合気観照塾東雲道場

カテゴリ:カタ稽古( 2 )




SYさんからのカタについて

合気観照塾東雲道場 
世話役  様

お世話になります。
K先生は、カタ稽古のなかに「先ず どういう要素があるのかを知ることが大事!」
と指導されました。「皆は、逆で、形を覚えて、それで使えると思っている」との
ご指摘もありました。
そこで、カタ稽古「燕飛」の中で、先生が指導される「要素」に注目してみました。
その内容を日誌に綴ります。必要に応じて内容修正いただき、ブログに掲載賜われば
幸甚です。
              ------------------------
              2015年9月13日(日)13時~

<カタ稽古「燕飛」>
 打1 : 青岸に構える
 使1 : 真っ直ぐ中段に構える

<指導1>「燕飛」の最初は「捻り込み」
@使太刀は 真っ直ぐ中段に構える。打太刀は、青岸に構える。
@型とか言うよりも ちゃんとこれがあって 尚且つ 首から腰へかけて ずーと
 いって モノウチで このまま歩いたら 手の内に入る。
@それから 今度は 歩いてから、途中でグッと押さえられて このまま行けば 
 ここへ。
@こっちへいったら、先を押さえられて 本当はこちらに当てて いけるところを 
 それを 今度は こういって それを外す。
@これは ゆっくり 肩の力を抜く練習です。
@先ず、首から腰にかけて その間に この手がある。モノウチは そのまま 
 ずーと なにげなく、、、こちらを向いて そのまま歩けば あたる。
@これは 何かといえば 捻り込みなのです。それを こちらに行ったり、こちら
 に行ったりしているだけなのです。
@捻り込みが如何に大事か! 「燕飛」の最初は「捻り込み」です。

<指導2>「捻り込み」の練習
@要するに「中段捻り込み」の練習です。
@只、単に 近寄ってきて ピッと当てるのではなく、、

@この 首から腰へかけてを切る角度で、これが そのまま 真っ直ぐ入る。
 それで、ここへ当って そのまま落すと、手を切られるので、その分だけ ここへ
 手は そのまま置いておいて、それが和卜。
@それが反対に こちらで この線でいって ここに当って ここさえ外せば、、。
@そういう状態になれる、と言うことなのです、燕飛の最初はね。
@そういう気持ちで 相手の剣を、、。
@只 袋撓いでやると やはり丸まってしまう。

<指導3> 青岸の構え
@これは 基本的には「付ける」ということがあるが、どっちも青岸で、それで、
 力のある方が中心を取って そのままお辞儀をしたら勝てるわけです。反対も。
@すると、きちんとした青岸ができないと、それにならない。
@もう一つは、これが「付ける」。これが「はたく」。それで、相手がくるのを 
 これが「越す」拍子。だから3つのパターンがあって、一番大事なのが、最初に
 「付ける」。
@それで、一刀流では、「そくいづけ」といって ヒラカナで書いているが 
 ご飯を練って糊みたいに くっ付けるという表現ですが。
@例えば、こういう風に 青岸の意味というものは、ここに。
@それから、真っ直ぐに構えていて、そっからきたら それを押さえる。そういう
 のを 嫌だから こちらへフェイントをかけて このままいくのかな と思ったら 
 これを上げて ここへいくわけですね。
@それを 嫌だから そちらへいって。
@すると、そちら側から ネジって 肘にこう付けていって、負ける。
@それで、今度は 相手の これを面打ちにバーンと、、そーです。
@そういう風な対話である。
@このときに 青岸がいかに大事かということ。
@青岸をくくったら使太刀というところから、「燕飛」は始まっているわけです。

@青岸というものを きちんと やれば、このままだと 例えば こう切れば 今度 
 それを右手で こうやると すっぽ抜ける。それを こう     
 だから、それが今度、、、   嫌だから こちらにフェイントをかけてくるわけ。
 ここにフェイントをかけて 反対に ここを被って落ちる。すると 次に、、、、。
 そういう練習です。
@だから、いかに 青岸が やりずらいかということを、
@いっぺん、この    青岸をきちんと入っていけるか、青岸で入っていけるか。
@だから、使太刀は このままでは勝てない。だから 外していく。
@こちらから こられても こちらが 勝手に外れて行くというような発想自体も 
 こう やっている間、勝手に外れて行くという。そういう稽古をして下さい。
@それと 打太刀の方も 刃筋を変えない。    、、、崩さないように。
 
(感想)
 現時点で 初心者が理解できる範囲は限られるが、先生の一言、一言を丁寧に拾い
 ながら記録することで、少しづつ 前進します。   (滋賀より参加の初心者)



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-09-23 09:15 | カタ稽古 | Comments(0)

8/22定例稽古

8/22合気観照塾東雲道場の定例稽古内容

○捌いて小手截り

使太刀
青岸
打太刀
撥草から、使太刀の太刀中若しくは、面を截る。

使太刀
打太刀を正中から背に外して捌き、差し替えて踏み込むのと同じく廻刀の拍子を合わせて、使太刀の裏に入り、小手を截り、順に退がって木挽きし、小手を抑え截る。

応用柔術

打太刀
使太刀の手首外側を逆手で掴んで抑える。

使太刀
打太刀の力線を捌いて背に外し、差し替えて踏み込むのと同じく打太刀の掴み手を外に返し木挽きして極める。

関節を極めることが目的ではありません。
捌いて木挽きが重要で、相手がが倒れるのが正解ではありません。

世話役です。

剣と柔術の関係が分かり安いようにカタ稽古もやっていきますが、覚えなくていいです。
稽古中に体と頭を使って頂く為です。


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-08-24 08:00 | カタ稽古 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧