合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先

shinonomeaiki@gmail.com
(全角の@を半角の@に直して送信してください。)

会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。

このブログとは別に簡単なホームページもございますので、
     合気観照塾東雲道場

で検索して頂ければ閲覧出来ます。

月刊「秘伝」の道場ガイドにも連絡先等掲載しています。
携帯電話、パソコンの受信設定でGmailからの返信が受信出来ない場合は、秘伝掲載の問い合わせ先に連絡下さい。


YSさんの英訳です。

Introduction

I am a caretaker of Shinonome Dojo of Aiki Kanshou Juku.
Aiki constitutes the essence of Japanese martial art represented
by jiu-jitsu and swordsmanship. In other words, aiki is how you
treat your body against external pressure.In addition to martial
arts pressure, there are human relations, work, illness, old age,
etc. as the pressure which we receive.

In order to acquire the aiki,
1.Develop communication pathway of brain and body, consciousness
and sensation.
2.Repeat training to recognize the relative position and balance
between you and your opponent.
3.Repeat training to recognize the position and balance relative
to the opponent in various spaces and environments.

We live in an environment surrounded by various pressures. And I
believe that by acquiring the aiki, I can reassure my own body.

Shinonome Dojo is a place where those who wish to learn such a
kind of aiki practice. Shinonome Dojo is active in the area
mainly in Sakai city, Osaka Prefecture.

This blog was prepared for the purpose of recording the content
of the lesson for members of the Shinonome Dojo.

Inquiries from everyone will be answered by e-mail that I am a
caretaker.

Contact address:shinonomeaiki@gmail.com

Please change the address to @ for inquiries




c0321318_08402897.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-31 23:59 | 意義 | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
でやっていくことなっています。
 平日、及び日曜日にも稽古希望の方は御相談頂いて結構です。


 世話役の私を含む指導担当は、仕事の都合で欠席する可能性がありますので、その折は前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。
c0321318_00042574.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-30 23:56 | 設定 | Comments(0)

センタリング呼吸法とは。

世話役です。

平成29年6月24日土曜日
合気観照塾定例稽古にて

★センタリング呼吸法とは

この日、宗匠が考案されて我々弟子達に指導されて来られた、

   センタリング呼吸法

の説明がなされました。

 合気観照塾が発足して15年、更に発足以前の組織で指導しておられた宗匠に弟子入りしてこの方、一度たりともセンタリング呼吸法という説明を受けたことはありませんでした。

 宗匠の合気修得の第一教義は、技や体の動かし方を覚えるのではなく、合気を使える体をつくることです。

 その体をつくる方法として、合気観照之図に基づく、体操、歩法、基本単式稽古、相対稽古等を行ってきましたが、それら全てに共通する身体功というべき位置にあるものが、

  センタリング呼吸法

であるということは漠然と認識していましたが、この日までそれを明確に捉えきれていませんでした。

 ですので、私はこれまでセンタリング呼吸法という言葉を他人に使ったことはなく、又、人に聞かれても

   いえ、違います

   そういう意味ではありません

と、自分の漠然とした認識にかけ離れた解釈を否定するにとどまっていました。

 しかし、この日、宗匠が稽古冒頭に

   初めてセンタリング呼吸法の説
   明をします。

とおっしゃれて、宗匠の御言葉を聞かせて頂きました。

 腹式呼吸ではなく

 胸式呼吸ではなく

 逆腹式呼吸ではない

 ・・・・・

です。

 ・・・・で表したのは出し惜しみではなく、読んだだけで、勝手に解釈されるのを防ぐためです。

 考えてみれば、・・・・と合気を繋げたのは、宗匠が初めてだと思われます。

 大方の流派は

   合気を使えるための鍛錬

   足運び

   脱力

等を教義とされますが、それは間違ってはいないにせよ、枝葉に過ぎないのです。

 また、・・・・があってこそ、合気は武術にとどまること無く、日常においても、

  己と他と空間におけるバランスを
  いち早く認識して、己の身を、他
  の影響という渦中に沈めること無
  く、最小限の持力を最大限の効果
  を産むように発揮出来る

身体と頭脳を構築出来ると思われます。

 15年以上もの間、教義の重きを成して来た、センタリング呼吸法について、弟子達に一切説明して来なかった宗匠も宗匠ですが、一度たりとも質問しなかった弟子も弟子ですよね。

 言葉や単語の解釈に重きを置いて来なかった師弟の明かしと思っておきます。

 宗匠、この度の御指導、本当にありがとう御座いました。

c0321318_22595405.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-29 23:59 | 意義 | Comments(0)

第五十八回研究会稽古メモ

S代表からの研究会稽古メモです。

〈稽古メモ〉
・道歌読み聞かせ

模擬刀にて
・胡座で剣の上げ下げ
・胡座で七刀一本目
・胡座で燕飛〜猿廻
(正座、立位でも少々)
・制剛流 二本目 引身
・制剛流 三本目 胸之刀

木刀にて
・刀棒破り(刀棒で受けた相手の左手の指を
もじり返す)

体術
・相手の両方の手の平に上から自分の両手の平
をのせ触れ合気にて崩す
・相手の両方の手の平を下から自分の両手の平
でうけ触れ合気にて崩す
・後ろから肩を押してくる相手を肩合気にて崩


宗匠及びご参加頂いた皆様、今回もありがとうございました。
今回は東雲道場の重要テーマの一つである「振らない剣術」等について宗匠よりご指導頂きました。
敢えて胡座で座り、姿勢、腕の角度や有り様の確認、呼吸、体内操作による剣の上げ下げ。
薄筋、股関節、仙腸関節の操作による太刀筋の移り変わり。
それらを含めた総合的な動きによる抜刀、体術への展開。
宗匠の発想、工夫で今回も新鮮な気持ち、感覚で稽古することができました。それぞれ復習と観照の程宜しくお願い致します。

以上
c0321318_07433111.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-09-11 07:28 | 研究会 | Comments(0)

YSさんからの第五十七回研究会稽古メモ その2

合気観照塾・東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「手の内の使い方(続)」の指導を受けた。
      (第五十七回研究会)
   期日:2018年8月12日(日)13時~

第五十七回研究会で戴いたK先生の指導内容を、初心者が理解できた範囲で
綴ります。

<指導6:立替>
@どうやってバックするか? こうなると如何にいけないか? 立替を 何故
 こう何回もするのか? 私(先生)はこれに気付いた。これ、絶対にいかない。
 Q:抜刀よりも、むしろ立替のほうが、、?
 A:そうです。立替が(各々に)全部あるというのが これが大事なのです。
 それと 抜くのに「前に出す」、ここで決まってしまう。それで、   が
 あるから 仙腸関節でしか動かせない。これをこう動かすと ずれてしまう。
 仙腸関節で動かせば、これが  ですね。これもここで降りないのです。
 だから、制剛流抜刀術は よくできているな! と思ったわけです。
@制剛流抜刀術は、それをさせるためのもので 型をあっちやって(左敵)、
 こっちやって(右敵)、それなんてどうでもよいのです。そこは3本(向之刀、
 引身、胸之刀)を そうやって、バックも5回くらいやると 嫌でもかぶれる
 のです。
@これで緩める。今度はこれでずらしていく。それで、こうなるともういかない。
 それで 仙腸関節。全て こうしただけで鞘離れする。
 Q:一番しんどそうだけど 一番 楽なのですね?
 A:だから、これがしんどいからと言って 皆 やらない。膝が悪いとか理由を
  付けて。立替を楽にする方法を 身体が動いた時に身体が変化する。
 Q:一番 楽なのが しんどいのですね?
 A:しんどいか、楽か、という発想を転換しないといけない。自分がこれが楽と
  思っているヤツが、こういう動作をすると楽じゃないという事に気付くのです。

 Q:いつも、これまでの説明内容を 繋いでいかれるのが 凄いですね?
 A:それだから、型を覚えないのです。全然 覚える気にならない。昔の人には 
  そんなに多くの型が無かったのです。しかも ちゃんと反りのある長いヤツで
  太刀を履いていた時代に考えられたのです。

<指導7:仙腸関節で動かす>
@ここから 大事なのは 如何に丁寧に「七刀」をやって。ここでやることは、
 要はこれで鞘を抜くことをしないで、仙腸関節だけで動かしていく。だから、
 それが合った長さで最初は練習をする。それから 七刀、90度。
@そこから 手で振るのではなくて、この薄筋のきた腰を上げて、このガイド
 ラインの中を伸ばしながら ガイドラインを変えてやると抜けない。これ、
 離さないけれど、抜いたら、これとこれだけで支えているわけです。それで、
 いくわけです。それで、こうした時は、次はこれだけで離れていく。それで、
 こことここだけで止まる。肩の力を抜いたら ここのとこだけで落ちていく。
 ここのところだけで止まる。それを中で上手く滑らせながら ゆっくりと一つ
 一つ意味を感じて こう。
@それで、次に これで寄せて、仙腸関節で回転して、ほーぶ 若干くらいで 
 落としていくのに 手の指が等しく立って、ここで丹田の位置を確認して 
 ここで落ちる。吸いながら上がっていくと こっちが上がって これが付いて
 いって、こっちが付いていって 今度はこいつが こっちへ寄せて 緩めて。
 ここからは ずらしながら。それで 今度はこっちを通り抜けて 丹田はこう
 上げていく。もう、これは斜め前にこっちでこう受けながら こう落ちてくる。

@ところが 握ってしまうと、こう落ちる。こう上がって こっちを寄せて、
 上がって、落ちる。この時に 手の内を意識しながらやるということ。

<指導8:七刀>
@だから、1、2、3、4、5、6、7。1、2、こういうふうにこれで滑らせ
 ていくと、握らない。如何にこの中を自由に。スナップを効かして手が触れれ
 ば、効いていくわけです。ところが握ってしまうと 先が浮かない、走らない。
 滑らせているから 先は落ちるところまで落ちていく。

<指導9:抜刀>
@こういうふうなことを 今度は逆に。今は細い方を持って 太いので先が浮く
 というのが分かって。 次は 模擬刀で そういうのをきっちりと。薄筋と
   でバランスがとれて「吸って、吸って、緩めて、落ちて」。「吸って、
 吸って、緩めて、落ちて」。このときも、手の内とか、足の指の使い方とかが。
 これなんか 足がこうやってしまうと、首が前に出ると 止めようとするから、
 こういうふうになってしまうわけです。これが、寄せて、上がって、緩めて、
 手が伸びるけれども 指を握りしめない。指をピタッと付ける。すると、回転
 しようとする。それは回すというのに    回すことによって手足が自由に
 使えるということなのです。
@それで、歩法なんかでもそうなのですが、真っ直ぐ行って、仙腸関節だけで
 真っ直ぐに。肩の力を抜いて、そういうふうに足の末端を意識する。それから
 回すことによって 手の内が自由に。そういうふうに 足の末端を意識する。
 それで 薄筋と仙腸関節から肩甲骨にいって、首の後ろから左を意識すると、
@最初は形を覚えないといけないが、何故 この鞘があって、鞘と薄筋、丹田。
 だからエリを立てて、寄せて、入るということで、   中が伸びてしまう。
 それを落としてしまうと この角度が。ところがこの動きで抜けるようにして
 おくと 非常に楽になる。
@2本目くらいからちゃんとやると、薄筋がきっちりと決まる。しかも親指小指
 は使わない。 それで ここで落ちる。特に仙腸関節で回転させながら、鞘を
 回転させると よい位置に落ちてくる。それで、こっちから上がっていくと 
 よい位置 落ちてくる。
@すごく便利にできていると思うのです。それが だから 次は 今度は 
 回転させる位置が違うガイドラインを これで     で回転させていけば、  
 それで 会陰に合わせて スパッ!と     回して、呼吸で浮かせて。
 そこから上にいったときに  して これで寄せる。 で 必要なことは全て
 この動作の中に入っていると思った。ですから バンバンやるよりも 最初に 
 指とか 各  の使い方とか、 の軸を立てないと中が抜けないし、中が抜け
 ないと 刀も抜けないという考えです。
@だから、今やったようなことを参考にして、自分でいろんな持ち方をして
 微妙な変化を感じるようにしてほしい。

   滋賀より参加の初心者記
[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-09-03 22:19 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

YSさんからの第五十七回研究会稽古メモ その1

合気観照塾・東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「手の内の使い方」の指導を受けた。
      (第五十七回研究会)
   期日:2018年8月12日(日)13時~

第五十七回研究会稽古メモに基づいて、初心者が理解できた範囲で稽古内容を
綴ります。

<指導1:首を前に出さない>
@最近、治療で手足を看ていると、結構 固まっている人が多い。しかも大した
 ことをしていないのに、こういうふうに固まっている
@先ず、親指、人差し指、中指、薬指、小指で押した感覚を覚えておく。それで、
 肩甲骨をギューと  首を伸ばして、腕を上げる。薄筋から伸ばして グーと
 伸びて、力を抜いたところで 親指、人差し指、中指、薬指、小指で乗りやすい、
 真っ直ぐに。
@それが、首をちょっと前に出すだけで、薬指、小指への伝わりが悪くなる。大事
 なのは、薬指と小指で 薄筋から 会陰が締まって、吸い上げて、吸って、肩の
 力を抜いて、そこで 薬指と小指を一致する。そこから 少し首を前に出すと、
 力の伝わり方が どのように変わるか。

<指導2:中指を中心とした回転>
@首をちょっと前に出すだけで 指が乗らないのです。だから、PCをやっている
 人がこうなっていくと、薬指と小指に力を入れないと タッチできない。それで、
 ちゃんといっていると、中指を中心に回転も出来るのですけれど、こうなると
 回転も出来ない。
@五指 全部が繋がっているのです。これで 見ようと思って こういっただけで
 中心で こういう回転が出来なくなって、押し付けないとダメなようになって、
 この辺に力が入ってくるわけです。
@それが 勝手に手に吸い上げて、肩の力を抜くと、  で 中が浮いているから 
 周りが落ちるから軽くなる。これは、机の上なので タイピングするなど、
 だから、演奏者は 譜面とか手元を見だすとダメなわけです。バイオリンでも、
 手を見ようとすると、肩が固まって だんだん ここに必ず  なる。
@こうやって 落ちてくると 動く。 こうやってしまうと もう 動かない。
 固まるから。中も緩まない、

<指導3:五指を全部ピタッと付ける>
@だから、この辺り 居合いのときもそうなのですが、自分で居合い腰をやった
 ときだけ 付けてください。それで、薄筋を伸ばして、居合い腰をやった状態で 
 手の中がピタッと 全部付ける。浮かさない。ピタッと付ける。そこで 肩甲骨
 を寄せて、息を吸い上げると、少し浮くのです。そのままソーと付ければ 
@肩の位置に目。肩が浮いている。吸って、吸って、少し浮かして、肩の力を
 抜いて、ソーと付けて 流す。
@その感じが分かっていったら、これを ここが浮かしていると こうなる。
 小指球を浮かしている。それで 同じことをしてみる。先っちょは 浮かないで
 しょう。剣が上がってこないと。ピタッと引っ付いていると、これが浮いてくる
 わけです。それで ソーと延長させて 付けて、身体の中が全部浮いたら、
@もう なにしろ 全部の指がピタッと付けてください。 親指、人差し指、中指、
 薬指、小指。そこで、吸って、吸って、少し浮かして、肩の力を抜いて、そーと
 付けて、首の後ろ、 真っ直ぐのまま グーと引いてくる。
@親指を付けてください。何しろ、全部付けておかないと 情報がまともに入ら
 ない。下がっていくときは 全部下がっていく。全部が触っていく。全部が
 触れる位置。それで 一回 真っ直ぐになってみて、そういう状態。
@そこで 全部    少しずつ変わっていく。そうすると 小指球に意識が
 そのまま。本当は、親指が少し下へいくと 人差し指は前に出て 斜めになる。
 手の内が、それが自然ですよ。だから、ここまできたら、逆にパッと緩めないと
 ダメなのです。こうきたら、ずれていかないとダメなわけです。握ったまま 
 やっていると 腕に力が入って、首が前に出て。 だから、この中が常に動いて
 いるだということです。ここで ちゃんと握って ここでずれていく。上がって
 いって
 
<指導4:手の内の使い方>
@では、立ってみてください。今度は逆にします(木刀の先で持つ)。こうすると、
 小指球と手の内というか、  が合うのです。真っ直ぐに立って、肩甲骨を
 寄せて、吸って、吸って、緩めて、吐く。すると 持ち方がいやでも斜めになる。
 そのまま握っていると、 吸って、吸って、緩めて、吐いても 動かない。
 鼠渓部の重みが乗らない。
@今度は小さく、真っ直ぐ ずらす、真っ直ぐ ずらす。それだけでアヤが斬れる
 わけです。手の中 ズーと動かして、ズーと動かして。もっと ちゃんと 
 ずるずるずると親指を出す。その時に 今度 ロッキングチェア。握りしめた
 ままにしないで、手の内がズーと動いている。動いている。
@握っていないでしょう! 開いていないでしょう! 開いてもいけるのです
 けれども、ここを感じて欲しい。皆 ここで握ってしまうから 肩に力が入って 
 エーイ! といくわけですよ。こういうふうにやって 柔らかく。
@これが 真っ直ぐのヤツだと 握りしめてしまうから難しい。だから 反りの
 あるヤツ。しかも、手は絶対に握らない。ズーと動いている。離さない。ここは
 ズーと擦れて、浮いているわけです。細くて、線があるから この

<指導5:相対稽古>
@それでですね、袋竹刀を両手で支えてくれますか。木刀で打ちます。これ、
 だから、相対稽古なのですけれど、これって、握りしめて どついたら、、 
@ここから、何もしていないですよね。これは ちゃんと 締まった瞬間に
 落したらよいのですけれど、離していたら、    だから、ピタッと
 何もしていないですよね。要するに、握って、  違うでしょう! 
 それを ちょっと やってみてください。
@もう、手の内の使い方って 説明できないので。袋竹刀を上とか、下とか、
 いろいろやってみてください。柄で「寸止め」するくらいのつもりで、
 勝手に刀が行ってくれるから。

                滋賀より参加の初心者


[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-08-19 18:00 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第五十七回研究会稽古メモ

第五十七回研究会稽古メモ

平成30年8月12日(日)
午後1時から午後5時

テーマ「手の内」

1 木刀を持って手の内の解説

2 木刀で基本の歩法

3 木刀を逆さに持って手の内の解説
   握らず
   離さず
   動く手の内(片手)
   手首は使わない
   
4 木刀を逆さに持って基本の歩法
   違いを知るより、逆さの木刀に教わり、感じる

5 相対になり、木刀を逆さに持って片手で刀棒打ち
   力を入れない
   「抜き」を使って最高率の剣の落ちをパフォーマンスする
   
6 相対になり、木刀を両手で持って一歩前進一歩後退で刀棒打ち
   力を入れない
   

世話役です。

今回の研究会は猛暑日でした。
道場の手に取る物が体温を上回っておりました。

そんな暑さの中、参加頂きました方々ありがとうございます。

しかしこの暑さも使いようかもしれません。

暑さで朦朧とした中、歩法を行っていてあることに気が付きました。

それは手の中の動きです。

正確に言うと、その時点では意識が朦朧とした一瞬、自分がした手の内に気が付き、それをこの記事を書くまでの間に検証しました。

あれっ今どうやって握った?

なんてことは、意識がハッキリしていたら思わないんですねえ。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-08-19 16:34 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル