合気観照塾東雲道場

第三十七回研究会稽古メモYSさんから その3

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「相対稽古まとめ3」の指導を受けた。
  (第三十七回研究会)
   期日:2016年12月11日(日)13時~

「中段捻り込み」
<指導8>
@雷刀にします。次は「中段捻り込み」なのですが、上へ。この時にも 結局 
 歩法「金魚売り」の これと これがあって、尚且つ ワケメとモノウチで 
 相手の中心に入っていく。境です。
@要は、こうやったやつを ここに天秤棒があって、それが こう、、 それを
 中心に こう攻めて「引きと攻め」をやっているわけです。「引きと攻め」を
 やって 中心で「ずらしている」わけです。

@反対も一緒です。っちから こっちへいって、手の中の「引きと攻め」で
 ワケメができて、この 身体も この軸で こうしたら「ずれる」わけです。
 だから ここを中心で これで「緩み」を取って、身体全体で攻めています。
@これが、これと これで こういったら「ずれていく」わけです。所謂、
 これが決まって、ここで こことこれで「緩み」を取って、自分の中心に
 入っていくわけです。

@だから どれだけ 相手の力を ジグザグで逃がしていくか なのです。
@けれども ちゃんと 相手を ずらさないと 駄目なのです。これを 
 こうやったら「ずれる」。
@これが ここを決めて これで「緩み」を取るだけで あとは「引きと攻め」
 で 中心で もっていけば よい。

<稽古>
@それを こうやって こうやろうとすると いかないのです。
@当てられただけ ずれてしまう。
@変わっていないように見えるけれども 軸だけが変わっている。

@これで 真ん中を中心に こうやって これだけ こんな感じです。
@ところが、これで「緩み」だけ取って 首の後ろで攻めていくのです。
@ところが、これを こっちへ持ってきて、、、全然 いかない。
@これを こう置き換えただけでは 動かない。相手の中心を 自分の
 中心とで 股関節で「緩み」を取っているのです。これを ここで 
 やっているわけです。こうやった瞬間に 入っていくわけです。
@あとで止まったら 又 一からになるわけです、相手が対応してくる
 から。
@これ 皮だけです。 それで、こちら側で背中がこうなったら 前に
 出る。これが出て、首が出て、丹田の力で そのまま出て行く。 
@全く、このぶれが 出さずに、

@相手が 切ってくれば、さっと入るのが「和卜」なのです。
@只、向うへいくだけでは駄目で、だから これで 手の内 打っても
 よいし、それでも 相手が ここに 篭手を付けて 切ってきたら、
 相手をずらしていく。それで、はい、ご苦労さん!
@これを これだけ、 それ以上いくと、ホラ これだけですよ。

@だから、ずらした瞬間に入らないといけない。そうすれば、もう 
 これだけで入っていける。
@それは、引っ付いた瞬間に ずれるぐらいに もっていかないと 
 いけない。
@それは こちらへ こういくか、こちらへ こういくか、という
 だけの話しです。
@だから 形ではなくて 身勢をどういうふうに使っていくか と
 いうことです。

@要は もう 動かそうと 思わない。只、引いたところで止まる。
 止まったところで これで もう ずれている。ずれた瞬間に 
 真っ直ぐ 入る。
@だから、手を握って これで何とかしよう としない。止まった
 ところで、もっていけば良い。

@あっちへいったり、こっちへいったり するわけです。もっと楽に
 やる。いったり、来たり、いったり、来たり。でも こいつは 
 外さないと いったら 前に出る。
@止めていない。シューといって、止まったときだけ いく。
@止めにいかない。力が要るから。

@それは 未だ 手で押し込んでいる。歩いていけば 良いのです。
 そのくらいの気持ちで。
@止まった瞬間に ここを、、、。
@ところが、止まらないから 止めて もっていくのではない。
 シューといって、止まったら ちょうどよいところにくる。
@手の中で言えば、外して 緩みを取って、、、
@止めようとか、何かしようとか 思わないで。止まったときに 
 初めて 動きがでてくる。

<指導9>
@「アヤを切る」というのが、こう 左手を上げて、右手を落とす、
 左手を上げて、右手を落とす、というふうに。
@これは 重みを感じて ワケメとモノウチとが こう 落ちて
 くるだけです。
@そうすれば、相手が 真っ直ぐに打ってきても もう これだけ
 で良いわけです。アヤを切る、ご苦労さん! ご苦労さん! と
 いうくらい。
@相手が 横から こう切ってきても はい、ご苦労さん! と
 いうふうに。これが「折敷」なのです。
@それも これが 落ちてくるだけです。
@それが 場合によっては、相手の 所謂、手の真ん中を打つとか、
 切るとかのことだけ。
@これが こう どちらかなのです。ちゃんと 落ちてくる。
@それが 剣だから、刃筋が ちゃんとあって、真っ直ぐに落ちて
 くるわけです。
@だから、「アヤを切る」という動作が、如何に手の内を きっちり
 と使わないといけないか。
@その場合も、ワケメを ちゃんと意識して、モノウチも意識して、
 そうすれば 真っ直ぐに打っていっても、、、。
@それを 短くすると「テングショウ」になるわけです。
@だから、相手が こういくときでも こう入るわけです。
@如何に この重みを感じるか!

        ---- 日誌374に続く ----


[PR]



by shinonomeaiki | 2016-12-26 06:27 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧