合気観照塾東雲道場

<   2015年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




S Y さんからの稽古日誌2/25

観照塾東雲道場に入門して1年が経過しました。研究会に10回、初心者コースに6回参加しました。やはり研究会に向けて自分なりに練習し、テーマを持つことが重要ではないかと考え、世話役さんに個人稽古をお願いしました。

「古希・初心者の稽古日誌1」2015年2月25日(水)14時~16時
1.相対
 鞘に入った刀を身体の前に直角にし、剣先を相手側にして床に置く。
 左手、右手の順で 床に手をついて礼をする。
2.立ち方
 左膝を立てることで、相手に敵意が無いことを示す。試合の時は右膝を立てる。             -----
3.文を切る稽古(居合刀)
 昨年1月の第二回研究会で
 「文は腕で切るのではなく 呼吸につれて勝手に切られてゆくもの」
これが全くわからずに 世話役さんから指導をうけた。
<指導>
肩の力を抜いて、腕を捻る(肩に対して肘を直角に曲げる)。
但し 手はそのまま。カバンを持つ姿勢。
両足の膝を曲げる。(歩法の基本姿勢で学んだ)
両足の指先は床から離す。上げておく。
無形の姿勢で呼吸をすると、剣先が上下する。(これがとても難しい)       -----

4.居合刀の稽古
昨年2月の第三回研究会での制剛流の抜刀、納刀。世話役さんから指導をうけた。
<指導>
柄を握る両手から、血振りのために左手を外すと、右足が後ろに引く。
それで腰が動いて、腰に差した鞘が自然に右方向へ向く。
血振りした刀を上げて傘をつくる。刀を返すと剣先は自然に鞘口に向う。

昨年8月の第九回研究会で学んだ座礼について 世話役さんから再指導をうけた。
<指導>
中指の腹に親指を付け他の指を揃える。
そのときの位置は、正座した両足の膝の横に合わせる。
刀を抜くとき、ジャリッと音がする。これは駄目。
l 制剛流・表7本
 ① 制剛流・向うの刀
両膝で立つ。
 そのままでは抜けないので 腰を捻る。 
② 制剛流・引身
息を吸い込みながら 両膝を立てて 下向きに刀を抜く。   そのままでは抜けないので 腰を捻る。 
③ 制剛流・胸の刀
先ず、右手の拳で相手にあてみを食らわせる。   そのままの姿勢で 柄を下側から握る。   刀をグルリと180度回転させ、右手の平を柄の先で回して 上掴みに変える。
④ 制剛流・押し抜き
右方向に刀を抜くとき、左手の親指を刀の峰にすらせる。   抜刀した瞬間に 刃を下方向に向け、左手の親指と人差し指で刃を挟む。   そのままチョン。
⑤ 制剛流・車返し
右敵に対峙するため、身体を90度回転させ、右手で膝を抱いて抜刀する。
⑥ 横雲
5.警杖の稽古  
昨年12月の第十三回研究会での稽古内容について 再び世話役さんから指導をうけた。正座をして警杖で本手打ちをすると、左脇腹でゴリゴリ音がして痛い。 
<指導>  
腰をもっと捻る。振り方はOK。
6.木刀での稽古  
昨年1月の第二回研究会での稽古内容について K先生より戴いた「剣術メニュー」の相対稽古の水車勢を真似たいと世話役さんに要望した。
  <指導> 
 身体を引いて、八双、袈裟、右足前へ、左で(木刀を)回して、左袈裟、左足前へ、  、、、、ん 難しい!!
<指導> 
 ゴザを巻いた道具を使って 袈裟を連続して打つ練習をした。 
 力の2/3が足に入っているとの指摘を受けた。、、、、ん 難しい!!  警杖を使って、、、、、ん 難しい!!
<感想> 
 観照塾東雲道場の研究会のメニューに消化不良を起こさないよう、自分なりに練習し、テーマを持つことで2年目を楽しみたいと考えています。今後も、補習をして頂きながら東雲道場での研究会に参加致したくよろしくお願い申し上げます。              
<古希・初心者、滋賀県より参加>


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-02-27 21:06 | Comments(0)

2/25稽古

2/25稽古

①青岸になるための体幹と手の内

②足の内旋と外旋

③「鷺歩」
後ろ足をしっかり残してから、踵を浮かせず引き寄せる。

④「鶴と亀歩法」
足を揃えて吸い上げて雷刀に構える。
緩めて片足を踏み込み、吐いて雷刀を崩さずに拝み打つ。
後ろ足には重心がなく、剣までが一直線になる感じ。
重心の乗った前足は指を浮かしておき、バランスを取りながら、吸い上げて後ろ足を踵を浮かせずに引き寄せる。
後ろ足が引き寄せられるのと同時に、拝み打った剣が上半身とともに立っていく。

⑤相対稽古
鶴と亀歩法で打った後に剣先を持って貰う。
後ろ足を寄せながら剣先を上げたいが、剣先を止められているので、剣先は上がらない。
しかし体内では何かが起っている。
同じように、剣先は上がってないが、拝み打つように踏み込んで前へ出る。
相手に何が起こるのか。

世話役です。

全て宗匠の考案された歩法や体操からの引用です。
体内操作や感覚において私はK宗匠やM岡さん等の諸先輩方には遠く及びませんので、今のところ道場に来て頂いた方には体内操作については極力アドバイスしないようにしています。(時にはしますが。)
いわゆる、ガワの稽古を道具を使ってして頂き、変化は御自分でお持ち帰りして頂いています。

鶴と亀歩法は、宗匠の鶴と亀、執雷刀から引用しています。





[PR]



by shinonomeaiki | 2015-02-27 07:20 | Comments(0)

2/19稽古

2/19稽古

①歩法
・後ろ足を忘れてみる。
・「白鷺」歩法



②袈裟截りの必要性
・刃筋の動線を理解する
・剣先を止める。
・原理は全て宗匠の「天地人」にあり。
・乾燥巻き藁

③捻り込み
・歩法と発想の変化。
・人中路を使う。

世話役です。

3月の研究会は3/21春分の日の土曜日の午後1時からの予定です。

3月からの合気観照塾東雲道場の稽古日程はGoogleカレンダーを使って調整しようと思っています。

研究会の参加者はこれまで通りの方法で連絡致します。

Gメールアドレスをお持ちできない方は、これまで通りの調整方法で結構です。
詳細は、後日連絡致します。



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-02-22 21:01 | Comments(0)

第十五回研究会

第十五回研究会稽古メモ

S代表からの稽古メモです、いつもありがとうございます。

世話役の私は私用で参加出来ませんでしたが、S代表、Fさん等のサポートを頂き開催出来たことを感謝致します。


①七刀杖(警杖)
杖を順手や逆手で保持し、頭上や鎖骨等の高さで左右の手で押しあったり引いたりした時の首、薄筋、骨盤、肩甲骨、鎖骨等が良い位置にあり上手く連動しているか?適切に力が抜けているか?等を確認。そこから七刀杖を伸びやかに行う。

②繰付、繰放(警杖)
手首のみを押しこむのではなく、付けた手首から相手の中心に圧を加えていき警杖の撓りを利用して崩していく。

③立位の相手の肩口に青岸の位で触れ斬り崩す(木刀)

④青岸の位の相手に青岸の位で近ずきながら推し崩す(木刀)

※②~④は蛮力を使わず、姿勢と太刀筋、体内操作から出来る勢によって崩す。相手に抵抗感を与えるような必要以上の圧力を与えない。

⑤七刀の左右への方向転換に合わせて両腕を振り上げ→抜き→落下→逆方向への振り上げ(足は固定)

⑥ ⑤の動作+後ろ足の寄せ足
※歩法の前段階となる動き
※移動せずその場で行うからこそ後は移動するしかなくなる

⑦七刀三種(模擬刀)
足を固定して動作と刃筋、手の内や握り、物打ちへの意識等の確認。

⑧転身打ち(袋撓)
・七刀のラインに沿って動く。
・稽古なので太刀をきっちり回して手首を打つ。だが押し付けない。
・青岸、逆の青岸の姿勢をしっかりととり、意識や空間の間(ま)をつくる。押し崩しも引き崩すこともできる位置
・打太刀をすることで使太刀を理解する。使太刀をきちんと勝たせる打太刀

⑨一方は真っ直ぐ斬り落とす筋、一方は青岸(袋撓)。物打ちを触れ合わせた状態から外見上は動かすことなく、お互いがお互いの太刀筋に沿って体内操作で力を出し入れしあう。
※動きが特に小さいので、強過ぎる力での荒い稽古ではなく丁寧な力と丁寧な稽古を心掛ける

⑩逆風の太刀(模擬刀)
ゆっくりと柔らかく途切れない様に連続して何度も繰り返し、立替や刃筋等を確認


⑪七刀三種(模擬刀)
改めて太刀筋や手の内等を確認しながらゆっくりと稽古


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-02-10 02:16 | Comments(0)

覆(くつ)に履(は)かれる

1/27稽古感想

ブログ「寒天好きの秘密基地」 http://0kantenkiti0.blog76.fc2.com/blog-entry-608.html?sp に掲載の感想が写実絵画のように実に細やかに書かれていて感動しました。

K宗匠は、時に道具に学ぶ重要性を説かれます。
道具について思い出すのは、禅問答の「南泉斬猫」です。
前もって言いますが、私は禅問答を勉強していないので答えは分かりません。

東堂の僧たちと西堂の僧たちとが、一匹の猫について言い争っていたところ、南泉という僧が猫を指して言った。
「禅の一語を言い得るならば、この猫を助けよう。言い得ぬならば、斬り捨てよう」

誰も答える者はなかったので、南泉はついに猫を斬った。

夕方、趙州という僧が外出先から帰ってきた。
南泉は彼に猫を斬った一件を話した。

趙州は履( くつ )を脱いで、それを自分の頭の上に載せて出て行った。
南泉は「もしお前があの時おったならば、猫は救えていたのになあ」と言った。

というものです。

本当の解釈は知りませんが、私は趙州が南泉に対して

猫という宇宙や大自然又は因果の存在を
、禅という思考メソッドだけで包括出来るなら私は履いていた覆に履かれよう

という皮肉であると思います。

刀や杖を使っていると思っていますが、使われるくらいがいいのかも知れないですね。





[PR]



by shinonomeaiki | 2015-02-04 20:54 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧