合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先

shinonomeaiki@gmail.com
(全角の@を半角の@に直して送信してください。)

会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。

このブログとは別に簡単なホームページもございますので、
     合気観照塾東雲道場

で検索して頂ければ閲覧出来ます。

月刊「秘伝」の道場ガイドにも連絡先等掲載しています。
携帯電話、パソコンの受信設定でGmailからの返信が受信出来ない場合は、秘伝掲載の問い合わせ先に連絡下さい。


YSさんの英訳です。

Introduction

I am a caretaker of Shinonome Dojo of Aiki Kanshou Juku.
Aiki constitutes the essence of Japanese martial art represented
by jiu-jitsu and swordsmanship. In other words, aiki is how you
treat your body against external pressure.In addition to martial
arts pressure, there are human relations, work, illness, old age,
etc. as the pressure which we receive.

In order to acquire the aiki,
1.Develop communication pathway of brain and body, consciousness
and sensation.
2.Repeat training to recognize the relative position and balance
between you and your opponent.
3.Repeat training to recognize the position and balance relative
to the opponent in various spaces and environments.

We live in an environment surrounded by various pressures. And I
believe that by acquiring the aiki, I can reassure my own body.

Shinonome Dojo is a place where those who wish to learn such a
kind of aiki practice. Shinonome Dojo is active in the area
mainly in Sakai city, Osaka Prefecture.

This blog was prepared for the purpose of recording the content
of the lesson for members of the Shinonome Dojo.

Inquiries from everyone will be answered by e-mail that I am a
caretaker.

Contact address:shinonomeaiki@gmail.com

Please change the address to @ for inquiries




c0321318_08402897.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-31 23:59 | 意義 | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
でやっていくことなっています。
 平日、及び日曜日にも稽古希望の方は御相談頂いて結構です。


 世話役の私を含む指導担当は、仕事の都合で欠席する可能性がありますので、その折は前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。
c0321318_00042574.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-30 23:56 | 設定 | Comments(0)

センタリング呼吸法とは。

世話役です。

平成29年6月24日土曜日
合気観照塾定例稽古にて

★センタリング呼吸法とは

この日、宗匠が考案されて我々弟子達に指導されて来られた、

   センタリング呼吸法

の説明がなされました。

 合気観照塾が発足して15年、更に発足以前の組織で指導しておられた宗匠に弟子入りしてこの方、一度たりともセンタリング呼吸法という説明を受けたことはありませんでした。

 宗匠の合気修得の第一教義は、技や体の動かし方を覚えるのではなく、合気を使える体をつくることです。

 その体をつくる方法として、合気観照之図に基づく、体操、歩法、基本単式稽古、相対稽古等を行ってきましたが、それら全てに共通する身体功というべき位置にあるものが、

  センタリング呼吸法

であるということは漠然と認識していましたが、この日までそれを明確に捉えきれていませんでした。

 ですので、私はこれまでセンタリング呼吸法という言葉を他人に使ったことはなく、又、人に聞かれても

   いえ、違います

   そういう意味ではありません

と、自分の漠然とした認識にかけ離れた解釈を否定するにとどまっていました。

 しかし、この日、宗匠が稽古冒頭に

   初めてセンタリング呼吸法の説
   明をします。

とおっしゃれて、宗匠の御言葉を聞かせて頂きました。

 腹式呼吸ではなく

 胸式呼吸ではなく

 逆腹式呼吸ではない

 ・・・・・

です。

 ・・・・で表したのは出し惜しみではなく、読んだだけで、勝手に解釈されるのを防ぐためです。

 考えてみれば、・・・・と合気を繋げたのは、宗匠が初めてだと思われます。

 大方の流派は

   合気を使えるための鍛錬

   足運び

   脱力

等を教義とされますが、それは間違ってはいないにせよ、枝葉に過ぎないのです。

 また、・・・・があってこそ、合気は武術にとどまること無く、日常においても、

  己と他と空間におけるバランスを
  いち早く認識して、己の身を、他
  の影響という渦中に沈めること無
  く、最小限の持力を最大限の効果
  を産むように発揮出来る

身体と頭脳を構築出来ると思われます。

 15年以上もの間、教義の重きを成して来た、センタリング呼吸法について、弟子達に一切説明して来なかった宗匠も宗匠ですが、一度たりとも質問しなかった弟子も弟子ですよね。

 言葉や単語の解釈に重きを置いて来なかった師弟の明かしと思っておきます。

 宗匠、この度の御指導、本当にありがとう御座いました。

c0321318_22595405.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-29 23:59 | 意義 | Comments(0)

第五十五回研究会稽古メモ

第五十五回研究会稽古メモ

平成30年6月10日日曜日

前半
1 孔雀の形
  労宮、手の形と肩甲骨、背部の繋がりを意識する。

2 城郭勢(右脇をあけて誘う)から右前の胴をふせぐ。
   右肘でカチアゲル
   相架けの拍子
 カチアゲから相手の小手を徒手で押さえると同時に、剣を片手雷刀に上げ、相手の裏を截りながら捌きぬける。

後半

3 疾雷刀
   一打三足
     付ける
     入れる
   下段からも行う

4 城郭勢から刀棒の要領で受けてずらして抑え、浮かし肩で当て飛ばす。 
  徒手において体の転換での検証
  ズラシの検証
   形における二の截り
   
5 ボールを使って両手捕り
   孔雀の形

世話役です。

 次回の研究会は7/8第二日曜日の予定です。

 今回のテーマには、
   一打三足
を宗匠が取り上げられました。

 前半は、YSさんと相対になり稽古をさせて頂きました。
 
 YSさんに相架けの
   力まない
という説明をしようと考えていたところ、YSさんと私の共通のスポーツ経験である
   バレーボール

   オーバーパスの要領
が閃きました。

 バレーボールの経験者かどうかは、オーバーパスを見ればすぐに分かります。
 下手なオーバーパスは、
   ボールを飛ばすことに意識が先行
し過ぎて、上手くボールにパスの力が伝わらないうちに、手から飛ばしてしまうのです。
 しかし、上達してくると、無意識に飛んで来たボールの勢いを
   指、肘、肩、腰、膝
等のバネで殺し、ボールの勢いを無力化してから、パスの力を伝えられるようになります。

 人間の力は複雑なので、剣術、合気柔術の場合はボールのようには行かないですが、物体に対する理論は同じだと思います。

 本研究会において
  相架け、カチアゲ、疾雷刀、一打三足
を宗匠がテーマにされた意味に感服致します。

 何故、これらが並ぶのかを紐解くと面白いと思いますので、楽しみは置いておくことにします。




[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-06-12 13:01 | 研究会 | Comments(0)

SMさんの西国巡礼

SMさんからの投稿です。

思わぬお稽古お休みになったので、Hさんと西国の善峯寺へお詣り行って来ました。
ナビ上で1本道は解っていましたが、狭い1本道でした。
本堂でご朱印頂いていると、団体の方々がお詣り来られて、一足遅ければ…と思うとラッキーでした。
本堂から絵馬堂へ移動。アジアンチックでした。
そこから幸福地蔵へ。
清水寺みたいな、感じの所にいらっしゃいました。
パッとお顔拝見すると、「わっ✨世話役さんみたい。」
と思ったので、Hさんに伝えると「本当似てるね。」と喋ってました。
ここは、自分の煩悩をお願いする所でなく、他人の幸せをお願いするお地蔵様でした。
そこから天然記念物の、遊龍の松をみました。
松が横に伸びて龍神様の様でした。
そこから、釈迦堂へ。
ここは、真横でお詣り出来ました。
ここは気持ち良い場所で長居したい気持ちになる感じの場所でした。
そこから文殊宝館へ。
ここは文殊菩薩様と色々宝物の展示室でした。
ここのお名前忘れましたが、観音様のお顔惹かれました。
刀もありました。
刃の形惹かれる感じでした。

釈迦堂とお地蔵様の印象が心に残るお寺でした。
c0321318_22503948.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-06-03 22:48 | 会員の声 | Comments(0)

JIさんからの木刀の旅

木刀2 ムサシの教え

お疲れ様です。

性懲りも無く(過ちを繰り返しても改めようとしないさま)また、木刀を購入しました。

今回は、メルカリで送料込みの3500円でした。
45年前、東京六三四堂で購入した物であると言う事でした。
長さ105cm
重さ860g
普及型の素振り用です。
(刃部が太い物)

素振り用の木刀には、全く興味がなかったのですが、
45年前の物と言う事と木目の美しさに惹かれて買ってしまいました。

握って見ると、柄頭が細くて、柄自体もちょっと短い、振って見るとバランスが悪い。

ニスも塗ってあり見た目も安ぽっいので、ちょっとチューニングしました。
250番から1000番の紙やすりで皮を剥き、インパクトドライバーにフェルトを着けて磨き上げ、最後に椿油を塗って木刀整備終了。
これをやると、愛着が湧いてきます。

整備後、木刀を振ると、柄頭が細いのも慣れれば大丈夫!
柄が短いのも、太い所を握って長く持てばバランス良く振れる、木刀の悪いと思っていた所をすべて受け入れる事が出来ました。

大切に扱うと、その欠点も受け入れる事が出来る。
不思議なものです。

それに、柄頭をよく見ると、桜登の刻印、堀之内の作品ですね。
この木刀にも都城の職人の息吹、かかっておりました。ジィ〜ン 感動!

その木刀を少し振ってから、普段使っている木刀を試して見ると
ウオォ〜軽い、凄いぞスイスイ振れるぞ!調子いいぞ!

ムムム違う⁉︎ 違うのだ!

ここで思い出したのが宮本武蔵の五輪書に書いてあった事です。

重い物は軽く、軽い物は重く扱うと言う事。

軽いから、軽く感じるからと言ってブンブン振り回して喜んでいてはダメなのですね。

軽いからこそ、その重さを全身で感じて大切に扱わなければならないと身体が知ったのです。

それも、武蔵の五輪書の事を東京六三四堂の木刀が45年の時を経て私に教えてくれたのです。

これぞ正しく、ムサシの教えなのだ!
(ちょっと無理やり感が...)

脳の記憶や知識では解ってはいても、身体感覚で解ってなかったり、身体の感覚で解っていても、脳で理解できていなかったりしますが、脳と身体がシンクロして両方共深く理解した時が腑に落ちる言うのでしょうね!

それはさておき、私の木刀探しの旅は、始まったばかりです。
日々、ヤフオクとメルカリのカテゴリー木刀をチェックする事を怠らないと決めた私でした。

では、また。
c0321318_21320652.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-06-02 21:27 | 会員の声 | Comments(0)

YSさんからの第五十四回研究会稽古メモーその2

合気観照塾・東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「下段・中段」の再指導を受けた。
     (第五十四回研究会)
   期日:2018年5月13日(日)13時~

第五十四回研究会稽古メモに基づいて、初心者が理解できた範囲で稽古内容
を綴ります。

<指導4:下段斬り>
@相手が、雷刀で打つようなら、下段で   って、   ないところで
 引きと攻め。会陰を締めて、真っ直ぐに向いて、そこから これだけです。
 動かない。
@それで、この角度、この角度、この角度、ここで これで力を抜いて、
引きと攻めをやって、
@ちょっと やってみてください。これは だから「下段斬り」です。
@前回の研究会は そこから始めたのです。

<指導5:下段・八勢 相架け>
@相手が雷刀で打ってくるのを、こっちから相架けでいく。
@只、握ってこうやって相架けるのと、身体の中を伸ばしてこう相架ける
 のとの違い。
@相架けを受けた相手が どう感じるか。
@だから 下段でも重たい。
@これが こうやると 負ける。音が違うでしょう!
@そういうふうに 思い切り打たなくて良いので、身体の中を伸ばして、
 この角度がよいところで合えば、流せるし、それから 返せる。
@ちょっと やってみてください。

<指導6:個別に指導>
@その角度が 今言った手で受けるのか、  の違いなのか、同じこと
 なのです。
@同じ角度ではないが、そういうふうに身体の中を伸ばして 斬る角度
 というのを、

Q:この場合は下段でよいのですか?
A:下段。その方が上げやすい。だから 下段から始めているのです。
Q:下段の構えの切っ先は?
A:これが 例えば、相手の目とか。だから 下手にやったら危ない。

@それ、半分 出かけに行って 打ちに行っているのです。これね、
 こうやって、
@音が違うでしょう。
@最初から腰で受けるのです、モノウチで。こうやって防ぐのをモノウチ
 でやる。そうすると、モーメントが大きくなるでしょう。        

@目刺しというのは 相手の右目を刺す。
@雷刀よりも 下段のほうが そういう意味では     だし、これが
 小太刀になったら
@だから、逆の城郭勢というのは、下段の   です。
@これが こっちを向いてやるのは「小転(コマルバシ)」です。
@だから 下段の方がツカイエとか シンテンも下から上へ上げるときには
 良いかな と思って。
@下段から上げると、すると8種類のパターンが完成しているので どちら
 かと言えば   を余りしないのです。相雷刀八勢から 中段へ。
@それと小転ヘッドと考えると、下段八勢の一部をやっておくと、相雷刀
 八勢 とか、中段十四勢に繋ぎやりやすくなるのではないか、と思って。

Q:中段十四勢の外しを 前々回の研究会で 教えていただきました。
A:あれは 雷刀で、外して。ところが 下段だったら こうしたら
  斬られるのです。

<指導7:相雷刀・八勢 合し打>
@次は 袋竹刀を使って「合し打」をやります。
@相手が打ってきたときに 振ります。
@力を入れない。要するに このバランスで打ってきたのを ここで
 当てる。
@だから、相雷刀から そこで当てる。
@これを ちょっとチェックしてください。

<指導8:個別に指導>
@だから 当てようとしない。真っ直ぐきたら 当たる。
@その時の状態は 浮かせすぎないで。

@どの角度で当たる、ここで打ったやつを     とする。
@それを 本当は 上太刀になるためには、どこで  ときに こちら
 が勝つかという
@寝かさない! 寝かすと この分だけ肩を中心に こう廻ってくる。
 こうなっている。

<指導9:補足指導>
@真っ直ぐ中段で、そのまま ずーと垂直になって上がっていきます。
@このときに 緩めない。緩めると ここへ来るのに時間がかかる。
@このまま 中が伸びたところで ゆっくりと攻める。
@それをチェックするために、いったん フェイントをかけて、下がって、
 落ちて、前にいく。
@相手がくるときは 雷刀なのです。
@私(K先生)が先にいくよ、というふうに この時に 身体でいくよ
 と見せかけて、相手が打ってきたときに打つ。 バーン!
@それが こうなっていると 無理なのです。 遅いのです。だから、
 ここでやって、 どん!  は!  バーン!  ですね。
@だから、そういうふうに ちょっとフェイントをかけるというのが、
 逆に こうならない。
@だから、このまま 下がってくれると、
@ただし、肩に力を入れたらダメなわけです。
@だから 少し ゆっくり

@フェイントをかける方が 使太刀です。フェイントをかけて 戻って
 勝つ。このときに「半勝」になるわけです。
@いっときは「出す」けれど いかない。すると 相手が慌てて反応して
 くるから、そこで「後出し」で勝てる。これが手法です。

<指導10:個別に指導>
@足を入れ替えて
@それで、立てすぎないように
@ということは、手首が決まっていないから このままいけば 肩に力が
 入る。
@これで    を寝かして ここで止まる。
@ここで上げる。肩の力を抜いて、相手がフェイントをかけてきたところで 
 合わせて打つ。
@だから、これをかえたらダメなのです。そのために これまで ずーと 
 角度を言ったのです。
@だから この角度が いかに大事かということです。

@振り過ぎ! 落とすだけ。 肩の力を抜くだけ。
@当てるのではなく、当たる。
@そういうことを軽く覚えておいてください。要するに「角度が大事」と
 いうことです。

<指導11:中段・十四勢・外し>
@では 次に「中段の外し」にいきます。
@最初に 相手が打ってくる。手を打ってくる。
@手を打たれるのを嫌だと、打つ。
@そうしたら、相手は止める。  そういう パターンです。

@高い中段で、ここを打ってくる。
@外して、こう打つ。
@そういう感じで ちょっと やってみてください。
@あと、又 打ち返していくのだが、要するにフェイントをかけた。
 さっきは フェイントをかけた。今度は 外して、打っていく。
@すると、重なっていないのです。フェイントをかけて打つ。

@相手は手を打ってくる、雷刀。
@高い中段のほうが 撥草です。とりあえず。

Q:このとき 相架けなのですか?
A:相架けです。しかし相架けの練習になっていない! それをつつ抜け
  ていったら 相架け返しを防げるのですけれど。

<指導12: >
@そこが できてきたら つぎは、
@こちらが使太刀ですから、高い中段で 打ってくるのをゆっくりと外し
 ましょう。
@次に、打ったやつを 相架けて バーン!
@それで、そのまま相架けて、次 打ってくる。
@打ってくるのを もう一回 相架けて、下がったときに

@反対でいくと、これ こっちへ返した、外した、打った。
@ちょっと 相架ける。バーン!
@次に それで外して もう一回 今度 バーン!
@相架け流して      して 打つ。

@相架けの練習をするのに 何が一番大事かというと、角度をそのままで 
 中を伸ばす。
@それを 手でやると、こうなる。
@ところが、相架けると こう伸ばせるから 逆に こっちへもいけると
 いうわけです。 中を繋げて。
@だから 常に 相架けるときは 必ず中を伸ばす。 それで下がって、
 ということです。
@やってみてください。 

<指導13:初心者への指導>
@高い中段。ここへ打ってくるのを 外します。
@打ちます。
@止めます。
@それで 次、流して 打ってくる。
@真っ直ぐ打ってくるのを返します。
@それで もしも あれだったら もう一回返す。
@それが 分かりにくければ、今度は「相架け返し」ばかりをやれば
 よい。
@これは「相架け流し」ですね。こればかりをやる というふうに。

<指導14:蝉翼刀>
@次 いきます。
@これは 中段で外した。だから これは中段です。
@雷刀で、相手が雷刀。外してくるときには、このまま ぎりぎりで 
 これが「蝉翼刀」になるのです。
@それが ゆっくりいって、ここにあると当たるから そのまま蝉翼
 刀は 外してきたやつを打って 返す。バーン!
@それで 廻して    真っ直ぐ打つ。
@真っ直ぐ下がって、    相架け流しになっていくわけです。
@だから どちらも雷刀のときは、間合いのあれで、ここへ下がるけれど、
 中段でやったら 結局は これが下がる。ここにあるから 手を避ける。
@それから、今度は 下段になって、例えば ここ打たれたら、これでは
 当たってしまうから 下がる。
@それから 打っていく。そういうふうに   でしょう。

           ----------------------------

(滋賀より参加の初心者)
 3月の稽古「中段十四勢」、4月の稽古「下段八勢」で 限界を感じて 
 完全に消化不良を起こしていた初心者に、K先生から懇切丁寧な再指導を
 して戴きました。有難うございます。
 落ちこぼれそうですが 何とか付いていけそうです。


[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-05-28 18:20 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル