合気観照塾東雲道場

<   2014年 04月 ( 1 )   > この月の画像一覧




4/20東雲館稽古

稽古参加者のブログから引用させて頂きます。

2014/4/20 ◎東雲館稽古

・えます(膝のフリー感)
・仙骨の丸める反らす この二つをいろいろな道具を使いひたすら練 習しました。
・膝をます事で剣に突っ込まずに肚に落ち る。
・数を重ねると下半身の感覚がしっかりして くる。
・丁寧にすると足裏、足首、膝、鼠蹊部、股 関節、仙腸関節が柔らかく弾力を持ちながら 繋がる。
・片足を前に出して仙骨を丸めると肋骨の中 を通り頸の後ろが伸びる。(腹直筋の意識)
・さらに吸気すると足が寄ってくる。(ゼ ロ)
・力を下に落としてバランスが変われば呼気 と共に前に進む。
・待てずに手が先に動く=股関節の銜え込み が浅いか外れている。

#世話役さんに仙骨の使い方を指導して頂いた お蔭で骨盤の奥行のある銜え込みが意識しや すくなりました。
股関節の後ろ側と仙腸関節の下部を固める癖 がある事にも気付かせて頂きました。 この練習を続けていると『張ると締まる』と いう事が『自然に』行われていている事に気 付きました。
『身体を自然に使えるプログラム』を組んで 頂いた上に私が頭で考えそうになれば、すぐ に道具を変えたり形を変えて練習をして下 さった事に本当に感謝致します。
そして、剣がより楽しくなりました。
有難う ございました。

世話役です。

とても丁寧に感想を記して頂きありがとうございました。

私自身が、足をえまして、袈裟斬り等の稽古をして、足に意識がいくようになりました。

4/20の稽古の構成は、やはり、足、歩法でした。

まず、相手の太刀に自らの太刀を乗せるのと、自らの太刀に、自らが乗るのは違うということ。

自らの太刀に、自らが乗ると、抗力で体が浮かされ、斬れないということ。

てっとり早く、太刀に乗らず、えまして斬ってみる。

体の立て替えと刃筋の関係、水車勢の捌きと落としを確認。

太刀が落ちるのと、太刀に乗ってしまうことの違い。

足の曲げではなく、太刀の落ちと、足、腰の関係に気が付きたい。

歩法の確認へ

でした。

上記の参加会員さんは、食わず嫌いせずに、足をえましたことで新たな感覚に出会えたのだと思います。
そして何よりも、稽古を楽しんで頂いてありがたく思っています。

私もめちゃくちゃ楽しみました。

ありがとうございました。
[PR]



by shinonomeaiki | 2014-04-22 01:05 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧