合気観照塾東雲道場

YSさんからの第四十七回研究会稽古メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「刃筋が絶対に狂わない」指導を受けた。
      (第四十七回研究会)
   期日:2017年10月9日(月)13時~

<指導4:刃を上向き、下向きにして 刀を捧げ持つ>
@大きい、反りのあるものを持ってください。
@刃を上に向けて、親指と人差し指の間で 上に上げてください。
@バランスの取れるところを探して、吸って 緩めて 吐きます。
@手は前後。足は真っ直ぐから 少し中へ入れてください。薬指が真っ直ぐに
 なる様に。
@それで 肩を上に上げて 肘を少し前に出して。
@それを 少し降ろします。それで、吸って 緩めて 吐きます。こうです。
@それで 少し また 落ちます。吸って 喉の辺りまで 下げてください。
@そのときの 肩の感じ。

@逆に、今度は 刃を下に向けてください。上に上げて。
@吸って 緩めて 吐きます。そのまま 刃が下を向いている。
@このときに、刃が下を向いているのと、上を向いているのとで、吸って 
 緩めて 肩を緩めて吐きます。肩のゆるみ方は どうですか?

Q:肩にかかる荷重が違いますが?
A:そうです。ですから 刃が下を向いているほうが 肩を

@刃を上に向けると 肩の力が抜けないのです。だから こう持ったときの 
 肩の力を覚えておかないとダメなのです。
@すると 楽に振れる。
@この感じの肩で、刃が下に向いて落ちるとよいのです。
@たぶん、刃が上に向いた感じで 肩でロックさせて 振っても落ちて
 こないのです。
@今度は刃を下に向けて、首の前で 手、肘を少し曲げてください。
@吸って、肩の力を緩めて 落とす。3㎝~5㎝くらい 落ちます。

@また 吸って、首の後ろを伸ばして、肩の力を少し抜いて、丹田感覚、 
 もう少し足を寄せて 左に向ける。
@そうすると、膝だけで この重みが感じられるのです。
@そうです、だんだん 落ちていく。丹田のところで きっちりとくる
 ように肘の位置、首の位置、手首、手首がこうならない。手首はこっち
 へです。
@それで 指で引っ掛ける。手の平で下を向く。すると 肩の力が抜けます。
@それで 肩の力を抜いて 回してください。
@ゆっくり、丁寧に、ちょうど こう 丹田、恥骨くらいのところ。それで 
 前後左右。
@それで後ろに倒して、首の後ろを伸ばして 肩が少し浮いて、力を抜いて、 
 真ん中を
@股関節を感じなさい。
@基本的に 刀が上を向いているのか、下を向いているのかで違いを感じる。
@重みが こう落ちてくる。それから ちょっと見た感じ。
@もう 重みが落ちてきた状態で、全部、、、
@それで 手から上げてやって、息を吸い上げていったときに、右手が少し
 上がって、左手が少し落ちたら、キュッと上がってくるから そのまま
 両手で上げて、肩の力を抜いて、左手が落ちていって 右手が落ちていく。
@そのときに 微妙に指の中の感じ。それで 手首がこうならない。首を
 ちゃんと決まっている。
@すると ちゃんと 水が ザーと流れるくらいの角度になります。
@肩の力を抜いて。そうです。そのときに こうならない。こうなるのは 
 肩に力が入っているから。手首が決まっている。

@ここで 目の前に切っ先があって、肩の力を抜いて、少し落とします。
@それで、ここまで チラッと。それから とりあえず少し下になって 
 吸って 緩めて 吐きます。アヤを斬る。
@すると これだけなのです。刃筋は絶対に狂わない。剣のいくままです
 から。握っていないし。
@そうです。そのまま 真っ直ぐ。すると ちょっとこれをもっていったら
 歩法になるわけです。
@その場でやるなら「水車勢」の練習になります。そのまま 相手を打つ。
@それを ちょっと前に出すと「カボク」になる。この刃筋。
@だから、この位置から へこんでいるから 三角のへしゃげた感じが
 「カボク」です。
@いわゆる 直角三角形に近いのが「転身転」です。
@それで ちゃんと刃が下を向いた状態で、それで 肩の力が抜きやすい。
@振らない。落ちていくのを追いかける。極端に言うと、持って、手を離して、
 スポーンといく。
@ここまでは「引きと攻め」。ここから 落ちていくのを下で受けるだけ。
 極端に言えば。
@そういうことを考えると、肩に力が入らない。そうすると刃筋が狂いません。 
@そういうのは 模擬刀の方が 分かりやすい。
@だから 袋竹刀を持ってバンバンやっていると 永久にこういうことに気付か
 ない。
@この 肩の力が抜けたところで もう一回 先ほどの「引きと攻め」と左右の   
     をやってください。

          (滋賀より参加の初心者)


[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-10-19 21:17 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第四十七回研究会稽古メモ その1

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「バンバンしない稽古」の指導を受けた。
     (第四十七回研究会)
   期日:2017年10月9日(月)13時~

<指導1:資料「日本刀の変遷」より 読み聞かせ>
@室町時代後期には 刀の長さが短くなっている。2尺と少し。
@徒歩の集団戦が主流となり「槍」が普及。「刀」は補助、又は屋内での戦い用。
@5世の連也斎も、生涯に2度 刀を切り詰めている。最後は2尺をきった刀を
 使ったと言われている。
@安土桃山時代には 刀の厚みが厚くなっている。これは戦国時代の激しい戦と、
 海外から持ち込んだ強固な鎧に対応するため。
@安土桃山時代以前のものを「古刀」と呼び、以後のものを「新刀」と呼ぶ。
@江戸時代前期には、刀の反りが浅くなっている。反りの無い竹刀で「突く」
 のが影響。
@只、刀棒で持っても、突くのではなくて、必ず反りを合わせて「斬る」。
 突いてしまうと 筋肉が締まって 刀が抜けなくなる。

Q:江戸時代後期に 刀が長くなっているのは?
A:幕末、一番極端なのは 薩摩藩です。「薩摩拵え」というのは、真っ直ぐの 
  柄の長いやつ。それで 一発でバカンと倒すには、反りが要らない。
  逆に言えば 真っ直ぐの方が打撃力がある。

<指導2:刀を振らなくても刃筋が現れる>
@今、模擬刀を使って    をやっていますが、「三学円の太刀」の最初
 なんかは、こうなんですよね。 それで、刀の反りがあると、ここでコロン
 とひっくり返るのです。
@ところが、刀に反りが無ければ、コロンとこないのです。
@その違いを 体感してください。

<稽古1:模擬刀を使った指導>
@「車」の構えから、持ち上げるときに ここで 刀を握っていなければ、
 コロッと。ちょうど いいころです。
@どこで 刀が回転するかを 感じてください。
@ここを 気を付けて。ここです。ここで 刀がコロッと回転する。
@すると、刃筋が変わった瞬間に 打てます。
@そこ。すると 刃が回転して そのままいけるでしょう。

Q:今まで 気付かなかった。
A:刀に反りがあれば 違うということです。だから、同じことでも 考え方を
  変えないとダメですよ。
@だから、模擬刀で持つ。ちゃんとカーブのあるやつは、刃筋がどこで こう
 コロンとくるかな、というのが 分かるのです。

<稽古2:初心者への指導>
@首が落ちているからダメなのです。頭居です! 肘を曲げる!
@あー、速い! ゆっくりしないと 分からない。
@未だ 速い! ここで 直角です。これで水平!
@ここからです。ここ 手首を触ったら、、、、
@全然 回転しないでしょう! ぴたーと手に付いたまま。
@次に 反りのあるものを使ってください。
@ここから、この間で どこで コロンと変わるかです。
@ここから、肘だけ こうしたらよい。これで水平です。床に対して。
@ここから ほら、ここで動き出す!
@そうしたら そのまま 相手を斬れるのです。
@ところが、刀を握ってしまうと こうやって
@逆に ここで ひっくり返す。
@ここから この程度で コロンと返るのです。
@そうです。その時にこうやらないで ここからそのままずーと そうです。
@返ってくる。このまま。
@要は、手を ゴソゴソしないという事です。これが 一番速い。
@これが 出来れば なんでもできる。
@ここからです。息を吸いながら 肩を浮かして そうです。ジワジワジワ、
 ほら ここで刀が回転するわけです。

Q:これ、なぜ、回転するのですか?
A:刀に反りがあるからです! 
Q:そういうことですか。
A:だから いっているじゃないですか。棒をいくら触っても、

@刀を振り回したらアカンということですよ。「妙」が分からないという
 ことですよ!

Q:そういうことですか。そういう    が大事なのですね?
A:そうですよ。だって 道具が大事なんですよ。
Q:杖では
A:ジョウジョウ酌量の余地は無し!(皆で大笑い)

@手首が決めたままで、本当は動いていくと 刀は勝手にコロンといく。
 そして その瞬間に打っていける。
@もうちょっと 首の位置が、、、。
@綺麗に刀を持ち上げると それで ばっちりです。そうすると 見ていても
 綺麗でしょう!

@ここから余分なことをするには、だから こうやって こうやって雷刀に構えて、
@只、そこまでやると、肘も上がって 姿勢としては分かりやすいです。それが
 「三学円の太刀」 の一本目の練習になるのです。

Q:(刀が回転するポイント)ここですよ! これですよ!
A:そうです。そうです。よく分かりましたね!
  それで 手首でやらない。肘でやる。招き猫じゃないんだから (大笑い)
Q:刀の反り というのは 不思議ですね?
A:だから それに気付かないのが不思議なのですよ。刀があって、時代によって
  違うのだから。
Q:よく 考えたものですね?
A:やはり 凄いですよ。

@この木刀は反りが無いが、上と下はあるのです、重みが。 慣れるとそうなん
 ですが、結構 ここで回転するのです。だから「クネリ打ち」ができやすい。
 私(K先生)は これでクネリ打ちの練習をした。最初は 意味が全然分から
 なかった。しかし、これは 真っ直ぐだけれどもクネリ打ちができる。

<指導3:籠手を着けて〝みすむ“の指導>
@今度は 籠手を着けてやります。バンバン叩くのではなく、刃筋を分かるために。
@これをやっておかないと、皆はバンバンしたがる。バンバンした途端に固まるから。
@それと、真っ直ぐのものと、反りがあるものとは 使い方が違っている。
@反りの凄さを知るため、私(K先生)は 少し長めの刀(真剣)で練習をした。

@〝みすむ“という言葉があるのです。さんかく。みすむ。
@これね、二辺の和は 他の一辺より長いのです。
@だから、一番 長い辺を外して、自分の身体とエモノで三角形を作れば 勝てる
 のです。
@とりあえず三角形を作る。そうしたら、今度は こっち側がこれを外したら良い
 わけです。
@これ、燕飛の最初の練習でしょ。だからこれだけでよいわけです。それと歩法で、

@だから、中心でこう取っても、「車」に構えておいて 相手に〝さあ おいで!“と
 言って、ちょうどいい位置に左足を出して 三角形を身体と刀で作ればよいわけです

 すると勝てるわけです。特に これは長いから 余裕がある。

Q:一瞬ですね!
A:一瞬です。〝ご苦労さん!“って。 だから バタバタしない。

@ところが、私ら(K先生)は バタバタするしか 習っていないのです。
@それで オカシイと思ったわけです。
@だから、皆には バタバタさせないのです。
@やってみてください。

<稽古3:〝みすむ“の体感>
@それで、ここへ当たる、自分のエモノが当たる位置まで 足が出ればよいわけです。
@しかも〝さあ おいで!“と言って 行きかけた瞬間に〝はい、ご苦労さん!”。
 そういうことです。

@だから、どこを打つかという意識が無ければ 話にならない。
@そうです。すると 当たるのです。だから、これで「転身転(てんしんまろばし)」
 というのが、これと相手の三角なのです。
@「カボク」というのは、今度は もうちょっと こっちが長くなるわけです。平行に
 近くなる。三角がひしゃがるわけです。
@相手の肩幅くらいで 本当は 相手に直角三角形を作るわけです。
@それで、「カボク」は これが直角ではない。
 
       (滋賀より参加の初心者)


[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-10-19 21:14 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんの姿勢  その3

後ろからです。
c0321318_12494349.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-10-13 12:43 | 意義 | Comments(0)

YSさんの姿勢 その2

c0321318_10141600.jpg
YSさんの姿勢 その2

 横からの姿勢です。

 前々回掲載の
   神像にて
の姿勢に似ています。

 丹田から唖門、百会の繋がりが美しく、背中、命門が虚になっていません。

 尾骨を反らせる人が散見されますが、尾骨を反らせるのは良くないと感じます。

 尾骨が反るのと、反らせるのは違います。

 ちなみに日本刀の反りは、刀匠が鍛錬の過程で計算し、火の熱によって刀が反った状態であり、刀匠が反った形状を形取ったものではありません。

 横からみても素晴らしいと思います。
 いつでも抜刀出来そうです。


[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-10-13 10:13 | 意義 | Comments(0)

YSさんの姿勢

YSさんの姿勢

東雲道場の初まり以来、4年前から研究会、稽古に参加頂いている
   YSさんの立ち姿
です。

本当にすばらしいと思います。

踵、膝、鼠径部、丹田、命門、腹直筋、横隔膜、壇中、唖門、百会

と整っています。

この整いを崩さずに、歩くためには、宗匠がつくられた
c0321318_10012388.jpg

   鉄球運びからなる歩法
を使わなければ歩けません。

これが術理です。

 歩法の術理無くして、抜刀、刀法をいくら稽古しても、
   炒った豆を畑に蒔くようなもの
です。
 根本から間違っています。
 炒った豆は、畑に蒔かずに食べるもので、食べれば終わりです。
 生の豆は畑に蒔けば、無限の収穫を未来に期待出来るのですが、多くの武術家は目先の炒った豆に目が眩むのです。

 YSさんは、後期高齢者をとうに過ぎた年齢ですが、毎月研究会に参加し、自分の子供や孫の年齢の参加者ととも真摯に稽古に挑まれています。

 その成果が立ち姿に現れましたね。

 どうかこれからも術理を探求して下さい!

 
[PR]



# by shinonomeaiki | 2017-10-13 09:59 | 意義 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

第五十回研究会稽古メモ
at 2018-01-09 21:20
第四十九回研究会
at 2017-12-23 23:48
YSさんからの英訳 老化する..
at 2017-12-02 11:59
実用の美
at 2017-12-02 11:49
第四十八回研究会稽古メモ  ..
at 2017-11-26 21:13

外部リンク

ファン

ブログジャンル