合気観照塾東雲道場

第三十六回研究会稽古メモYSさんから その3

合気観照塾東雲道場 
世話役 様
   内容:K先生から「模擬刀を使った歩法」の指導を受けた。
     (第三十六回研究会)
   期日:2016年11月27日(日)14時~

<指導>
@模擬刀を使って 歩法で素振りをやりますが 振らない。真っ直ぐ中段。
@真っ直ぐ中段も この中を意識して、これで意識をしながらモノウチで
 意識で切る。
@それで ゆっくり これがゼロです。このとき こういかない。
@イチ、ゼロ、イチ、首の後ろでいつもバランス、こうなると落ちるのです。
@必ず ここを 端っこを持つのですけれど このときに踵は浮かない。
@このときに 骨盤がずーと 真っ直ぐに向いています。これが、 全然
 捻っていない。
@捻っていないのが だから 真っ直ぐ行っても そのまま、という感じ。
@ゆっくりやることによって 握り締めない 手の内の感覚を。
@そうすると、モノウチと手の平、きょうは特に手の平、それに指に力を
 入れない。
@それと、モノウチとアモン 甲頭骨の真ん中ぐらい バランスを取れる。
 一緒に突っ込んだら よい。それをやってみて下さい。

<稽古>
@真っ直ぐ中段。肩の力を抜く。肩甲骨が動くかどうか いつもチェック
 してください。
@肩甲骨を抜いてから 足を出す。
@踵は浮かさない。少々は浮くのですけれど。
@だから 新陰流は「手の内をかえるな」という。順番にもう、、、
@真っ直ぐ中段が終れば、次ぎは正面打ち

<指導>
@肘が、  です。それから 手首、これ大事、こうはいかない。これに
 合わせて 左手で「相架け」です。
@それを こう突っ込むのではなくて 腰が入って 壇中(つぼの名)が
 広がって、上に伸びて、モノウチを上げる。だから、これを このまま
 やると、この状態と同じなのです。
@この状態で こうやれば、何も問題はないのです。それで、こっちは
 引っ付く。
@ここは あまりモノウチを、、、
@ゆっくり やって下さい。それで、中を伸ばすようにしてモノウチを
 上げる。
@こうやって受けるのではなく、伸ばす。

<稽古>
@肩甲骨、肩甲骨、   ずらさない様に、あまり捻らないように、
@こちら側のときに こうなんです。真ん中がここなんです。だから 
 ここは余り動いていない。
@真ん中で止めて下さい。そうしたら モノウチが分る。
@気持ちとして 真ん中を、それが いつもあれば、手の内が下から 
 ここへこうくるわけです。
@それと もう一つは、これ、只、こうやっているのではなくて、
 相手の攻めを止める。そのときに もう ここに入れるのです。
@だから こういう感じで いっておいて バーンと取って、、、、、
 そういうモノなのです。これだけを こう なんとか やっている
 のではないのです。
@このときに きっちりと決まっているから 手が離せるのです。
@そういうふうに使える ということを 頭に焼き付けておいて
 下さい。

Q:相手が雷刀できたのを これで止めるのだと思っていましたが?
A:だから、、、、「無刀取り」とかにいけるのです。これが 
 刀でなくても 鍋の蓋でも良いわけです。
@これで 真っ直ぐ こう、、、。要は、こうなんです。これを 
 こう、これでは、、、ね。
 ところが この微妙な30度の角度になれば 止まるのです。
 それを こうやったら、もう崩されているのです。  ウァー!

Q:「角度30度で受ける」というのは?
A:だから それを造っているのです。それが「身勢つくり」と
  いうのです。
Q: これのこと なのですか?
A:私(先生)は そう 捉えたのですが。

@だから、   とか、これが伸びているから 良いのです。ところが
 これを、、、 これが こっちへいく角度も、こっちへいく角度も
 一緒なのです。 
@それが だから 今度は ここまで伸ばされない。これは 実は
 「相架け」なのです。
@でも 「相架け」までいかないから こうやって止める。すると、
 目の前にあるから ウォー!
 そういうことです。それの基本的な練習が「相架け流し」。
@それが 今度は このままでは相手が駄目なので 下がるところを
 、、、、という段取りなわけです。「相架け流し」、「相架け返し」
 というのは。
@だから「無刀取り」とかに繋がっていると思わないといけないのです。

Q:だから 30度なんですか?
A:それを ちゃんと これで造っておかないといけない。もう、
 これでは絶対に駄目ですよね。

@それと もう一つは、握り締める。もう 逆になる。
@それを ふぁーと持って、楽にして、 はい いらっしゃい! 
 (相手は)そら、いけー! 
 一瞬に ここに パーンと合わせているから 相手は浮く。
 そこを だから合気なんです。 パーン

@だから、城郭勢で こうなっているけれども、それで このまま
 手でやるのではなくて腰で崩していくとか、    ウァー!
@型の中に そういうのがあるのですけれど 要は どんな角度でも 
 こうやったら負けるわけですよ。 パーン! ウァー!
@手でやっていないですよね。           ウァー!

@だから、そういうのに 身勢つくりが大事なのです。ところが、型を
 100いくつ覚えさせたら どれとどれが同じか、これの元はどれか、
@だから 最初のモノほど そのー 体内とか刃筋の大事なはずなのです。
 それを ばらして造ったのが これ(観照塾の剣術メニュー)なのです。

           --- 日誌364へ続く ---




[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-18 11:16 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十七回研究会稽古メモ

S代表からの研究会稽古メモです。

〈稽古メモ〉
確実に日々寒さが増しておりますが、宗匠並びにご参加頂いた皆様のお陰で今回も楽しく充実した稽古が出来ました。ありがとうございました。

今回の内容はいつもの剣術稽古メニューと同じですが、バンバン打ちあったりするようないかにもやりました的な稽古ではありませんでした。その分丁寧に繊細に自分と相手の状態を感じとり、今この時しかない!という瞬間を捉える為の、無駄な力を使わない身体の創りとそれを維持し続ける集中力の必要な稽古でした。
宗匠の言われる「金太郎飴」の稽古を皆で有り難く頂戴致しました。

①横にした警杖に木刀にて正面打ち、正面廻し打ち(上・中・下段・ランダム)
※刀は打ち込まず添えるように落ちるだけ。降りてきた両手は鳩尾の高さを維持、高さの調節は股関節の角度で行う。

②袋撓にて中段の位置にある相手の剣先に正面打ち
※力まず、①の感覚と同じように行う

③袋撓にて合し打ち
※①②の感覚を保ったまま行う。

④袋撓にて転身打ち
※横にパッと移動して打つのではなく、③から鍔の幅だけ踏み込む位置が横に変わりその分だけほんの少し太刀筋が変わる。立て替える。

⑤木刀にて疾雷刀
※雷刀からきちんと準備を整えて、相手の手首にスッと付ける。接点から真っ直ぐに入ってゆく。横に押し込まない。

⑥木刀を相手の肩口に袈裟に添え、疾雷刀と同じ動きで崩す
※詰まるとつい力んで押し込んでしまうので⑤の感覚を忘れない

⑦袋撓にて相架け返し
※屋根の作り、刀の角度、肘、身体の向き等が整う位置を探す

⑧木刀にて上段捩り込み、中段捩り込み
※身勢を整え、力まず、相手の手首に添えた後は風が通り抜けるような感じで前へ

⑨木刀にて共に青岸から上太刀になるように前へ
※⑧と同じような感じで前へ進み、自然な流れで制してゆく

⑩青岸の手首を掴まれた状態から前へ
※剣を扱う体内操作と体を使う体内操作が同じであることを感じる。⑧⑨と同じ


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-13 08:16 | 研究会 | Comments(0)

YSさんから第三十六回研究会稽古メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「模擬刀で素振り」の指導を受けた。
     (第三十六回研究会)
   期日:2016年11月27日(日)14時~

<稽古(初心者への指導)>
@手首をこうやっている。逆です。こうやって上げる。逆です。
 ここ、ここ、こうです。そのとき 握らない。ペター!
@だから、ここを引っ付けていないから、ここで握ってしまう。
@そうではなくて ここで引っ付いていたら 別に こうやって
 差し上げているだけ。手の平で上げているだけ。
@手首、下ろして、肘が違う、そのまま肩甲骨を動かす、ここを
 こう動かす、寄せて上げる。肩の力を抜いて、寄せて上げる、
 ぶらさない、寄せて上げる、
@それで 肩の力を抜いて ヒューと下ろしていけば良い。ほら!
@だから 変なところへ力を入れると 肩甲骨が動かなくなる。

<指導6>
@それの一番シンプルな練習が 疾雷刀と、肘がこっちへいくの
 ではなく、 前に出て、上がって、  このまま、 
@それで これだけ こっちへいったり こっちへいったりする
 のを 自分で手の平と指先でセーブして、これで上げるのでは
 なく、腰でこう付けて 上げると 吸って、緩めて、ウーン! 
@それで こう落ちてくるのではなくて こう落ちてくるのを 
 ここで ズーーと、
@もう全く振るのではなくて、この軌跡を、落ちてくる必然性を。
@これは  ですね。 ちょっと こっちへいったときに落ちて
 くる。
@それで、上げるときは、手で上げないで、こっちで上げている
 から そのまま ピューと上がっていく。 
 それが ヒュッ! ヒュッ! ヒュッ! になってくるわけです。
@腕の力を使っていない。速くやる必要はない。ゆっくりとやって、
 首の後ろと肩でバランスをとる。 

<稽古>
@手の平を ペターと 刀に引っ付けて。
@楽でしょう。全然 腕の力が要らないでしょう。
@肘の位置を外へやらないで そのまま肘を上げるとすごく楽です。
@肘を張ると手が浮いてしまう。ここに付けておいて 肘を少し
 前にやると 後ろにいったとき 楽になります。
@ところが こっちへいくと手の平が浮いてきます。すると 肘が
 前で上がると 送るのが勝手に上がるから、呼吸が楽になる。
@それから、首を前にやって振るのではなくて、要は居合いなどで、
 変に後ろにバーンと振る人がいるが、ずーとバランスが取れていたら 
 後ろよりも ここでバランスをとる。ここでバランスをとる。
 こうではない。

<稽古(初心者への指導)>
@右手、握り過ぎ。肘が伸びて右手がこうなっている。そうではなくて、
 こうなっている。ここが意識で無くなって こっちの方が そーです。
 もうあまり握ってはいけない、ベター。支えるだけ。下から押し上げる。
@(剣が)上にいったとき、皆、外していて 左の薬指と右手の小指球で
 押し上げておれば 絶対に(剣は)落ちない。
@右手の小指球の方で 押し上げて下さい。
@それで、左手の薬指で引っ掛けているだけです。もちろん、小指球は
 ペターと できるだけ 引っ付けている。

<柳生拵えについて>
@(剣が)落ちないように こういう抵抗で。それとネツケのところで 
 ちょっと引っ掛ける。そっちを意識し過ぎると 肩に力が入る。
 ですから、手の平だけを意識する。そのためには「柳生拵え」といって 
 逆さまに 手の平に、、 手の平の意識をよくするためと 私(先生)
 は思っている。だから 指先で握るのではなくて、手の平をきちんと
 意識して。 右手と左手を 例えば、
@柳生レンヤサイが自分用に作った。
@「柳生拵え」は、手の平の中にくるようになっている。
@皆のは「逆さま」です。発注した人が「逆さま」が好きなのです。
 私のは「普通」です。
@手の平の中に これがくるようになっている。だから ここは手を
 逆さまにしたらよいと思って、
@世話役さんが その方が手の平のアンバイがよいから こっちに力を
 入れないでしょう。
@私(先生)の最初のは、「柳生拵えの逆さま」のを使っていたが、
 「普通」の方が楽だし、 、、、
 只、手の平の感覚は 本当は分りやすい。それは逆なのです、
 「普通」からいうと。
@道具は全て意味があるのです。大きさ、重さ、刀とのバランス。
@そういうことをやったら 真剣とか、模擬刀でやる方が身体は分かり
 やすいので、こういうことを ずーとしておかないといけないのです。
@次に 模擬刀を使って 歩法で素振りをやります。

          --- 日誌363へ続く ---

[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-13 08:11 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第三十六回研究会稽古メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「肩甲骨を自由に動かす」指導を受けた。
      (第三十六回研究会)
   期日:2016年11月27日(日)14時~

<指導1>
@今日は「肩甲骨を自由に動かす」をテーマにしてやります。
@肩甲骨を動かすのに、骨盤と後頭部が大事になる。
@それと、指先の緊張というのが すごく肩甲骨に影響している。
@だから、肩甲骨が動かなかったら それが どういうふうに影響
 しているのか分らない。
@それで、「肩甲骨が動く」というのをテーマに選んだ。

<指導2>
 携帯用の枕を道場の床に置いて 床に仰向けに寝る。
@顎をこの辺りにして、この感じ。
@顎が上がってくるということは 背中が丸まっているということ
 です。
@で 甲頭骨で
@但し、足の膝を曲げて、そうっと浮かして、肩の力を抜いて、、
@そのときに これ(枕)が動いて首の下に入る。こうなったら 
 顎が上がる。顎が上がると、例えば、こういうふうに剣を振って
 みても、。 
@股関節を上手く使って  そこを楽に動かしてみて下さい。
 鼠渓部を もっと楽に。 ウーン!
@位置がすごく大事なのです。それプラス 肩の力を抜いていない
 から
@ここの顎と甲頭骨の があって ここを動かす。肩甲骨を中に
 入れる。こうやってブリッジさせて 尾骨と一致させる。肩甲骨
 をこうやっておいて、中に入れて、そこで力を抜いて、 する。
@もう一回、肩を浮かして 頭を そうー、肩を離す。
@そのまま そうーと、そのとき 首は真っ直ぐになって 甲頭骨
 と肩甲骨、これで振ってみて下さい。すると股関節と一緒に動く。
@それで 顎が上がると 枕がこの方へいってしまう。だから、
 きっちり押さえておかないと ずれる。ここで きちっと押さ
 えておけば 首の位置が決まる。すると、肩甲骨が自由になる。
@これで股関節が動きやすい。それと、腕も この後ろから、 
 これで今 ここでもう動かすと この中に入っていく。
@首の入れ、こんな感じ。
@腕の後ろ、背中を丸めて 腕の後側へ、、
@もっと この、、を締めて そう、そうするとすごい楽になる。
Q:どうですか? 肩の感じ。
A:楽です。
@だから 本当に首の位置がいかに大事かということです。
 それプラス ちょっと座って下さい。

<指導3>
@大きいモノ、重たいモノを持つと 両手で握り締めるのです。
@左手を直角にして、この小指球と小指球とを こう 指先で
 押してみて下さい。これで肩甲骨を動かす。右の肩甲骨を
 動かす。左の肩甲骨を動かす。
@今度は 手のここで 動かします。動き方が違うでしょう。
@指先を ぎゅーと握ってしまうと、肩甲骨が動かない。
@だから、別の手でやるのも そうなんですけれど、こうやって
 老宮と老宮を合わせて、(プー、プー、鳴らせて)これくらい
 の感じで ここをしっかりと押さえておく。すると肩甲骨が
 動くのです。
@ところが こうやって ぴんと指をこう持って固めたら、
 肩甲骨は殆ど動かない。
@だから、モノを持つとか、指で押さえ過ぎたら 肩甲骨は動か
 ないから 軸の方も回転、、 にいかない。
@これで 体重を乗せるから 結局は ここをつぶしてしまう。
@だから、剣を振るときでも (剣を)握り締めないで ここで
 ベターと持って ここは裁くところだから、いつでも。
 指先と一緒です。足の指先と。
@そこで 吸って、緩めて、というふうに肩甲骨が自由に動く。
 剣を握り締めると 肩甲骨が動かない。
@自由になるところで、切るのではなく、ここでバランスを取り
 ながら 剣を降ろしていくのを今からやります。
 模擬刀を出して下さい。

<指導4>
@刀を抜いて、右足を少し前に出して、左手1本で持っても、
 このモンで 人差指で持つ。
@あまり  と 力が入る。  持たない。 すると、ちょうど 
 ここへ「柄」がきます。
@それで、中指、薬指で とめているから とまります。
@振らない。絶対に振らないで、この(刀)重みを感じて下さい。
@それで、右手を添えて、右手も中指,薬指がメインです。
@それで、剣先が落ちていったときは 小子球の方でとまって
 いるという そういうバランスです。
@これで、ゆっくり吸って、緩めて、肩の力を緩めて、吐いて
 いったら 肩甲骨が肩甲骨を動かす。
@手の中は動いています、常に。握り締めない。この「糸」を
 感じて下さい。「糸目」を。
@それで、どことどこで支えているか ということが大事です。
@吸って、緩めて、吐いて、その時に肩甲骨を動かして下さい。
 前後に、上下に。
@それから、肘、手首、指先。
@呼吸で吸って、上げて、肩の力を抜いて、ひゅーと(刀が)
 落ちていく。
@(剣を)上げるときも、手で上げないで、お腹で反るように、
 首を少し後ろへやったら(剣は)上がっていきます。
 それから 又、落ちていく。
@あまり 後ろに倒れるのではなくて、ここへ 丹田で標識を
 取るような感じで。
@それと、右手1本だけでも 軽く。握らなくても、それとその
 ときに首が前に出ていると 動きにくいです。とまります。
@左手1本の方が 何故重いかというと 距離が長いからです。
@丹田と こことで、拍子をとる。
@それから 肘を楽に前へ  で、別に突っ張ったり、曲げたり
 するというよりも、刀の重みに合わせて 少し戻ったり、少し
 廻ったりするものです。
@それを 今度は 丹田に力を入れて 雷刀。 左右に動かして、
 それで 左右に動かすことで 足の重心の取り方、首の位置、
 肩の位置、肩甲骨。
@だから、前に倒れるのではなくて、少し後ろへいって 疾雷刀
 にして 肩甲骨を寄せます。
@そこから 真上。肩の力を抜いたら こうです。「柄」の
 ところから 少し下へ落ちます。落ちた瞬間に すーと 
 モノウチが落ちてくる。そういう動きを やってみて下さい。
 自分で工夫をしながら できるだけ力を抜いて。

<稽古>
      --- 日誌362へ続く ---
[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-13 08:08 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十六回研究会稽古メモ

S代表からの研究会稽古メモです。
いつもありがとうございます。

以下本文

今回の稽古メモです。宜しくお願い致します
雨が降り冷え込みが少しずつ身に沁みてくる時期になってきました。今月もご指導頂いた宗匠はもちろん、ご参加頂いた皆様ありがとうございました。

今回のテーマは「首と肩甲骨」ということで、宗匠による首と肩甲骨の位置や関係、その有り様(よう)についての説明と実演、参加者の肩甲骨等の調整を行って頂いた後に観照塾の剣術メニューに基づき稽古致しました。
宗匠には毎回お話しや実演して頂いているのですが、手順や形ではなくそれを成立させる要素、身体の有り様、今迄稽古してきた様々な事柄との共通項を思い返しながら、「振らない剣術、投げない柔術」とは何かということを改めて考える稽古をつけて頂きました。

呼吸、首と肩甲骨、肘、手首、手の平、指等の有り様、関係に気を配りながら
1.無形~雷刀~ゆっくりと斬り落とし(その場)
2.疾雷刀(歩法付)
3.正面打ち(歩法付)
4.正面廻し打ち(歩法付)
5.袈裟廻し打ち(歩法付)
6.中段捩り込み(歩法付)
7.上段捩り込み(歩法付及び相対)
8.屋根を作る(歩法付)
9.相架け返し(歩法付)
10.相架け流し(歩法付)
11.足を捍(ふせ)ぐ 内側(相対)
12.足を捍(ふせ)ぐ 外側(相対)
13.順の城郭勢より相架け打ち落とし(相対)
※歩法付は模擬刀、相対は袋撓
[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-11-28 07:26 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧