合気観照塾東雲道場

カテゴリ:宗匠指導( 4 )




カタとは(YS さんより)


9月13日の第22回研究会の最後にK先生が「カタ稽古」について語られました。
これは大変重要な内容で、ブログに掲載賜われば幸甚です。
2015年8月9日(日)13時~

@昔、私ら(K先生)は単式練習をすれば、「新陰流に単式練習はない」と言われたので、隠れて行なった。
@ツーシンセーなんかも、落して、振って、落して、振って、、、単式練習ができるのです。
@「燕飛」を1人で無理やり こう通そうとか、続けると、もう元々が6本ともバラバラのカタなので、だから、先程言ったが、ここから、、、、。
@内伝では このまま、今度は「猿廻」は 突っ込んでいって すぐ車(シャー)
 になる。同じことなんです。 本来バラバラなんです。 
@で、続けて 使って。 だから、ハ、キューって言うのですがね、続けて使う。
@で、何故 1つ1つ バラバラになっているのか。それは「カチクチ」だから
 です。だから、「猿廻」というのも1つの「カチクチ」です。
@そういうふうに考えると、あまり続けてやることが いいのか、、、?
@で、いろんな古流でも、古いカタほど 短くてシンプル。
@新陰流のなかでも やはり フカッテ、シボリ、シンプルだし、「カチクチ」
 が凄い。「和卜」とかね。それが入っているわけですね、多分。
@「クカ」というのは、他所の流派の良いビョーを抽出して、9本のカタにしたのが
 「クカ」という名前なのです。その中のものが「燕飛」とかに入っているわけです、
 部分的に。
@だから、歩法と相対動作のフランカをやっておくと、、 結局、ハッセイ、、、
 とかに なっていく。
@「燕飛」というのは、昔は「三学」からやると聞いていたが、宗家では「燕飛」
 からやって いる。だから、そういうふうに やはり差別化しているみたい。
@だから、カタを覚えるというよりも、いかに その中から「カチクチ」を抽出して、
 逆に新陰流をつくったのです。元々 陰流とか、他の流派からフカをつくったり、、
@それから、「三学」というのは、手のあれからカイジョを得ている、それから
 取った名前みたい。あまり、意味は分らない。
@特に、初歩の技というのは、ほとんど あまり意味は分らないようにしまっている。
@そこから言うと、「燕飛」のフカとかは、面白いかな、と思う。
@それを 基礎として、、、 だから 歩法とか相対稽古をしたいのですが、それで
 やるとき 木刀とか 模擬刀を使った やはり刃筋と距離です。
@「燕飛」を木刀でやるのが嫌だったら、距離がどうしても分らない。剣で打つと
 いう、そこで発想が止まってしまうので。 本当に「カツ」というのが分らない。
@私ら(先生)は全てを習ったわけではないので、そういうところが意味が不明なの
 です。
@下から積み上げていく。これ いくら積み上げても 本伝にはいかない。引きずり
 廻されるので。その辺を 別に 新陰流を伝えたいわけではなくて、身体の使い方
 とか、本質的な「カチクチ」というものを 知っている分だけでも 練習しておけば、身体が慣れる。
@だから、自分一人で練習しているとき、どうやって使うのか、とか、イメージ、
 どういうふうにするのか、、、。
@只、単にカタチだけを覚えると、先程言ったみたいに バラバラになるので、
 ちゃんと 相手を付けて、ずーと待って、ピタッと、、 で 受けよ! こちらで!  ご苦労さん! カツよ! 
@だから このときも やはり 伸ばしておいて、肩の力を抜いたら ここに落ちて
 くるだけなんです。真っ直ぐやって、肩の力を抜いたら ここに落ちてくる。
@ここが自然にやれたら、ここへくるだけで、それで、、、、というふうに、慌てて
 カタチを整えるというよりも、1つ1つの中の操作というのが、
@「三学」のときに、最初に「車」を入れが、「猿廻」の中の「車」というのは、
 どちらかと言うと すごく自然なんです。
@で、どうしても 剣を当てていると、剣を当てるのが目的になってしまうのです。
 やはり 相手の手、意匠を狙わないといけない、カチクチを。
@そうすると、ここを こう打つのと、相手の、、をガシャーと打つのとでは、身体の
 使い方が違うのです。
@しかも 剣をこうやって叩き落とすのと、相手の手には 必ず身体が付いています
 から、それを ガシャーとやって そのままいけるくらい、グワーと突っ込んで
 いけるくらいの迫力がないといけないし、シンセイをつくっておかないといけない。
@ところが 何か、軽く、いい加減にやっていると、力を抜くところも、、、、も 
 下手をすると無くなってしまう。時々、逆にいったら 袋撓い、、。
@流れた稽古でも、やはりゼンニンがタッチしないといけない。だから 丁寧に 
 バーン!

@そういうふうな練習をしておかないと、やはり どうしても、、、
 それが分って 上手く 一人で稽古をするときのやり方。だから、相手がいるかの
 ように単式練習的にやるときに。
 それから、、、、 そういうふうに工夫してやって、また 歩法をしてやったり、、
 だから、流れで ごまかされないように注意して下さい。
 むしろ 大事なのは1つ1つの動きの中に含まれている意味です。
                   --------------
(感想)
 K先生が毎回、大変重要なことを指導されているのが少しわかりかけてきた次第です。      (滋賀から参加の初心者) 



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-10-12 07:53 | 宗匠指導 | Comments(0)

 宗匠を囲んで(YSさんから第二十二回研究において)

稽古の合間に、一時 全員が道場の床に車座になって 先生持参の菓子パンを戴く。
そこで先生が語られる一言、一言が 研究会の今後を示唆する重要な内容となります。
第二十二回研究会で先生が話された「順と逆」について 聞き取れた範囲で日誌に
綴ります。
   記
Q:「順と逆」とは? 
@構えで言うと、これが順の城郭勢。これが逆の城郭勢。まったく 違うでしょう。
@タテからもってきたやつを 「はい、ご苦労さん」と言って、、、、
@逆の城郭勢は 本当は短刀、短いやつでも抜けるように ちゃんと真ん中へ、、。

Q:左右のことですか? 
@城郭勢の構えでは、右足前が順、左足前が逆。
@順の城郭勢は、相手の表側へ打っていく。逆の城郭勢は相手の裏側へ打っていく。
@だから、名前なんて、そんな、、、、。

Q:対称ですか? 
@まったく違う。逆の城郭勢で よく言うのは、シンエンと言うのは 殆ど逆の
 城郭勢です。シンエンとは深い、、、。
@逆の城郭勢は、カタの中で出てくるだけで、そういう 
@「燕飛」の途中で、相手をこう、吸込むと言うか、ここで相手を攻めながらと
 いうか、、、すると、頭がエサなのか、、、。 こうやると こうやる。
@だから、どこをエサに設定するかで違うから 形だけを覚えても 駄目だ。
@しかも、これが少し下へくる、上へくる、こっちへ寄るとか、そういうふうに
 微妙にエサの与え方を しないといけない。やりかたを見せるとか、手をみせるとか、、、、 そういう話しです。
@だから 青岸の構えでも、こちらをエサにしたり、ここを空けたり、少し高くしたり、少し低くしたり、というふうに。
@決めてはいけない。
@大体、こういうのを青岸という。その中で、こちらで攻めながら、こちらに、というふうに。
@肘とか、手とか、その通りに相手がこなくても、そこを外して、こちらに来たな、ということです。
@こちらのサシズのところへくるとは限らない。
        (滋賀から参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-10-12 07:45 | 宗匠指導 | Comments(0)

燕飛  SYさんからの第二十二回研究会メモ 2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

お世話になります。
第22回研究会で カタ稽古「燕飛・猿廻打ち」の本格的な指導が始まりました。
K先生による「車(シャ)から猿廻」の指導内容の断片を拾い集めて記録しまし
たので、必要に応じて内容を修正していただき、ブログに掲載賜われば幸甚です。
2015年9月13日(日)13時~

<カタ稽古「猿廻」>
 使11:青岸に構え、それから車(シャ)に構える
 打11:車(シャ)に構える

 打12:撥草の構えから 股関節を左へ大きく振って打ち合わせる。(猿廻)
 使12:撥草の構えから 股関節を左へ大きく振って打ち合わせる。(猿廻)

 打13:右足を上げて 左足の左側へ置き、右偏身して太刀をくぐらせる。
    そして 使太刀の右腕を打つ。(逆の猿廻打ち)
 使13:同様に 逆の猿廻打ちで 打太刀に勝つ。 

<先生の指導15> 
 @これもね、遅いと こっちが邪魔なのです。こうでしょう。
 @ここのタイミングが こちらにやれない。邪魔になる、やりにくい のが
あるから、
 @そのタイミングなら 上手くいく。
 @それで、こういくのを 止めて、パラパラパラと指が切り落とされる。
 @それで、シュッ、シュッと、、。
 @で、これも本伝ではないから、木刀どうしを打ち当てるから、バーン!
 @それから 今度は 真っ直ぐになって 車(シャ)の構え。
 @この車(シャ)の場合も、これが ちょうど ここへ。そー、 これがカウチ。
  相手が首を攻めてきて、下から、下から。それで 立てて そー しない。
 @只、車というものの性格、意味が分らないでしょう。
 @これが 下がってきて 手を押さえてきたら、上から パン! そういうこと
  なのです。そういう意味の車なのです。
 @そこで 今度は 撥草に上げて そのまま股関節を立て替えて バーン!
  これで打太刀が負けます。負けたときに 今度 ここが 右へ少し のぞく
  わけです。
 @すると 今度は そのまま こーは切らないから、足をここへ上げて こっち
  へ向いて ここを狙う。
  これを だから「順の猿廻」と書いてあるが、そんなの 聞いたことがない。
 @ちょうど これの そこを狙って。  ハイ、 負けて、 というわけ。
 @それから 今度は そのまま ギュッと こう 擦り下ろす。
 @ところが 練習の猿廻は、もっと剣と剣を打ち合わせて 
    バーン! 負けました! はい バーン!
  こういうふうに 意味が分らない、実は。 流れていると すごく奇麗に思うが。
 @剣を当てる、そのままいく、剣を当てる、すると ちゃんと向き合い。
 @ところが ここから バーン! 負けた! そうか、 ね、 そのまま引っ張れば

  、、 なるでしょう。

Q:真っ直ぐですね、猿廻から こっちに
A:そうです。そこのところを練習してみて下さい。

 @どちらも車の構えから。 それで そのときの撥草が 横を向いていた。 
  そうです、このまま上げたら、 そうです。 それで 打っていく、、、。
  そうです、その気持ち。
  そうでなければ、いい加減にやっていると、ほら、ずれていっているでしょう。
  そこが違い。

 @本伝では、頭を打ちに行く、バーン! だから 先生は 避ける。それで、
  負けておいて、今度は裏をかいて バーン!。
 @そういうふうに 猿廻は 特に本当は大事なので、動きを教える猿廻では、
  手口や、、、。

 @撥草、これが大事。それから股関節を立て替えながら打つ。すると ほら、
  ここへバシッとくるでしょう。それで、危ないというので、外して 今度は
  ここを狙いにいったら、相手も
  同じように連れ拍子で、、、。 すると 車。 すごく分かりやすいでしょう。 

 @普通に流すと、バーン!、相手も そーです、バーン! おかしいでしょう?

Q:おかしい。 身体が できない!
A:そうなんです、身体がね。 あれで 覚えてしまうと、本当の猿廻が分らない。
  そういうのを宴会劇という。(一同 笑い)
                 ----------------

<先生の指導16> 初級者(下名)へのご指導
 @もっと楽に、このまま沈める、だから これと一緒、このまま沈める。
  ゆっくりと沈んで ゆっくりと上げて、肩の力を抜いて、沈んで、そのままずーと
  いくと ここが こう、、、、
 @これが そのままグーと下げると「前車(マエシャ)」という 暗闇で相手を待つ
  構えになる(ウンチング・スタイル)。このとき、剣がホラ、付かないで浮いて
  いる状態。それで、お尻を上げると楽になる。
 @それで、今度は 息を吸いながら、刀を見て!  撥草の構え。
 @ここ、軽く 両肘を曲げる、これが一番やな、こう、  楽に、 そー、
  もっと肘は落ちない、肘は落ちない、ほら! いけるでしょう。
 @手首、 ここ狙いは  あー、足は出さない、 当てて下さい  そー
  それで 今度は 負けたから、ここを狙いにいきます、で、足はこっちに向けて、
  そ、そうです、せーのー オッ!
 @だから、足がそこにあってはいけない。如何に相手の裏を取るか、です。

(感想)
 カタ稽古「燕飛」の中で「剣の左鎬で打ち合わせ」が出てくる。日常用語に「鎬を
 削る」との表現があるが、鎬の本当の意味を初めて知りました。日本刀に由来する
 表現が 周囲に多くあるのに気付かされました。「鍔迫り合い」、「鞘当て」、
 「切羽詰まる」等々。「切羽」とは 鞘の上下に装着して 鍔を押さえる役目を
 果たすもの。そこから転じて「窮地に追い詰められて、全く身動きのできない、
 困った状態」を指すとか。
 日本刀の用語が、普段の生活に息づいていることを あらためて知りました。
         (滋賀より参加の初心者)




[PR]



by shinonomeaiki | 2015-10-05 18:36 | 宗匠指導 | Comments(0)

燕飛 SYさんからの第二十二回研究会メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役  様

お世話になります。
9月13日の第22回研究会で、K先生によるカタ稽古「燕飛・猿廻打ち」の本格的な
指導が始まりました。瀧の如く流れ出る先生の指導を そのままオーバーフロー
するには 余りにもったいなく、「剣の左鎬で打ち合せ」までの指導内容の断片を
拾い集めて記録しました。必要に応じて内容修正いただき、ブログに掲載賜われば
幸甚です。
2015年9月13日(日)13時~

<カタ稽古「燕飛」>
 打6 :下段になった太刀を撥草に引き、左後ろに下がる。
 使6 :刃を上に向けて打太刀の肘に付け、前進。

 打7 :右片手の太刀で 大きく身を伸ばして使太刀を打つ。左手は後ろへ。
 使7 :太刀をキュッと上げて、打太刀の太刀を越し、刃を下に向ける。
     (トンボ返し) そして 剣の左鎬で打ち合わせて下段に落す。

<先生の指導7> 
 ここからは、片手でこう打つ、、、。そのときに これを こう廻すのをやります。

@スッと上げて落す。すると 真ん中にくる。だから 今度は両手を切りに行ったら 
 押さえにくる。
@それが嫌だから バーン! 1,2、になるわけです。
@そういうふうに こうきたのを 只 こうするのではなくて、ここを 横隔膜を
 上げて ここからはスパーンと。 回転させたら、、。 
 ちょっと これだけを練習して下さい。
                ----------------
@手は上げて、右へ。ちょっと前へ出て、後ろにさがります。吸って、上げて、左手
 をこっちに入れる。左手をここへ入れて こう打つ。
@最初は どうしても こうなる。ところが 上げて これをスパーンと すると、、

@ここから、骨格膜を上げて そいつをこっちへ。
@上げて、、。すると分かりやすい。それで しかも落すわけ。すると、ちょうど 
 肘がここへきて。だから これを押さえる。
@だから、早くするよりも 上げて、肩の力を抜いて、左手がこっちへいったら 
 非常に楽になる。
@ここから。それはそのままにしておいて。 先程言った ここが出ている。
 これが出口。だから、只 こう打つのではなくて バーと伸びて、打ちに行った
 ときに 左手が先で、手の平が上で こちらにいく。そうすると伸びるでしょう。
 これバランスなのです。バランスをとっているのです。片手でこうやったら 
 重心が狂うでしょう。刀ですから 重たいのです。1キロはある。だから、
 手の平を下に向けて、バーン。
@このときに 未だ自分勝手に上げている。相手の刀を、、、。
@何気ないけれども、これは結構難しい。
                 ----------------
Q:もしも こちらに こなかったら?
A:そのときは そのまま上げる。全部が、それが入っている。下からいくとか、
  上からいくとか、それが入っている。例えば、このまま入ったら、そのまま、

@だから   は大事なのです。
                 ----------------
<先生の指導8> 
@ちゃんと、ビシッと、自分の中心に落して。ね、滑っているでしょう。もう一回。
 まだまだ、上げるのが遅い。
                 ----------------
<先生の指導9> 
@そういう感じで 呼吸と何とを合わせていく。肩の力を抜く。肩の力を入れて廻すと
。 
 違うのです。上げるのを ゆっくりと、、、。スローモーションでやってみます。
 そのときに、もう回転しかかっている。そうすると、手が届かないと、このまま止め
 られる。だから、形が1つだけあるのではなくて、これが、、なら ガーンと、、
 こちらへやるわけ。
@そういうふうに 形を早く覚えようとするのではなくて、そのときに 全部 その
 西江水が効いて、、、。
@これが、見ていてください。もしも 足を打たれても、バーン。だから そういう
 ふうに 全部 一緒なのです。だから 逆の下段とかいうのも、前足を止めたり、
 但し、下がカバーされているから 次は この上をくるわけです。そいうふうに
 理屈が全部あるのです。
                ----------------
<先生の指導10> 
@ここで 弛んでいる。それだけで 当てるくらいに。そー、強いでしょう。
 手首の使い方で それだけ違うのです。
                ----------------
<先生の指導11> 
@ここで こうやったら 下がらない。そうすれば 真ん中にくるでしょう。
 要は ここだと下がれないのです。こうやって こうやったときに下がるわけです。
 だから、ちゃんと ここへ。
                ----------------
<先生の指導12> 
@これも 要するにここですよね。只、この逆城郭勢ですよね、この構えのときは、
 ここから こう切り上げるイメージ。只、これの場合、こういくのですよね。
 というのは、ここだと 逆にここへ狙い打ちをし難い。ここへ来て 初めて、。
 ちょっと こちらへくると もう 拳がない。そういう感じで、、、。
                ----------------
<先生の指導13> 初級者(下名)へのご指導
@もう少し空気を読まないといけない。
@あまり握らない。 あまり握り締めない。人差し指で、、、小指は、、、
@嫌だから バーンと、そのとき こちらへいっているから 落ちないのですね。
 このまま上げたら、、 大事。上げると これ以上 下がらないでしょう。
 力を抜いて、、、。 クロスしているでしょう、、、  

(感想)
 ベテラン、初心者を問わず 参加者個々に対して 先生からご指南して頂いた時の
 緊張感や臨場感、その時のご指摘を大切に残すように務めます。
      (滋賀より参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-10-05 07:50 | 宗匠指導 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧