへいったら 小指と手の指の股で、こういったらゼロです。
 そのときは 指 別に要りません。こういったら 小指とこっち側で締めて この
 小シキュウで止めているだけです。
@そこに 横隔膜を上げて 力を抜いて 落とす。そーです。左手1本でいけるのです

 これを 握ってしまうと、どんどん 力が要る。
@どこで止めて、どこで引っ掛けているか、但し、離さない。それと、指は この間に
 きっちりと入れていく。そこで止めておく。
@だから、柳生拵えなんかは、棚心がカーブ きっちりするときは、、
@それから、スパりー指は 引っ付け
@それから、左手の小指は この縫い目のところにはかけない。だから、縫い目の手前

 この窪みに 小指を引っ掛けて 他の指が ベタッと合うように。
@それから、小シキュウ こんな感じ。
@それから、小指に力を入れると、引きと攻めができません。人差指を伸ばしても、引

 と攻めはできません。これが、丸く 自由に使えると 中がこれだけ振れます。
 これだけで 引きと攻めができるのです。
@こう握って こう振っているのではない。これだけで 引きと攻めができるわけです

 だから、手が そんなに力が はいらないのです。
@握り締めると 逆に 引きと攻めができないのです。そこに 今度は織り上げが右手

 スポッと入って 指がちょうど この縫い目の間に入るようにすると、人差指、親指

 鍔と平行になっているはずです。
@これが、だから、こうなって こうすると、もう最初から ずれているから 引きと
 攻めにならない。
@だから、最初は、鍔と平行に 親指、人差指があるように持って、それで、縫い目に
 引っ掛けるようにしておくと、固まるのです。指は。中を動かすのです。それで自分

 剣を馴染ませることです。
@それと 今度は、小シキュウと小シキュが合うように もっていきます。そこで 肩

 楽にします。それで、呼吸で 吸って、上げて、
  Q:肩の力が 全く要りませんね。
  A:はい!
@それで、上げるときは、左手でスッと伸ばすのですが、右が手伝って。今度は浮かし

 いくと 楽です。左手1本でやると、
@だから、右手と左手のキャッチボールです。上げたときは 左手で引っ掛けておいて

 右手で支えている。それで、ゼロになって 今度は右手で引っ掛けて、左手で引っ掛
けて、
 という感じで、手の中が どういうふうに変化しているか。
@それから、捩じり込んでいくときも どういうふうに 手が柄に馴染んでいくか。
@だから、左、右へ こういけば、左手が引っかかって 右手が勝手に絞れます。
@今度は、右へいったときは 右が、  左がこうきて 勝手に絞れます。
 そうすると、剣の中心は動かない。
@それで、モノウチを意識する。
@だから、ワケメとモノウチというのが、常に意識して、上げているときも モノウチ

 ワケメを意識して動いているわけです。
                         (滋賀より参加の初心者)



[PR]



by shinonomeaiki | 2016-03-09 00:41 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧