合気観照塾東雲道場

<   2016年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧




YS さんからの第二十七回研究会メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役 様
    内容:K先生から「剣術メニュー」の指導を受けた。
       (第二十七回研究会)
    期日:2016年2月11日(日)13時~

<1.真っ直ぐ中段>
@このままで同じなんですけれど、剣先をぶらさないように。イチ、ゼロ、イチ、
@肘は、横隔膜より上です。高さは、相手の眉間を突くか、喉を突くか。ぶら下がる
 ように。
@足を擦ると 剣先がずれる。このまま もっていく。浮いた状態で。
@すると、ここで、ゼロのときに 足が浮いた状態。いちいち体重を掛けない。
@それと、足の指を使わないから。首の後ろを伸ばして。
@握ると、剣先がぶれる。フワーとして浮いていると、ぶれない。

@歩き方、足の指に力を入れない。呼吸を止めない。首の後ろを伸ばして真っ直ぐに。
@皆、歩くときに蹴るでしょう。だから、高齢者は、どうして足の指に力が入っている

@送って、載っていって、送って、載っていって、  足首の太股も、股関節、膝が
 全く使えない。このまま、前に出て、載って、膝を有効に使って、

<2.中段捩り込み>
@それをうまく使って、捩り込み。真っ直ぐ、捩って、真ん中 捩って、真ん中、
@この歩法が出来ないと 駄目です。
@すると、相手に止められても、そのまま 入っていける。
@腰を真っ直ぐに。
@結局、蹴って、足の指に力を入れて、皆 ずれていくのです。
@そんなに ガッーと入らないでいい。本当、この幅で チョッチョッチョッと浮く
 感じで。
@だから、ゼロを意識して欲しいのです。ゼロというのは 力を入れないところです
 から。
@ですから、それをやっておけば、イチとゼロが一致する。
@勝手に一致するでしょう。刀身一致。
<3.正面打ち>
@次は、上げて、タラーンと手の中を 上げるときに ここが 真ん中。ここを意識
 して、
@だから、この 真ん中の上げ、下げ、だけです。
@ここでは 力を抜いてしまう。ここで、手がこすれるようにすると、変な、、、
 片方は引っかかる。      両方は   すると、

<4.正面廻し打ち>
@今度は また、模擬刀でやると 違います。いろいろなものを使ってやると、
@この時に 足を引いて ゼロ、イチ、ゼロ、イチ、、、
@それで、真ん中、イチ、全く違わない。只、足の位置が違う。それで、必ず 
 頭の上で廻す。
@それで、いろいろなものを持ってやると、自分の癖が分かる。如何に重いものを
 持っても。
@(世話役)これを 振るという感覚でやると、   ではなくて 身体の中を
 合わせるために、こっちへ振ろうという感覚でやると、わざとふら付く。
 この身体で、こっちに来る身体を ここで 合わせたら 上手くいく。

Q:農作業のようですね!
A:全く その通りです。力が要らないように。1日中 農作業をやっている。
  力を入れたら病気になる。力は要るけれど 最低限 使う。
@股関節とも一致 というのは、農作業と一緒ですけれど、ここへ こう上げて
 いって、これが落ちていく。これが上がって、これが落ちていく。
 順番に、こっちが上がっていって、こっち側が上がっていって、
@それは、要は、
@それで、これが 外へ抜ければ「猿廻」になる。
@これ、寄ると 何ら 変わらない。
@これを こっち 左、 だから ここと ここが一致するというところが、
@股関節と 位置が こっちが同じで こっち
 右から 当てたら 右足前で 右から、 右足で 右から  吸って、緩めて、
 吐いて、、、
@上げるときに吸う。これは右半分

<5.屋根を作る>
@ものうち  こっちは屋根、 こっちは軸、こっちへ、 それと軸足
@手の練習なのです。だから、この向きというのですけれど、先ず 足首を使わ
 ないで、手で動かすのではなく、股関節で こっち、真ん中、こっち、
@こういうふうに、肘が真ん中、剣が真ん中、肘が真ん中、
@それで、ものうちは 常に 真ん中。
@その 身体が ちゃんと出来て、歩法が付いてくると、いけるわけです。
 相手が攻めてきてくれるから。
@大事なのは ここです。ここと、ここで 止めておいて、真ん中、肘が真ん中。
 それで、剣が 真ん中。肘が真ん中。それで、股関節が付いてくる。
 すると 動けるのですよね。
@だから、歩法から だんだんに繋がっていくのです。いろいろなものに。
 ずーと繋がっていく。
@ゆっくり 練習して イチ、ゼロ、イチ、ゼロ、、、
@肘 イチ、肘 イチ、というふうに そうすると 横隔膜、それと骨盤で、会陰が
 ちゃんと上がってくる。
@それと もう1つ。人差指を突っ張ってみて下さい。両方 それでやると 
 どうなるか。そっちに 力が入るから。よく、治療から 親指が曲っている。
 こう 止めている。人差指も。小指にだけが 上がっていると、どうなる。
@だから、手を見れば 分かる。引きと攻めが全く出来ない。実は。
@それと、昔、私(先生)は 茶巾シボリで悩んだ。小指で締める。こっちは 篭手
 があるから どうせ 締められないが、小指で締めて 同じように
@引っかかるでしょう。すると、中指・薬指を中心に、特に中指、中心によると 
 引きと攻めが 上手くいく。今日のテーマは 実はここからなのです。

@付いていたら よいですけれども 振ったら駄目です。付いて、フアーと持って、
 すると どこへでも 使える。
@すると、先程やった 回転とかが、中のキャッチボール ここへ 離れていません。
 いつも 離れていません。ずーと、この中を触っています。
@それで、ここは ワケメが 上がったり、下がったりしているだけです。ワケメが
 上がって、下がる。すると、変なところへいかない。
@すると、上げて、下げる、上げて、下げる、というのが 手の中が感じやすくなる。
 握り締めていると それが 分からない。肩の力を抜く。
@だから、常に「引きと攻め」が この中で できていないと駄目なのです。

@刀とは、どのように動いているか? 反りとか、これが一番大事なのです。しかも、
 モノウチを中心にして 動いている。

@それを こちらが邪魔をしない。両手が、このモノウチ中心に こうして動いている
 わけです。それをフアーと持っていて、モノウチの動きを、ワケメの動きを邪魔しな
い。
@そうすると、勝手に 先が走っていく。それを 力を入れて振ろうとすると 止まる
が、
 勝手にキュッと落ちていくのに 自分が 載せるのです。
@だから、この 自分の木刀の有様というものを考え、もちろん 自分に合ったものを
 選ぶのは大事ですが、それが、たとえば、少し前を持ってやると、落ち方が全く違う

 もちろん、モーメントが違うから。
@これを 一握りづつ 下げていく。すると、先の走り方が変わってくる。それで、一

 先を持つと、今度は 止めるときに ここの衝撃がきつくなるのです。
@手の ここで止めるから よいですが、こちら側が動いても バランスが取れるわけ
です。
@だから、いろいろなところを持ってみると、何故ワケメが大事で、ワケメを中心に振
って
 みるというのが 大事です。
@それで、両手  ワケメを上手く使ってやると 楽に動くわけです。

<6.杖で体軸を作る>
@これで、大体 歩法のゼロの位置と 足の指を使わないというのが 分かってもらえ
る。
 それから、先程の 股関節の使い方。
@この間、たまたま、ゴルフの股関節の使い方に 気づいた。
@杖を鼠渓部に入れて、こちらへ引っ張ります。大事なのは、ここのところです。
 よくできています。中心ができて、勝手に鼠渓部を、、、
@足を踏み変えて、上手く ちょうど よいところをやって下さい。鼠渓部へ杖を付け
る。
@もちろん、反対もやって下さい。
@勝手に 会陰が締まるし、股関節が中心出来ての回転が 非常にやりやすくなる。
@軸がぶれない。自分の癖の、、
@それと 足幅に気を付けて下さい。自分で鼠渓部に ピタッと入れて、
@要は ここを中心に動かしていく。すると、楽に中心がわかる。これを両方やって下
さい。
@次は、ここは 足を最初から外しているけれど、外して やって下さい。
@そっちは、開いたときと 真っ直ぐの ちょうどよいときと どう違うかを分かって
欲しい。
@こうやってゴルフをしない。ここへ置くか、真ん中へ置くか、この回転で叩くわけで
す。
 すると、仙腸関節も ちゃんといけるし、会陰も締まるし、そこで 息を吸って下さ
い。
 すると 首の後ろが伸びるでしょう。そこが ちょうどよい位置なのです。そうする

 奇麗に回転するのです。ぶれない、フェイズアップしない。
@だから、関係が無いと思っても、色々なものをみていると 結構面白い。

                             (滋賀より参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2016-02-29 23:46 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

2/13 定例稽古 腕回し歩法

2/13 定例稽古

股関節くわえ込み
・研究会で教示頂いた杖を使って鼠径部を確認。
・下腹部の意識を持つ。

歩法
・前進
  呼吸と脱力と重心の連動
・腕回し(オーバー)前進と腕回し(アンダー)前進との違い
  上肢と下肢の自然連動を認識して取捨選択する。

剣術歩法
・正面截前進
  体内のイメージと現象物質とのズレと一致。
・正面截廻刀前進
  手の内、剣先へと圧力を通して行く。
  最高潮で重心が動く。
・ジグザグ廻刀
  最高潮と人中路へ向く調子。

青岸半捻り込み
 ①青岸に構える
 ②足をそのままで、直正眼に変える。
 ③剣先、物打ちを固定して貰う。
 ④順の足運びで捻り込んで青岸に付ける。

柔術
 両肩捕り合気崩し
 両手捕り合気投げ
 諸手捕り合気投げ

世話役です。

 第27回研究会で宗匠が示された、股関節、鼠径部の作り方により、下作りをしての歩法をしました。
 上肢体の伸びで、西江の水が漏れぬように心がけて頂きました。
 
  
[PR]



by shinonomeaiki | 2016-02-17 12:43 | 定例稽古 | Comments(0)

YS さんからの第二十七回研究会メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「歩法の基礎」の指導を受けた。
   (第二十七回研究会)
    期日:2016年2月11日(日)13時~

@新陰流の、西江水という丹田の使い方と、能の金春流の歩法とを秘伝交換している。
 柳生宗厳が 大変「能」が好きで、立ち方もそうですが、「吊り腰」という、、
@西洋流のボディワードというのは、真っ直ぐ吊るのだが、物を持って動けない。
@日本の場合、結構 ジグザグに首を決めて、股関節を決めて、足首を決めて、という
 感じである。
@今、高齢者でも ロコモティブ・シンドロームで、皆 筋肉を鍛えなさいと言われる
 のですが、むしろ、指をギュッと掴んでいる人が多い。怖いから。
@足の指を こう蹴って掴むと、膝の方から そこへ持ってきて 女性は骨盤が開いて
 いるので、骨盤テンションを上手く使えないから、だんだん、ヨタヨタ歩きになる。

<模範演技>
@ちょっと、立って下さい。真っ直ぐ軸を取って、横へ足を出す。
@ここまで出すと、軸が締まる。軸をそのままで出せる幅 真っ直ぐに。
@取り敢えず 真っ直ぐ平行に、足が平行に出して、それから寄ります。

@反対に戻ります。それから 載っていって 寄ります。
@これを いちいち 付かないで戻ります。そのときに 足を出す。真っ直ぐが基本で
す。
 というのは、これでやると、股関節の使い方が捻れるのです。
@これが、だから、ジグザグのときの使い方なので、取り敢えず 基本は真っ直ぐにや
って
 下さい。
@ゆっくり。これゼロです。1。ゼロ。もう一回、1,0、1,0、
@それが、今度は 踏み換えて1、寄せて、踏み代えて1、、、、、これは反復横トビ
です。
 それをゆっくりと 自分の軸、肩の力を抜きながら、踏み代えて出る、寄せて戻る、
 踏み代えて出る、寄せて戻る、
@そのとき、如何に指をギュッと掴んで 床を掴んで 同じようなことをするとどこに
力が
 入るか。要らない力が入ってしまう。同じように動いても、、
@それを 今度は、足先を こう開いてくると、ゼロにしようと思えば、こんなゼロに
なる。
 これを こう上手く使うと、真っ直ぐ動かせば ボックスになる。
@それを今度は こうやっていくと、だんだん 色々なパターンを混ぜられる、組み合
せ。
@だから、真っ直ぐ ボックス、四角。
@これも前へ出して、横を付かないで 踏み代えてやりましょう。こういう動作がボッ
クス。
@それから、だんだん 足先が代わってくると、それに合わせて 廻っていけばよい。
 そうすると、軸は狂わない。
@ところが、これだけやって、身体が残っていると 軸がずれていく。ここへ載ってい

 ないと駄目なのです。だから、足先が変わったら そこへ載っていく。
@それから 今度は、真っ直ぐ出て、
 例えば、クロス。 真っ直ぐ、 クロス、、、というのが「ハケイショ」の歩き方で
す。

@片方の足、そういうことです。次の足は前、クロスです。膝を合わせて。
 次は真っ直ぐ。膝を伸ばす。真っ直ぐ、1,2,3,4,5,6,7,8 
 これで 「ハッケショウ」です。

@それで、要するに、足先、人中路を踏むというのは、真っ直ぐに出すということです

 真っ直ぐ踏むという、だから基本通り、真っ直ぐ出すとか、真っ直ぐ寄るとか、という歩法が大事です。
@基本的に1、ゼロ、1、ゼロ、1、 大事なのはゼロです。コンピューターと同じで、ゼロか、1ですけれども、ゼロが大事なのです。
@例えば、前に出すときでも同じですが、ここを止めておいて前に出す。それでゼロ、バックします。このときも ここは止めておいて、バックして1、ゼロ、バック、それでゼロ。
@これが、だから 自由に出来るようにならないと 前も後ろも。そうすると、こういう出方が 自由に出来るようになる。
@間合いを詰めるとき、刀を 宮本武蔵が言うように、「歩みで」こちらは真っ直ぐ、こちらは そのまま、だから ずれない。
@これ、こういって、下手をすると、肩を振ってしまうので、斜めに構えた そのまま足は真っ直ぐ出ていく型をしているわけです。
@すると 足首を使っていないですね。それで 足の指も使っていない。それを 
 そのまま出ていけば、間合いを詰めていけるわけです。

@これらの練習は、全部やっているのだが「歩法」用の表現で行なっている。やっているのは一緒です。だから、先程言った 「二の切り」も、基本的には 相手の方に足を向ける。常に 相手の方に足を向けるということが大事なのです。だから、真っ直ぐが基本です。

<手の平を壁に沿わせて横移動の稽古>
@壁に触れないでいいですので、手首が決まって1、ゼロ、1、ゼロ、
@首の後ろを伸ばして、吸って、緩めて、というふうに 一回 ずーと廻って下さい。
 左へ。
@要するに、肘の位置、手、手首の決め、それから 老宮を少し緩めて親指を張ってみて下さい。それから歩いてみて下さい。1,0,1で。
@歩幅は、気を付けて下さい。自分の軸がずれないように。
@そこ、(道場の)角の壁が無くても廻れる。そうです。その カーブを廻るのが大事です。どう変えていくか、です。
@廻ろうと思えば、足を回転をしないといけない。そこで 又 ゼロに寄らないといけないわけです。そこで、手、手首が きちんと決まってくる。
@それが、逆に、手首を こうやってすると、体軸が伸びなくなる。

@次、右へいって下さい。
 これを 歩くことによって、足首が決まるのです。前だと どうしても 足首を使って踵を動かしてしまうのですが、横歩きは、踵が動きません。
@それで、必ず「足先は前にいく」というのを意識して下さい。これで決めると
 パントマイムが上手くなります。     (一同 大笑い)

<片手を壁に沿わせて前進(左右廻り)の稽古>
@次に 片手を付いて、軸を決めたまま 押さえておいて、出て、足踏み、緊張させて、 そこからゼロ。それで 踏みかえです。1、ゼロ、1、ゼロ、呼吸をゆっくり、
@ここから、こう出すと、必ず 前で「蹴ろう」としなくなる。「前へ足を送る」と
 いう練習です。もちろん、壁の方の足から送ってもいいです。両方をやってみて下さい。
@手の位置と、体側とが、ずーと一致しています。首を前に出さないようにして。
 時々、息を思い切り吸って、首を伸ばして下さい。
@踵を できるだけ 浮かさない。「すり足」ではない。足が 只、振り子のように動いているだけです。それで、真っ直ぐのときから、足を前へ送っているだけ。
@はい、反対周り。
@次に、壁側の足を送るのと、壁側から離れた足を送るのと 両方をやってみて下さい。
@そうー、カーブのときに、上手く 体軸がふらつかないように廻っていく。
 それが、先程言った「ハッケイショ」の動きになる。
@反対の足を送り出す。それと、上下動しない。ずーと 少し膝を緩めたまま歩いてい
く。
 首の後ろを 伸ばすように。
@次に、普通に送り出して、寄せて、手の、、、ゼロを通過、ゼロを通過、というふうに3回廻る。
@ゼロを大切にすること。ゼロのときに、振ったままゼロ。それから 前へそのまま送ってゼロ、前に送って、その次は 後ろの膝を少し緩めると、勝手に前にいきます。
 膝と関節   そうです。

<指導1>
@未だ、引っ張っているんですよ。抜くと付いてくる。前へ送って、中心移動して、膝
を抜くと前に付いてくる。
@自然に 前に送って、ヒュッと抜けると付いてくる。そういう感じです。するとぶれない。

(滋賀より参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2016-02-15 19:42 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第二十七回研究会

2016/2/11 第二十七回研究会メモ
くぼけんさんからです。
◎合気観照塾東雲道場

 ◇歩法の基礎鍛錬
  ○横移動
   ・010101
   ・足を出す(軸がぶれない程度)
   ・吸って、弛めて、吐いて
   ・一歩出て一歩戻る
   ・反復横飛ばない
   ・一歩真っ直ぐ一歩内へ(膝を付ける)
   ・8歩で一周
   ・8の字
   ・社交ダンスの動き
  ○手の平を壁に沿わして横移動(左右廻り)
   ・手首、肘の位置
   ・蹴れない横移動
   ・コーナーリングを感じる
  ○片手を壁に沿わして前進(左右廻り)
   ・送り出しを意識して継ぎ足
   ・手首、肘、肩の位置
   ・0を通過して歩く
   ・後ろ足の膝、股関節を弛めれば寄ってくる
   ・上下動しない様に体内操作
 ◇剣メニュー(いろいろな木刀を使って)
  ○真っ直ぐ中段
   ・木刀とバランスを感じながら010101
  ○中段捻じり込み
   ・木刀の重さに訊く
  ○正面打ち
   ・楽に出来る
  ○正面廻し打ち
   ・ゼロからはらりと廻す
  ○袈裟
   ・ゼロから立て替えで刃筋
  ○屋根を創る
   ・物打ちを動かさない
   ・物打ちと軸と肘
  ○短棒や脇差などで内廻し外廻し
   ・股関節から動く
   ・010101
   ・道具の違いを味わう
  ○杖を鼠蹊部の銜え込みと対側の膝に当てる
   ・軸創り
   ・膝の弛み
 ◇相対稽古
  ○両手首を掴まれて内廻し外廻し
   ・つま先を床に付けて
   ・良い位置に来た部位は動かさないで体内操作
  ○片手首を掴まれた状態
   ・脱力して相手の掴み方を感じる
   ・強く掴まれている所にどんどん預ける
   ・分け目が支点になり肘の重みと指先の方向をバランス
   ・内経路と外経路の違い
   ・会陰が上がっている時、下がっている時
 
   ~~~休憩~~~

 ◇相対稽古(剣)
  ○刀棒 捷径
   ・付けて股関節で動く
   ・頸を切れる位置に動く
   ・骨盤(股関節)と膝の向きを合わせる事でやっと相手に臍が向く
  ○和卜
   ・最小限の動き
   ・手首(前腕)と股関節
   ・骨盤底と横隔膜の引き分け
   ・分け目と物打ち
   ・攻めの身勢
  ○転
   ・動く位置の違い

 ◇模擬刀
  ○抜刀術
   ・鞘をガイドにする
   ・抜けない事を確認
   ・軸を伸ばして抜刀
   ・ゼロから剣を担ぎ上げ伸展
   ・弛めて剣が落ちる
   ・物打ちを動かさずに血ぶり
   ・片手で剣を上げて良い位置の模索
   ・合谷をガイドにはらりと落とし納刀
  ○手の内
   ・くそ握りの形
   ・中指薬指の止めた時止めない時
   ・小指を握り込んだ時込まない時
   ・人差し指を伸ばした時伸ばさない時
   ・親指を曲げて固めた時固めない時
   ・手の内が臨機応変になるのはどれか?
  ○剣メニューの観察
   ・会陰の上げ
   ・骨盤内操作と手の内の連動
   ・軸の立て替え
   ・模擬刀に習う

世話役です。

くぼけんさんの稽古メモありがとうございます。

捷径にあっては、地雷のようなもので打ち太刀が打ち込むと必ず爆発します。
宗匠が捷径を取り上げるのは、その地雷の理合を教えてくれていると私は考えています。

和卜にあっても同じで、打ち太刀が打ってくれば勝てるのです。
それは何故なのかを考えさせて頂いていると思います。




[PR]



by shinonomeaiki | 2016-02-12 07:46 | 研究会 | Comments(0)

2/6定例稽古 技の稽古も

2/6定例稽古



1 長物で歩法
  脱力と呼吸とバランス

2 重い木刀で歩法

3 長物の先を押さえて貰って歩法
  体内操作と現象面のズレと一致

4 袋竹刀の物打ちを押さえて貰って歩法

柔術

1 居取り両手持ち合気崩し
2 居取り両手持ち合気投げ
3 居取り片手持ち合気投げ
4 居取り片手持ち合気投げ
5 居取り片袖捕り合気投げ
6 居取り片襟捕り合気投げ
7 居取り片胸捕り合気投げ
8 片胸捕り合気投げ
9 両胸捕り合気投げ

世話役です。

剣術では、腕を使わず剣を振り、足を使わずに前に出るのを意識して頂きました。
柔術の名前は動作を並べただけで、技の定義付けではありません。
前述の剣の理合を使うように意識して頂きました。
東雲道場の会員の方々には、昨年中は出来るだけ技をしないようにし、基礎稽古を主に稽古させて頂きました。
そのかいがあり、皆さんそれまでされていた動作ではない動作を学んでいける下地が出来たと思いましたので、これからは技も少しずつ稽古していきたいと思います。
動きに気が囚われると、何もかも違ったことを吸収する危険性があったので、慎重を期しました。

また、それに伴い攻撃する方である打ち太刀との初動に定義を設けて、初心者の方でも攻撃できるようにしました。

参加頂いた会員の方は、私に技をかけて
   これで効くんですか
言われることがあります。
私は微細な合気を感じ取っていることもあるのは間違いないですが、その細い微細な合気の糸を感じ取って、術者に認識して貰い、太く大きく育んで貰うのも稽古の上では重要なのです。

少なくとも私は宗匠にそうして頂き育てて頂いたことに感謝しております。




[PR]



by shinonomeaiki | 2016-02-10 22:55 | 定例稽古 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル