合気観照塾東雲道場

カテゴリ:合気観照之図( 1 )




YS さんから合気観照之図について

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

内容:K先生から「合気観照の図」の指導を受けた。
 (第二十六回研究会)
期日:2016年1月11日(日)13時~

<「合気観照の図の説明>
@新陰流の極意でもある「転」。掴むことが 相手を逃がさない極意に通じる。
@この「付ける拍子」というのが、合気観照の図の「付ける」という。
@だから「付ける」という、そこから「入れる」、そこから「抜く」。
@それと、新陰流では 付ける拍子、当る拍子、、、
@私(先生)は、「付けて、入れる」があれば、使えるのではないか と考えて 
 図には「付ける」、「入れる」としています。
@「付ける」があって、「入れる」がある。だから、「付ける」は 図の下の真ん中
 にある。
@左側に「入れる」、右側に「抜く」を置いているが、これは左右どちらでもよい。

@「付ける」、「入れる」というのは、表では4'。
@4ダッシュなのは、これらが 全部にあるから。
@1,2,3,4、というのは、体内操作です。
@「意念」は ここでは省略するが、1つだけ言えば、3の意念「ずらす」という
 のは、先に言っておくと、どちらかと言うと「ずれる」ということの方が大きい。
 只、何となく「ずれる」のであるが、意念としては、「ずらす」くらいの感じ
 です。それで、この意念は あとで説明します。
@「脱力」という、但し 状態が こうなっていると、脱力ができない。そういう
 ことに注意して下さい。
@それと、こっち向けの場合、これがあって、これをして これの脱力、
 その 脱力の違い というのも 後ほど説明します。
@そのときの、この呼吸の「吸込み」というのは、要するに、息を吸うことなんです
 が、相手を脱力しながら 行なうと 浮いてくる。
@それと、もう1つ。それで 力が入っていると、吸込めない。吸込むというか、
 もってくることができない。
@ところが、脱力した途端に、相手が自分と1つになるから、吸込めるわけです。

@ここで、「脱力」と「吸込み」で、意念としては、「くれてやる」。
 ここから 相手に くれてしまって(やってしまって) 無いのと同じである。
@但し、余り くれてやるで、こう 体内操作をしてしまうと、次に動けない。
 だって くれてやってしまったから。
@但し、「くれてやる!」くらいの気持ちで と、きれいに脱力しますよ!という
 気持ち。
@先ず、「脱力」と「吸込み」。
@だから、「脱力」した、「吸込み」は起こる。
@そこで、手を 老宮指を中心にして、均等に開くと 中の圧力が一定になる。
 ところが、只 開くと 中が、、、、。それを チェックしてください。

@だから、「脱力」して 相手を「吸込み」、「均等圧」にすると、「拡張」して
 きます。
@すると、もう それだけで 決まる。
@それが、もう 今度は「脱力」、「吸込み」、「均等圧」、「拡張」して 力を
 抜いていくと 相手に「喰い込む」わけです。
@それで、「誘導」していく。このときも、肩に力を入れたら、止まります。
 腹に、、、ながら どっちへ行きたいの? と誘導できます。
 それで、表の4までいきます。

<模範演技1>
@今度は「意念」にいきます。
@「脱力」して 相手を「吸込み」、そして 今度は「くれてやった」というイメージ
 に変える。自分ではないけれども、相手と一体になってしまう。
@それから、今度は、手の平を折って、開いていって、それが「均等圧」になって、
 「拡張」して、そこで 完全に1つになる。
@だから、一緒に動くと、相手は崩れる、、、、    ウォオー!

<模範演技2>
@それから、今度は「喰い込んで」いって、そこで 力をもう一回抜くと、「微差」が
 できるから、一緒に動くと、相手は崩れる、、、、    ウウー!

<模範演技3>
@それで、「脱力」、「吸込み」、「均等圧」、「拡張」、「喰い込み」、「微差」、
 「誘導」を「腹に訊き」ながら ついていけばよい。ここに 4'の「付・入・抜」
 が 入ってくるわけです。
@だから、「付ける」。 ここで 付いているわけです。それ以上は喰い込んでいない
 わけです。拡張はしているが、未だ 喰い込んではいない。
@喰い込んでいくと、「付ける」のに 付けながら 入れる。
@相手が抵抗をしたら、今度は「付ける」から、意念で 相手は崩れる、、ワォオー!
@だから、意念は どちらにでも。

<模範演技4>
Q:今の技は、掴み手外しの、、、、
A:だから、手だけではなくて、身体をグッと握って、こう 上に上げても、、
  結局 相手は力で、、、
  「拡張」して、中を1つにして、吸って、緩めて、相手の、、をずらす、ウワー!

@だから、足の場合でも、そうなんですが、足を このまま やっても 動かない。
 先ず、抜くときに こちらをもちます。このまま「均等圧」にします。
 それで「拡張」。そこから こちらを浮かして 相手は崩れる、、、   オー!

<模範演技5>
@これは、タイの合気。だから、身体の全部、どこをもっても こういうふうに、
@動作というのは、動きますから、自分の気持ちとして「入れます」。
 それから、、、、、して、呼吸を 手の裏に代替えして、それを こうやって 
 力を抜いて 均等圧にして、ずらして、当てて、ここから力を抜いて、フーー
 それで 相手は落ちる,      ウワー!

<模範演技6>
@それで、振っても 相手を止めておいてから 落とす、  オー!

<模範演技7>
@動作の中の呼吸で動くとか、息を吸う 吐くとか、息を吐きながら 力を抜いて
 いくと そうなる。
@意念としては 何も考えない。自分が 先に考えて、こうやろうかとすると、
 止まってしまう。「転」に合わせて 相手を落とす、       ウワー!

@これで、全部 説明できます。


<合気杖の説明>
 K先生の指導で、Iさんが「杖」を水平にして 両手でコロコロ廻している。

@小指を余り出さない。小指を引っ掛けたまま廻す。その方が抜けない。
@中心を意識する。

<模範演技1>
@2人で 廻っている杖を持って下さい。(2人共 崩れる)  オー! 

<模範演技2>
@こちらから仕掛けようとすると手首が敵対するのです。ところが「自分は
 杖を廻しているだけ」。「はい、ご苦労さん」と やれば、「吸い込み」に
 なって「喰らわす」わけです。
@手の中の指が、こう取れるところで 動かしている。すると ちゃんと 
 取れるのです。そういう「意識」なんです。
@そうすれば、杖を持たれても、引っ掛けてくる。
 ちょっと「ずらす」と 相手は崩れる、、、、     ウォオー!

<模範演技3>
@如何に「ずらす」か!  如何に自分を「拡張」させるか!  
@「拡張」させると、相手は 勝手に こう崩れる、、、、  ウウー!

<模範演技4>
@自分が「拡張」する。それで 少し どちらかに「ずらす」
             、、、、ウウー!

<模範演技5>
@「ずらす」という、、、少し小指を上げてやる。すると今度は下に
 落ちる。すると、「切る」ということが できる。
     相手は崩れる、、、、    ウウー!

<模範演技6>
@だから、相手が かかってきて、イメージが出来たら、多分 自分は
 「何もしない」。特に 、、、されているから、そういうふうにして 
 やれれば。
@ツイケンもそうです。
@この辺を 突いてくるわけです。そのときに、股関節の立て替えをやって
 下さい。相手は崩れる、、、、            オー!

<模範演技7>
@そうでしょう、手ではないでしょう。 ちょっと 上げて、寄せてから 
 ポンと やってください。相手は崩れる、、、   ワォオー!
@全然 ちがうでしょう。

<模範演技8>
@合気をつくった人は、多分、そんなことをして 気づいてきたのだと思う。
@多分、いろいろなモノを持って、あー、こんなのが 良いのではないか、と
 試行錯誤しながら。
@だから、棒を持てば「合気杖」になるし、剣を持てば「合気剣」になる。
@だから、形をやったら そうはならないのです。
@だから、合気道でも、「身体の変換」といって、このような事をするのです。
@一緒なんです。身体の変換は、  でやっているだけなのです。
@「杖」と一緒なんです。だから、振り回すよりも   をやったほうがよい。
 それでは 皆で「合気杖」をやりましょう。
 
(滋賀より参加の初心者)

世話役です。
いつも稽古メモありがとうございます。
宗匠の合気観照之図の御説明は重要課題であると思います。
世話役の私が欠席してしまいましたが、御指導本当にありがとうございました。



[PR]



by shinonomeaiki | 2016-01-20 07:28 | 合気観照之図 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧