合気観照塾東雲道場

<   2017年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧




YSさんからの第四十五回研究会稽古メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「鞘入りのままの刀を振る」指導を受けた。
      (第四十五回研究会)
   期日:2017年8月11日(日)13時~

<指導1:水飲み鳥のように>
@今日の模擬刀は、もう抜かないですから。
@前回(研44)も 少しやりましたが、これが90度で、呼吸から
 廻すのではなく、こういう感じ。
@そのときも、膝を少し緩めて、お尻をクッと上げて、鼠渓部から
 入れる。
@吸って、肩の力を抜いて、でも 肘は落ちない。
@吸って、肩の力を抜いて、落ちていったときに 首の後ろがその
 ままで
@その時にも こう寄せて、膝を突っ張らない。
@寄せて、水飲み鳥のように。

@それで、吸って、緩めて、肩の力を緩めて、中を落としながら
 刀を落とす。
@それで、足の指は ギュッと掴まない。
@吸って、緩めて、ウーン。
@これが、こっちを向いて この時も ちょっと寄せて、左で。
@それで、真ん中、吸って それは まー、七刀というよりも 
 どう違うか、股関節の使い方とか、呼吸 吸って、緩めて、吐いて、
@一応、そういうふうに引っ張っておくと 中心と、それから で 
 なくて    していくという。
@それで、全体、呼吸と剣とを上げる。
@それを そのまま 上げて、緩めて、これも振らない。

<指導2:呼吸体操>
@あとは もう そんなに    しなくてもよいですから。
@首をそのままにして 肩から自由に落ちてくる。
@それで、そんなに下を向いて入れないで ちょうど    老宮に
 入るくらいに
@だから、四時で 呼吸 吸って、ここは そのままで 肩を緩めて  
 している。
@そのときには、こういうカベを 今度はイメージで
@そこを ちゃんと こういうところが決まる。

@それで、吸って、今度は吸い続けて、方向を変えて、肩の力を抜いて
 いるときに 剣の位置を  する。
@そこで、中を落としていったときに 落ちていく。

@それで、吸って、真ん中   して。
@吸って、緩めて、中を落としていったところへ 落ちていく。

@というふうに、今度は このくらいで落ちていく。吸って、持ち
 上げて、肩の力を抜いて、
@これも 首があって、抜いて、落ちていく。
@そういう意識をしながら、これは呼吸体操です。
 一度 やってみてください。

@これ(鞘入りのままの刀)振らないでしょう。もうどうしようも
 ない。
@自分の丹田と、首の後ろ、それから恥骨で、どういうふうに
 止まるか、どう方向を 変えていくかということです。
@最初に お辞儀までしているから すごく楽でしょう。

 振ることを あきらめて!
 刀に 行き先を聞いて!
         
                 (滋賀より参加の初心者)

世話役です。

  振らない剣術

  投げない柔術

の世界ですね。





[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-29 00:31 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第四十五回研究会稽古メモ~英訳版

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

第四十五回研究会稽古メモを
英訳してみました。先生、並びに古参の方々のご叱正を賜れば幸甚です。


The 45th workshop practice note

1.When the opponent grasps both wrists, it reflects the opponent's
force by internal body manipulation.
2.Grab the opponent's wrists and destroy the other's posture through
internal body manipulation.
3.When the opponent and I grasp both ends of the short rod, it breaks
down the other's posture by internal body manipulation.
4.When the opponent and I pinched both ends of the stick with a shoulder
or stomach, the opponent's posture is broken down by internal body
manipulation.

5.Using Iaido sword in the sheath to practice seven kinds of swing.
6.Practice swinging of Enpi type while keeping your feet moving with
Iaido sword in the sheath.

In the first half, we practiced training the condition of the body so
that centering breathing method can be performed from head to foot
using body techniques and tools.
In the latter half, using Iaido sword in the sheath, we practiced to
experience that the sword and body coincided by being accompanied by
the weight.
It was a practice to go back to the basics that we only carefully
perceive changes in the balance of the body but there is no other way.
We are thankful to Sensei who carefully taught us even though it is
hot and to everyone who participated in the lesson.


A word from the caretaker

The main point of the first half is that even if you grasp the
opponent's wrist you can respond with by internal body manipulation
even if your wrist is grasped from the other.
I think that there is a place where the sword 's rationalism leads
to the aiki there.
Thank you for participating in the 45th workshop despite the hot day.




[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-29 00:26 | 英語版YSさんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第四十五回研究会稽古メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

内容:K先生から「力を抜いて、力を伝える」の指導を受けた。
(第四十五回研究会)
期日:2017年8月11日(日)13時~

<指導1:今回のテーマ>
@今日のテーマは、「基本的には力を抜いて、力を伝える」という
 ことですが、「力を伝える」というよりも、「伝わる身体を作る」
 ということです。
@それを 今度は どう感じるか、というようなことをやってみる。
@その次に、「姿勢の大事さ」みたいなこと。いわゆる姿勢が大事
 だけれども、固まってはいけない。
@それと、前回(44研)で行った「抜背(バッパイ)」です。
 それをまた、今日はできれば 全体を模擬刀でやってみる。
@その後、模擬刀を使って、「七刀の猿回バージョンを含む燕飛
 バージョン」を行う。
@それに いくためには、力を抜いておかないと駄目なのである。
@それと、力を抜くのと、肩が浮いている、というのは、昨日K元さん
 のブログを読んで目が覚めた。呵々!

<指導2:両手首を持たれた状態から 体内操作で返す>
@6割くらいの力で パッと掴んでください。
@これで どうこうしよう、というのではなくて、感じる。
@これも、良い位置で、足の裏を回すだけで 相手に伝わる。
@それから、膝。 それから、股関節、というふうに、腰、胸、肩、
 それらを 全部がいったときに こうなっていると、どう変わるか。
@首の位置が決まって、肩が浮いていて、抜けて、浮いているけれど、
 抜けているのと、
@傾いて固まっている状態と、抜けて固まっている状態。
@ここが すごく大事で、これが 浮いて抜けていると、下の力が 
 全部 こう伝わっていく というのを感じてください。

<指導3:両手首を持った状態から 体内操作で崩す>
@次に「意識の問題」をやります。これがいかに大事かなんですが。
@   だったら こういう感じ。ちょっと 頑張ってもらったら、
 このなかで。これは 力と力でいくと、いかないけれど、
@要するに、今度は この全体のこちら側が弱いから こっちへ。
                          ウァー!

@これが、本当にやるときは こっちは こっち。後ろも こっちが
 入っているからね。でも 案外 このー こうやったら、ウァー!

Q:それが 分かりません。
A:それが わからないと勝負にならない。幽体と霊体。
Q:ユウレイ?
A:じゃなくて オーラ。そういうものが ここは欠けている。
  こっちが強いとこっちが弱い。
Q:それが 未だ 見えません。
A:それが 見える。そんな気がするだけ。呵々!

@だから このとき 力で何とかしようとするのではなくて、わりと
 右利きとか、左利きとか。彼は、こういう顔をしているが 左利き
 です。(大笑い)
@それで、左に沿って、右。こんだけ 右 なんともないでしょう。
 だから 左。だから 左手だから 力を入れるのでしょう。   
    ことも 考えるのですね。
@それで、ずらせて、
@だから これも ここで吸って、ここを こう入れて  という
 イメージで、
@それが ここへくると、もう 距離があるから 使えないのです。
 これ、こっちの体勢が
崩れているのです。だから、ここを持っていたら ここは

Q:全然 違いますね。
A:違う。だから この辺が難しいわけです。それと(左右の)
 どちらが弱いか ということです。

@一番大事なことは 肩が浮く位置で、軸があって、力が抜けた、
 相手が   こうなって いくわけですね。
@だから 本当に良い位置というのは ワンポイントしかない。

@もちろん、自分の姿勢もあるし、それが楽に触るというのが。
 だから、何もないのです。こう きていったらバーン!

@そうでしょう。だから、そういう感じなのです。今も分からない。
 なんの確信もない。そんな気がするだけです。バーン!

@それが こっちだったら 全然 反応しない、後ろも。フーンと
 言えば終わりなのです。この辺なら 違う。バーン!

Q:瞬時に 分かるのですね?
A:答えは 本当は分からない。只、相手が どう かわりばんこに   
 後ろに対して それと工夫が、要は こっちの

@そういうふうに いろんな、こっちが入った、こっちが 重たい、
 こっちは太い、  重い、
@だから、本当は 力を抜いている。けれども 直ぐに返る。
 それで、また 返す。
@私(先生)がかけると、むこうもかける。速くいったほうが
 勝ちなのです。
@だから、それを外して もう一回 かける。それの繰り返しです。
 ほんとうは。

Q:剣だったら、その状態が お互いにかわってくる。
A:だから、こうやっているときに、どこが弱いなーとか、だから、
 剣中体、体中剣、という剣の中に身体が入っているかどうかと
 いう。
@それを どんどん どんどん、一つの原理を いろいろなもの
 に使える。

<指導4:短棒をお互いの手で保持した状態から体内操作で押し崩す>

@これ(短棒)、さっき やったけれど これが 握って、何とか
 しようとすると、これ 相手が持っているから ここが一番浮き
 やすい。それを こっちで、力でずらせるわけです。   
@ところが、ここに付けたら これを付けただけで、 緩んで   
    といて それを 今度は こっちへ バーン!

@ほら、ここでしか止まらないから、ここへ止まってしまう。
 ここへきたら、ポンと入れてバーン!

@そういうふうに、只、形をおぼえたら駄目。

@だから、相手にくれてやる、というのは、相手の中の一人。
 だからこの芯をくれて、腕とかを動かして、これを 動かしたら、
 相手は それに対して反応するわけです。それを ハンノーハンギ
 (反応板木?)という。呵々!

@これを持つだけで、これで 振れておいて どうやって 今度は
 相手の  の中に入れておいて 肩を浮かしておいて、こっちも
 動かす。首の位置が決まったところで、中を落としていったところへ 
 相手を入れておいて、それを 外側を見せる。
@こう持っていくところへ、相手が来てくれる。それを 中だけ落として
 いくから そこが見えない。それを 中心へ知らん顔をして寄せて 
 後ろへ。
@この辺ですよ、この辺で両手が一致するわけです。そこへ 持って
 いくわけです。

Q:今は短棒を使いましたが、直接に触れない方法で、
A:だから、短棒のほうが そういう意味では どうこうしてやろうと
  意識が無いわけです。
Q:素直ですね?
A:素直なわけです。それと絶対に攻めてこない。でも、芯があるのは 
  短棒です。

@だから、如何に握ったらダメかということ。握ると こうなる。
@だから、相手にくれてやる。   バーン!

Q:手を上げるようで、実は 触れているだけなのですね?
A:芯を意識している。だから、意識的に言えば、近くなってしまう
  から、そこ 動かないから その次を動かしてやる。これで、
  歪が そっちへ落ちていく。それで ずれていく。
  だから、握ったら カタチが決まってしまう。相手の反応に
  合わせて、これを通した中心は、

@それと、モノを持ってやったり、だから、今度は剣の反りとか、
 厚みの違いのあるものに任せてしまって、身体を また それと
 同じように使いこなす。
@ちょっと 何かを持って やってみてください。

<指導5:杖をお互いの肩、丹田にて保持した状態から
                    体内操作で押し崩す>

@どうこう しようというよりも、どう伝わるかを感じてほしい。

<個別指導>
@それで、これが  ここ  それプラス その攻めと  を
 ベクトルで一緒にしていくということですね。
@ところが、こっちだけでは いかない。ここがきて 初めて 
 いくわけですね。

Q:先ほどの 後ろにあるといわれた、、、
A:いや、もう 一緒ですよ。そういうものがあると思うと。
Q:実際、あるのですね。

@これが こうなって、こう。だから 逆息のほうが ずれないで 
 ここだけ動かします。
@それプラス、これと、これと、これで こっちが ゆるいかなー、 
                        バーン!

@逆息で、ここで力、こういく。
@この微妙に、これと これとの この攻めがあって これがある
 というふうに。

@攻めながら、こっちが決まるわけです。視線が こっちへ 
 例えばずれると、もう しまい。
@こいつが 頑張っていて、ここへいくというところに これが
 くるのですよね。

@丹田どうしでも、これが  が締まって、肩の力が抜けて、
 ここが自由に動いて、ここに いくのではなくて むこうと 
 これとが この点で一致するというふうに。バーン!

@歪をとって、ここと 向こうへのベクトルが バーン!

@抜いて、肩の力を抜いて、視線が  むこうへ行くところへ 
 いかしたら                  バーン!

@こういう動きは、こういう感じですね。下がってしまうのです。
 相手の むこうへいって、これとこれが むこうで一致すると
 思えば        バーン!

                 (滋賀より参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-29 00:21 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第四十五回研究会稽古メモ

S代表からの第四十五回研究会の稽古メモです。

〈稽古メモ〉
1.両手首を持たれた状態から体内操作で返す
2.両手首を持った状態から体内操作で
崩す
3.短棒や杖をお互いの手、肩、丹田にて保持した状態から体内操作で押し崩す
4.鞘入りのままの刀で七刀
5.鞘入りのままの刀で足はそのままで
燕飛から猿廻まで

今回、前半は体術、道具を通じて、頭の先から足の裏までセンタリング呼吸法を行えるように身体の状態を整えるということ。後半は刀をあえて鞘入りのまま使い重さに連れ添うことで刀と身体の一致(躰中剣、剣中躰)を感じる稽古を致しました。身体のバランスの移り変わりを丁寧に“カン”じていくしかないという大基本に戻る良い稽古でした。
本日も暑い中ご指導頂きました宗匠及びご参加頂いた皆様ありがとうございました。

世話役です。

今回の研究会前半の骨子は、握ることも握られることも同じだということです。
そこに剣の理合が合気に通じるところがあると思います。

本当に暑いなか研究会に参加頂きありがとうございました。



[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-16 07:06 | 研究会 | Comments(0)

YSさんの第四十四回研究会稽古メモ 英語版

合気観照塾東雲道場 
世話役  様

第四十四回研究会稽古メモです。
先生、並びに古参の方々のご叱正を賜れば幸甚です。

   記
The 44th workshop practice note

① The theme of this workshop was the word "Gankyo Bappai".
It is a way to expand the backbone gently and crosswise.
② In a standing posture, when enemy pushes both shoulders from
the back, it rebounds the enemy by using the Shoulder Aikido
which stretches the elbow.
③ In a sitting posture, when enemy pushes both shoulders from
the front, it breaks enemy to the left and right by using the
Shoulder Aikido.
④ In a sitting posture, when enemy pushes both shoulders from
the front, grip the enemy's forearm lightly and splash the
enemy by using the Shoulder Aikido.
⑤ In a sitting posture, when enemy pushes both shoulders from
the front, put the palm around the enemy's upper arm and
repel the enemy.
⑥ In a sitting posture, when enemy grips both wrists from the
front, it stretches out like a pair of palms are fitted
together, and reverses the enemy to the left and right while
inverting the palm of the hand.
⑦ In a sitting posture, when enemy grips both wrists from the
front, it breaks down the enemy while taking off both wrists
toward the enemy's.

~Break~

? Using the bag bamboo sword and practicing Tengusho of swing.
? Have the opponent hold the bag bamboo sword horizontally.
This is called a sword stick.
In the posture of Raito, strike down the bag bamboo sword against
the sword stick of the other. Then, put the bag Bamboo sword on
the other sword stick to break the opponent.
? Using the bag bamboo sword and practicing Shitsuraito of swing.
? Using Iaido sword and practicing seven kinds of swing

The theme of this workshop was the word "Bappai". While doing the
teaching which Sensei always said, we did Jiu-jitsu that can throw
but not dare to throw, swordsmanship that can shake but does not shake.

Stand up the neck.
Extract useless power from the body.
Loosen your back and stretch it.
Then, tell the force from the pelvis and lower body to the contact
point.

Please repeatedly remember what you learned at this workshop and
practice yourself.
And create such a body that you can use Jiu-jitsu can throw but not
dare to throw、and swordsmanship that can shake but does not shake
at any time.




[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-04 08:34 | 英語版YSさんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第四十四回研究会稽古メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「剣中体・体中剣」の指導を受けた。
      (第四十四回研究会)
   期日:2017年7月09日(日)13時~

<指導1:陰と影について>
@だから、この日陰の陰というのは、ある一定の陰になっている動き。
@だから、相手に合わせて動く。
@だから、影が先に動くことは無いわけです。
@相手に合わせて動くという転(マロバシ)的な影の部分も含まれている
 はずです。
@それを もっと大きな影にしたのは、只のカゲじゃない、という事を
 示している。
@そういうところが 一つの文字で表しているのではないか。

@だから、カゲが間違いではなく、そういう風にあるのではないか 
 という。
@だから、もとが インの陰流。陰の陰流を語って新陰流を作っている
 のです。
@だから あのカゲ(影)を使うということは この時には無いわけ
 です。
@あのカゲ(影)を使っているのは、直心影流。
 Q:新ではなくて 心ですね?
 A:新しい陰流ではないのです。
@その辺がね。だから、結局は 他の流派のをまとめて作ったのが、
 九箇と言われている。

<指導2:天狗抄について>
@もとは 型の名前が「天狗の名前」だった。
@天狗に羽が生えて、それが伝書集に載っている。
@天狗が戦っている。これが 元々の天狗抄の名前の由来である。
@「ホーイン房」。
 結局は「猿廻」と一緒です。相手がきたのにつれて 勝ったり
 するのです。けれども、そういう これカゲですよね。相手の
 くるのを真似して、あとから いって勝つ。そういう意味が
 含まれている。
@2番目が「風眼房(フーガンボー)」。
@「ガラン房」というのは 二刀なのです。相手が二刀なのです。
 私(先生)が習ったのは 普通に二刀打ちでした。
@「コンピラ房」というのは、二人相手ですから、その説明が
 抜刀術のコノテカシワと同じ。こっちで勝って、相手は猿廻
 なのです。

<指導3:剣中体について>
@今日、天狗抄をやろうと思った理由は、ホケンじゃなくて、
 私らが習ったのは、身体に付いたままなので、このまま倒れる
 のです。
@こうなっていると 勝てないですよね。
@要するに、肩の力が落ちて、   押さえる。
@それから、ここから ケンケンしながら こうやって勝つという 
 訳の分からないのがある。
@要は、やはり 身体から剣を離さない。だから「体中剣」であり、
 身体ごと剣があるという
 考え方に近い。
@それと「転打ち」だが、体中剣に近い。
@剣の中に身体を打ち込む「剣中体」というのは、要は「城郭勢」
 とか、下へ落としたり、
@「城郭勢」は「剣中体」。剣の中に体を蔵するのです。
@身近にある普通の城郭勢というのは、要するに「剣中体」なの
 です。
@でも、剣に隠れているけれども、そのまま落とせるので
 「体中剣」に近いのではないかな。

@そういうことの象徴的なのが天狗抄。
@肩の力を抜かないと
@だから 燕飛とか、天狗抄とかいうのが、そういうのを 
 ある種 集大成している。
@もちろん、大事なところを。
@それを 又 砕いて いろいろな型にしている。
@だから、それを合わせたら「猿廻」ですよとか、これが
 「コノテガシワ」みたいな
@だって、結局は 勝ち口は そんなにないのですよ。だから、
 勝ち口を覚えれば、直ぐに辞められるので 経営的には困る。

<指導3:体中剣について>
@剣中体と体中剣というものは、もともと「念流」がそうなのですが、
 田舎の剣法であって 農民がやっていた。
@そこに「ソクイヅケ」といって、身体が一つになって付いていく
 わけです。
@だから、体術的だといわれる。だから、体中剣という言葉ができた
 のだと思う。
@流派によっては、そういう考え方も違うし、新陰流なんかは、
 陰流から 上泉伊勢守が いろいろ考えて つくったわけです。
@無刀取りというのは、柳生石舟斎に公案として与えたものと
 言われている。
@それで、石舟斎はジョウイシントウ流という柔術もやっていたので、
 それを加味して「無刀取」をやったのではないか。無刀流とか 
 いくつか ある。
@そういう風に、伝書を読んでいくと、一番大事なのは勝ち口で、
 身勢で、それから転。
@それが大事だけれども、特に 身の近くに剣。そこに 身体の中
 に剣があるということで、結局は,フセギ(防ではない)ながら
 勝てるというのが、転である。
@転は随敵であり、これはカゲですよ。

<指導4:同じ手で3回負けた石舟斎>
@上泉伊勢守と立合った石舟斎は、三度試合をして 三度負けた。
@たぶん、カボクか、なにかで ハイ ご苦労さん!とやられた。
@そういう身体の使い方とか、発想が如何に大事か。形以上に 
 陰流が新陰流になって 又 変わっている。1600年以降は戦いが
 ないので。

<稽古:天狗抄>
@袋竹刀で やります。
@それで、一人は こう持ってもらって、大体は 右打ち、
 下からです。
@これを そのまま、
@天狗抄の場合、こう上げて そのまま こう受けていく。
@これが カトー、、、でやると、こんな感じになる。
@このままで こうやるという この違い。
@こうやった形が、踵を上げて 真っ直ぐにして そのまま
 お尻をキュッと上げて、そこから パーンといく。
@それで、このようなことをするか? と思っていたが、
 先ほど言った 肩の力を抜くまで する。
@それで、こうなってくると、止まるでしょう。パーン!
@ちょっと やってみてください。
              
      (滋賀より参加の初心者)


[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-04 08:23 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第四十四回研究会稽古メモ その1

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「含胸抜背」の指導を受けた。
      (第四十四回研究会)
   期日:2017年7月09日(日)13時~

<指導1:含胸抜背>
@開口一番、難しい単語が並んだ。
   含胸抜背(ガンキョウ バッパイ)
   空胸実腹(クウキョウ ジップク)
   開胸張肘(カイキョウ チョウチュウ)

@今日のテーマは「抜背(バッパイ)」です。緩めて、伸びなければ 話に
 ならない。これをメインでやる。
@「含胸抜背」とは、背骨を十字に伸びやかに広げる身法である。
@では、何故に「含胸抜背」を大事にしているか?
@初心者は 足だけ動いて 上体の動きが遅れるため 手振りになって
 しまう。
@太刀の打ち込みに身体が乗っていく「体捌き」を身につける必要がある。
@そのためには 峰と谷(当てる場所)を意識する必要がある。
@常に剣筋を峰から谷へ通す。そのため、谷へ結ぶ峰を想定する。

<指導2:共に正座、正面から両肩を押してくる相手の上腕辺りに手の平を
     当て付けて返す>
@前半の稽古は 刀を使わず、抜背を肩甲骨でやります。
@相手に両肩を掴まれたこの状態で、普通に 只 こう触っただけでは 
 絶対に、、
@ところが、首の位置が決まって、胸が開いて、首の位置が決まって、
 肘が張れて、肩甲骨が自由に決まる位置に 力を入れていく。
@すると、一緒に。
@別に一緒に繋がらなくても 手でも ある方が分かりやすい。手は
@下から上げていって、その張りで、そうです。ウワー!
@ちょっと やってみてください。

<指導3>
@先ず、何故 ここから始めるかというと、これが なっているという。
 そうですよね。
@こうすると、肩甲骨が落ちるわけです。
@ところが、これが ここまで来てしまうと 固まってしまう。ここでは
 落ちない。ここなら 自由に落ちるわけです。
@落ちる位置で上げておいて、峰の位置が決まったら 中が落ちて今度は
@そいつは  中の  だけです。
@これも 足を踏ん張ると 動かなくなる。
@それから、肩が開いてしまうと ガチガチになってしまう。
@胸を空。肩と肘を開いて シュットとやる。
@それで、    と肩甲骨が
@ここでは ならない。ここまで 未だ、張っていない。
@ここしか ない。ここなら、丹田と首とが一致して この間が自由に
 なる。  ウワー!

<指導4:共に正座、両手首を掴んできた相手を両手の平を合わせる
     ように前に伸ばし、手の平をひっくり返しながら自分の左右に
     相手を引き崩す>
@今度は、これが 相手の亜門の後ろ側を意識して そこへいく。
@ベターと触ってください。右が固い。
@それで、相手の触っている力を吸収して、丹田から入って、首の位置が
 決まって これが、下、真ん中、それから 亜門のところへ入れて行く。
@それで わりと ちゃんと押してくれているので、それを吸収して、
 胸を開いて、肩甲骨の位置が決まる。そこで 一体感ができる。
@それを この間で吸収して、上に上げる。首の後ろを入れる。ウワー!

<指導5>
@それで、肩が自由に動けば、
@逆に こうやってもっていくと、いかない。握りしめると。
@抜いて、自由に動くように この膝が。ウワー!

<指導6>
Q:接点に対して 脱力して 一体化?
A:もちろん。触っている中から 接点を生み出すのです、本当は。どこへ
 返せばよいのかという。触っているところで、右はここです。手の中心と。
 それを 只、形だけ真似しても、、
Q:どこに触れられても 接点?
A:それを 合気の、、というのです。3人ずつ組んでやってみてください。

<稽古1>
@手首を返して、肘を伸ばして、手首を動かす。
@わりと 相手の後ろの   して 両方で いったん 力を抜いて、
 足の裏から丹田へいって、丹田から亜門へ上げて、そこから 相手の
 亜門へポンと入れる。そういう感じです。

@一番感覚のない背中でやっておけば、あとはラクです。
@だから、胸と丹田で もうちょっと、
@肘、力を抜く。そうです。そこで、相手の亜門へ、そうです。
 そこへ ポンと入れていく。それ 下です。上から下から、ここから
 ここへ。
@そのまま ポンと後ろへ 倒れ込むように。
Q:あまり グネグネ動かすと 漏れますね?
A:漏れます。

<稽古2>
@きたやつを 吸収しておいて ここの中心を
@ね、ところが ここでやったら
@だから 瞬間  本当は 今の説明
@これで 付いた瞬間に いっとかなアカン。この中を。

<指導7:立位、後ろから両肩を押してくる相手への張肘からの
     肩合気ではね返す> 
@肩で         その中が 前と後ろ
@相手の後ろと 自分の後ろを一致させる。
@それが 真っ直ぐいったり、上がったり、
 こっちは         こっちは
@形ではないのです。腕立て。
@これも   腰が入って、これが寄って、開いて 上がる。
@これで楽になって、尚且つ、肩の中で 中心をこっちと こっち
@これで 中心軸が取れる。こっち
@こっちの方が   こっちを吸い込んでウワー!

<指導8>
@厚みが ここだけだと ペラペラなんです。
@この   こっちが こう動いて こう  ウワー!

<指導9:正座、正面から両肩を押してくる相手の前腕を軽く掴んで
     肩合気で返す> 
@今度は 座って、相手も座って、肩を持つ。
@これも、    これを  ウワー!
@くびれても アカンでしょう。
@これが この中が伸びて、これと これが ここで伸びて、これ、首の
 後ろを通して
@これが、ここで決まった状態で 力を抜いて シュッとやったときに 
 ここじゃない、ここへ。
@それで、これが入りながら、これが   だから 段階があるのです。
 1,2,3,4と いかないといけない。これは 本当は説明しては
 いけないのです。 企業秘密!  呵々!

@抜いて、一つになって、寄せて、攻めて、出来る限り懐の深い、丹田。
@ちょうど よいところで お尻からグッと上げて、ね!ウワー!

@アヤ。力を抜いて、肩を抜いて、丹田を伝って、、ウワー!

@一つになって、浮かせて、これ、ちょうどよい位置は ここしかない。
 要は   これは、                  ウワー!     
@確かに落ちるでしょう。
 
<指導10:正座、正面から両肩を押してくる相手へ肩合気で左右に崩す> 

@さっきは こういう場面でしたけれど、今度は もうこれだけで、こう 
                            ウワー!

<応用例:Sさんが警杖を立てて 両肘を張った状態で立っている>
@ちょっと 見てくさい。
@そこで 踵を上げて、背を伸ばして そーと 押していく。
@このままずっと立っているので、一番嫌なのは、これで 首に入れても 
 入らない。こっちも 入らない。こっち側もいかない。
@全部 アースされている。後ろから押しても 抜けられるし、前から
 押しても 抜けられる。
@立っている間 練習になる。
@こういう状態で立っているPマンには 近づかないほうがよい。
                 (皆で大笑い!)

              

[PR]



by shinonomeaiki | 2017-08-04 08:20 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧