合気観照塾東雲道場

第三十七回研究会稽古メモYSさんから その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「相対稽古まとめ2」の指導を受けた。
     (第三十七回研究会)
   期日:2016年12月11日(日)13時~

「合し打ちの応用」
<指導7>
@今のは、真っ直ぐに打ってくるのに対して 真っ直ぐに打ち返していた。
@次は、真っ直ぐに打ってくるのに対して 少しだけずれて手の甲を打つ。
 これを「転身マロバシ」という。
@この分だけ ずれて、この分だけ 手に当る。
@思いきり 打たないで フアーと落として欲しい。

@これの 例えばこう持って 反対の「斬釘載鉄」になってくるわけです。
@所謂、下段・カッキン、、、はい、ご苦労さん

@足が 今度 こちらへ向けば 「猿廻」になるわけです。

@だから、本当に どちらへ打つか だけなのです。
@只、こちらから こうくる。 それなら こう向くか、こう向くかだけ
 なのです。
 こちら側は これが「転身マロバシ」。
 そのまま 凹んでくると 「和卜」。

@そういうことで、大層に形の稽古をやるが、大事なのは「カチクチ」
 だけです。
@「転身マロバシ」を切ったくらいで、手を ヒュッと 押さえる。
 「和卜」的に一回使ってみて下さい。

<転身マロバシ打ちの指導>
@ギリギリまで辛抱する。
@それで、フアーとよいから このまま ラインをここへ入るだけ。
@ほら、10cm以上 離れている。
@だから これ ほとんど 真ん中なのです。
@先ず、真っ直ぐにやる。この違いだけ なのです。
@これ、真っ直ぐに。ここだけ、正に これだけ。
@肩の幅だけ。

@もう 斜めに動いているのです。違うのです。真っ直ぐ こう。
@そうです、こんなもんです。
@先ず 人中路を踏んで下さい。これが「合し打ち」です。
@その分なら、この足を ここへ上げるだけです、右足を。そうです。
 非常にシンプルです。
@だから 今は転身しなくて良い。身体がこうなると もう、、、。
@歩法の「球送り」です。

@この分だけ、ほんの少し、ほんの足の幅くらい、相手の足のところを
 踏めるくらい、、。
@普通に真っ直ぐ来ると、これ「人中路」ですね。このライン、その
 くらい、足の幅、

@身体が 未だ 中途半端だ! このくらい。
@これが 二辺として 三角形だ!
@三角形の二辺の和は 他の一辺よりも長い。
@こっちへ出る、ということは 二辺になる。1辺にしたいところへ
 この差は大事ですけれども、時間の和は長い。

@だから 相手に立つくらいにいけ!と 昔 O先生が言われた。
 逃げたら駄目なのです。 勇 引く気持ちには相手に付け込まれる。
@ここに一直線。羽目板がどんでん返しになるだけです。
@だから、中心があって、どんでん返しになるのは、中心が少しだけ 
 こちらへいって どんでん返しになるだけ。 
 これ 中心(忠臣)蔵と一緒! (皆で大笑い)
@そういう気持ち、歩法の状態。

        ---- 日誌373に続く ----


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-26 06:22 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十七回研究会稽古メモYSさんから その1

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「相対稽古まとめ」の指導を受けた。
     (第三十七回研究会)
   期日:2016年12月11日(日)13時~

「正面打ち、正面廻し打ち、合し打ち」
<指導1>
@横にした警杖に 木刀で正面打ちをしますが 音をさせない。音の
 しない稽古をします。
@だから、やった感のない稽古をします。
@これが「真ん中」、横隔膜。
@これも 要は上段、下げて横隔膜(中段)。
@そうすれば、刀を持った角度はそのままで、ここ(横にした警杖)に
 いっているだけなのです。
@もっと下にくると下段。
@打点が上段でも、中段でも、下段でも 刀を持った角度はそのままと
 いう練習をやって下さい。
@それで、なるべく「ワケメ」を意識できるように 刀を動かしてみて
 下さい。
@バンバン やらない。

<指導2>
@要は 手を離すくらいで 刀が落ちていくのに合って(手が)落ちて
 いくという。
@首の後ろを きっちりと伸ばして、丹田を決めて、肩の力を抜いて、
 落とすだけです。
 バンバン やらないということです。
@手の持ち方 自分で工夫する。

<指導3>
@慣れてきたら、 横にした警杖を 押して、グッと下に押さえてみて
 下さい。そのときに 肩に力が入っていなければ 正解です。

Q(初心者):完全に入っています!(大笑い)
A:だから、股関節で くっと 落としていくという、後で「折り敷き」
  でやります。
@首の後ろを意識して下さい。

Q(初心者):刀が下がると、肩に力が入りますが?
A:背中を曲げているからです。

@停止すると、モーメントが 大きいままいけるでしょう。こうやると 
 アーチになって 力が 通らない。
@下にいくときに どうしても手で打つと、これで こうですよね。
 ちょっと背中を丸めてみて下さい。そうすると、肩に力が入って 
 そっちの力が要らない。これが 背中が 真っ直ぐだと、この
 モーメントで相手を打つ。そういう事なのです。分りますか?
 だから 背中を丸めては駄目なのです。モーメントが長く使う方が 
 力がでるわけです。
@但し、真ん中で。片方でやると 力が入ってしまう。
@丁寧に。 それから 少し(警杖を)押さえてみて 身体の中が
 繋がるのを感じて下さい。
 押さえることによって 自分の身体の中が繋がっていく。
 そういうことです。

<指導4>
@今度は、横にした警杖を「逆手」で持ってみて下さい。
@「折り敷き」、 下まで(下段)やっておくと すごい上が、、。
@1,2,3、(上段、中段、下段)

<指導5>
@そういうふうにして、もう順番(上段、中段、下段)を決めないで、
 いろいろな高さで、それに対応してどっちの足ででも切れるという。
@足を変えて下さい。 右足前、左足前、いろいろ やって下さい。

<指導6>
@相手の刀を受けるときは、ちゃんと 中を伸ばして受ける。
@高さ(上段、中段、下段)を変えても 中を伸ばして受ける。
@次は 吸込んで(相手の刀を)受ける。
@だから 受ける方も 只 受けるのではなくて、身体の使い方の
 練習をしながら やらないと もったいない。

<指導6>
@次に 袋竹刀を使って「合し打ち」をやります。
@雷刀から この辺まで。ちょうど 当てやすい位置。
@その辺まで来たときに だから こう 当ててくるだけで。 
 これをやったのです、今迄。
@別に、当てようとか、何とかしようとか 全く思っていません。
@それで、雷刀から こんど来たときに ここに当てるという、。
@別に ちゃんと当って止まらなくても 当って、合って、真ん中
 を取れれば言い分けです。
@あまり 最初にバンバンと打とうとしないで 来たのを、、、
 それで 手は握っていないです、このような感じです。
@そういうことを 今、木刀で軽くやっていたので、合し打ちを
 やってみて下さい。
@最初に ちゃんと ここへ当てるのですよ というのを、、。
@こっちも 別に そんなに 一生懸命に握っていない。
@今までやってきたから すごく簡単に(剣が)当ります。 
 当てようと思わなくても当るし、意識は 相手にちゃんといって
 いる。 はい やってみて下さい。

       ---- 日誌372に続く ----


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-26 06:19 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十六回研究会稽古メモYSさんから その4

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「袋竹刀を使った一打三足」の指導を受けた。
     (第三十六回研究会)
   期日:2016年11月27日(日)14時~

<指導>
@次は 袋竹刀を使います。
@雷刀に構えて、先程の「肩甲骨がこう寄る」状態で 吸って、上げて、 
 緩めて、指を離すと いう感じですね。それで、雷刀に構えて下さい。
@吸って、緩めたときに ポン!。 それでパーンと当てない。当てると
 握っていくので。
@距離も 最初は少し近い目で。肩の力を抜いたら 今度は後ろへいった
 分だけ足を上げる。
@足が 真っ直ぐ来るのではなく、こちらは少し横へいって こちらの 
 しかも真っ直ぐ、それから一打三足。
@吸って、緩めて、1,2,3、でそのまま止まらないで 相手が動く
 か どうかです。
@反対にします。右足が前、上げて、下ろすときは 少し こうずれたら
 駄目。このまま いきながら 少しいったら 道が空いて、  オー!
@その辺りを 2人1組で 練習をして下さい。

<稽古>
@立て過ぎるんですよ。要は このまま ずーといったら ここ。そのまま 
 出れば、ずれていく。ところが、これが 少しずれると、もー。ここ。 
 ピン、スカーンという その合う位置というのが大事です。
@当てて、そこへいかないと駄目。だから 最初 これが ある位置にくる
 まで こっちを造っていあかんとアカンわけですよ。要は。
@それで、受ける方は、少し止めてあげて下さい。バーンと打たないから。
@この角度、付ける、もう少し前、寄せて そう、ここまで来て この角度
 で入って、後ろ足を寄せて、そこから前足を出す。一打三足で。ソクイで。
 だから この角度がすごく大事なのです。
@あまり 雷刀で高く上げない。受ける方は 少し下へ持たれるくらいに
 持ってあげる。持ち上げるくらい。
@当てたときに 中心にくる。そういう感覚を養っていく。バンバンやって
 も 意味が無い。

<初心者への丁寧な指導>
@腹に聞く! これ行き過ぎ、これ手前過ぎ、ここ、上、真ん中、下、上、
 ここでそのまま 走っていく、そう、
Q:ここに「合気観照の図」の腹に聞くがあったのですね?
A:そこしか 無いのです。
Q:この時に ここへ聞けばよいのですね。
A:そう、そんなに大きく動かなくても良い。今は 分かるようにやった
  ので。ここしかない、という感じでいけば良いのです。
Q:なるほど。
A:もう これ お腹に力が入るのは ここしかないのです。
Q:入った瞬間に 分るのですね?
A:だから それから 本当は入った瞬間に もうここで いくんですよ。
  だから 叩く前に するのです。
Q:叩かなくても
A:だから、叩いたら 逆に分らなくなる。
Q:この瞬間に 分るのですね?
A:そうです。
Q:それが「腹に聞く」なんですね。
A:それと あまり身体を丸く動かさない。身体が丸まるから下がって
  しまう。ここ決めたまま、肩だけ力を抜く。肩の力を抜いたら 
  いくところへいくのです。肩の力を抜いて、上げて、ここで
  「さようなら」するのです。力を入れたままで いくら捜して
  も駄目。
Q:そこがポイントなのですね、、、。

@それと、もう慣れてくると そんなに こういかなくても、これから 
 合わせて ちょっとずれると もう違う。
@「そういう位置へいく自分を造っていく」というのが大切である。

<指導>
@全く同じ雷刀に構えて、真っ直ぐ こういきます。そのまま吸って、
 上げたら 同じこと。 只、これは 間違って顔を、、、
@これも だから 根底のところから 歩かせて、このままずーと
 いって、次に ここにきたら いいのです。
@ところが それが 慌てて 前傾して こういってしまうと、、、
 いかない。
@だから、余計にこういうときは 一端 丹田にこうやって それは
 真っ直ぐ この角度で そのまま ヒューて入っていって 打つと
 いうのが大事なのです。

@これ下段といいます。これがこうきたら 逆に城郭勢、ここから
 直ぐ打ったら 下段。
@それで「ここへいくよ」 という感じでやりながら、相手の手のところ
 へ しゅーと持っていく。すると、ものすごく 楽にいける。
@ここから 中段捻り込み、とか 疾雷刀でいくと 分かりやすい。
@只、疾雷刀のほうが 身体を造るのにいい。
@只、良い位置を分るのには 下段のまま このまま しゅーと入る
 方が分かりやすい。
@何の作為も持たない。ところが これを、、という気になると もう 
 ずれている。

<感想>
K先生の指導の言葉を 初心者なりに整理してみると、
1. 腹に聞く! 
2. もう これ お腹に力が入るのは ここしかないのです。
3. そこしか 無いのです。
4. ここしかない、という感じでいけば良いのです。
5. ここ決めたまま、肩だけ力を抜く。肩の力を抜いたら いくところへ
  いくのです。
6. ここ。そのまま 出れば、ずれていく。
7. ここ。 ピン、スカーンという その合う位置というのが大事です。
8. 当てて、そこへいかないと駄目。
9. 力を入れたままで いくら捜しても駄目。
10. そういう位置へいく自分を造っていく というのが大切である。

「ヤネつくり、一打三足」の指導に悪戦苦闘しながらの稽古でした。
                 (滋賀より参加の初心者)



[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-18 11:22 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十六回研究会稽古メモYSさんから その3

合気観照塾東雲道場 
世話役 様
   内容:K先生から「模擬刀を使った歩法」の指導を受けた。
     (第三十六回研究会)
   期日:2016年11月27日(日)14時~

<指導>
@模擬刀を使って 歩法で素振りをやりますが 振らない。真っ直ぐ中段。
@真っ直ぐ中段も この中を意識して、これで意識をしながらモノウチで
 意識で切る。
@それで ゆっくり これがゼロです。このとき こういかない。
@イチ、ゼロ、イチ、首の後ろでいつもバランス、こうなると落ちるのです。
@必ず ここを 端っこを持つのですけれど このときに踵は浮かない。
@このときに 骨盤がずーと 真っ直ぐに向いています。これが、 全然
 捻っていない。
@捻っていないのが だから 真っ直ぐ行っても そのまま、という感じ。
@ゆっくりやることによって 握り締めない 手の内の感覚を。
@そうすると、モノウチと手の平、きょうは特に手の平、それに指に力を
 入れない。
@それと、モノウチとアモン 甲頭骨の真ん中ぐらい バランスを取れる。
 一緒に突っ込んだら よい。それをやってみて下さい。

<稽古>
@真っ直ぐ中段。肩の力を抜く。肩甲骨が動くかどうか いつもチェック
 してください。
@肩甲骨を抜いてから 足を出す。
@踵は浮かさない。少々は浮くのですけれど。
@だから 新陰流は「手の内をかえるな」という。順番にもう、、、
@真っ直ぐ中段が終れば、次ぎは正面打ち

<指導>
@肘が、  です。それから 手首、これ大事、こうはいかない。これに
 合わせて 左手で「相架け」です。
@それを こう突っ込むのではなくて 腰が入って 壇中(つぼの名)が
 広がって、上に伸びて、モノウチを上げる。だから、これを このまま
 やると、この状態と同じなのです。
@この状態で こうやれば、何も問題はないのです。それで、こっちは
 引っ付く。
@ここは あまりモノウチを、、、
@ゆっくり やって下さい。それで、中を伸ばすようにしてモノウチを
 上げる。
@こうやって受けるのではなく、伸ばす。

<稽古>
@肩甲骨、肩甲骨、   ずらさない様に、あまり捻らないように、
@こちら側のときに こうなんです。真ん中がここなんです。だから 
 ここは余り動いていない。
@真ん中で止めて下さい。そうしたら モノウチが分る。
@気持ちとして 真ん中を、それが いつもあれば、手の内が下から 
 ここへこうくるわけです。
@それと もう一つは、これ、只、こうやっているのではなくて、
 相手の攻めを止める。そのときに もう ここに入れるのです。
@だから こういう感じで いっておいて バーンと取って、、、、、
 そういうモノなのです。これだけを こう なんとか やっている
 のではないのです。
@このときに きっちりと決まっているから 手が離せるのです。
@そういうふうに使える ということを 頭に焼き付けておいて
 下さい。

Q:相手が雷刀できたのを これで止めるのだと思っていましたが?
A:だから、、、、「無刀取り」とかにいけるのです。これが 
 刀でなくても 鍋の蓋でも良いわけです。
@これで 真っ直ぐ こう、、、。要は、こうなんです。これを 
 こう、これでは、、、ね。
 ところが この微妙な30度の角度になれば 止まるのです。
 それを こうやったら、もう崩されているのです。  ウァー!

Q:「角度30度で受ける」というのは?
A:だから それを造っているのです。それが「身勢つくり」と
  いうのです。
Q: これのこと なのですか?
A:私(先生)は そう 捉えたのですが。

@だから、   とか、これが伸びているから 良いのです。ところが
 これを、、、 これが こっちへいく角度も、こっちへいく角度も
 一緒なのです。 
@それが だから 今度は ここまで伸ばされない。これは 実は
 「相架け」なのです。
@でも 「相架け」までいかないから こうやって止める。すると、
 目の前にあるから ウォー!
 そういうことです。それの基本的な練習が「相架け流し」。
@それが 今度は このままでは相手が駄目なので 下がるところを
 、、、、という段取りなわけです。「相架け流し」、「相架け返し」
 というのは。
@だから「無刀取り」とかに繋がっていると思わないといけないのです。

Q:だから 30度なんですか?
A:それを ちゃんと これで造っておかないといけない。もう、
 これでは絶対に駄目ですよね。

@それと もう一つは、握り締める。もう 逆になる。
@それを ふぁーと持って、楽にして、 はい いらっしゃい! 
 (相手は)そら、いけー! 
 一瞬に ここに パーンと合わせているから 相手は浮く。
 そこを だから合気なんです。 パーン

@だから、城郭勢で こうなっているけれども、それで このまま
 手でやるのではなくて腰で崩していくとか、    ウァー!
@型の中に そういうのがあるのですけれど 要は どんな角度でも 
 こうやったら負けるわけですよ。 パーン! ウァー!
@手でやっていないですよね。           ウァー!

@だから、そういうのに 身勢つくりが大事なのです。ところが、型を
 100いくつ覚えさせたら どれとどれが同じか、これの元はどれか、
@だから 最初のモノほど そのー 体内とか刃筋の大事なはずなのです。
 それを ばらして造ったのが これ(観照塾の剣術メニュー)なのです。

           --- 日誌364へ続く ---




[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-18 11:16 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第三十七回研究会稽古メモ

S代表からの研究会稽古メモです。

〈稽古メモ〉
確実に日々寒さが増しておりますが、宗匠並びにご参加頂いた皆様のお陰で今回も楽しく充実した稽古が出来ました。ありがとうございました。

今回の内容はいつもの剣術稽古メニューと同じですが、バンバン打ちあったりするようないかにもやりました的な稽古ではありませんでした。その分丁寧に繊細に自分と相手の状態を感じとり、今この時しかない!という瞬間を捉える為の、無駄な力を使わない身体の創りとそれを維持し続ける集中力の必要な稽古でした。
宗匠の言われる「金太郎飴」の稽古を皆で有り難く頂戴致しました。

①横にした警杖に木刀にて正面打ち、正面廻し打ち(上・中・下段・ランダム)
※刀は打ち込まず添えるように落ちるだけ。降りてきた両手は鳩尾の高さを維持、高さの調節は股関節の角度で行う。

②袋撓にて中段の位置にある相手の剣先に正面打ち
※力まず、①の感覚と同じように行う

③袋撓にて合し打ち
※①②の感覚を保ったまま行う。

④袋撓にて転身打ち
※横にパッと移動して打つのではなく、③から鍔の幅だけ踏み込む位置が横に変わりその分だけほんの少し太刀筋が変わる。立て替える。

⑤木刀にて疾雷刀
※雷刀からきちんと準備を整えて、相手の手首にスッと付ける。接点から真っ直ぐに入ってゆく。横に押し込まない。

⑥木刀を相手の肩口に袈裟に添え、疾雷刀と同じ動きで崩す
※詰まるとつい力んで押し込んでしまうので⑤の感覚を忘れない

⑦袋撓にて相架け返し
※屋根の作り、刀の角度、肘、身体の向き等が整う位置を探す

⑧木刀にて上段捩り込み、中段捩り込み
※身勢を整え、力まず、相手の手首に添えた後は風が通り抜けるような感じで前へ

⑨木刀にて共に青岸から上太刀になるように前へ
※⑧と同じような感じで前へ進み、自然な流れで制してゆく

⑩青岸の手首を掴まれた状態から前へ
※剣を扱う体内操作と体を使う体内操作が同じであることを感じる。⑧⑨と同じ


[PR]



# by shinonomeaiki | 2016-12-13 08:16 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧