合気観照塾東雲道場

はじめに

私は合気観照塾東雲道場の世話役です。
合気とは、柔術、剣術といった日本武術の真髄を成すものであり、言うなれば、外圧に対する「身の処し方」であると考えます。
掴む、突く、切る等の武術的な外圧の他、対人関係や仕事、病気、加齢等々の自らが受ける影響力が渦巻く中に身を置いているのが私達なのではないでしょうか。
脳と体、意識と感覚等の伝達経路を開発し、また、自己の中心はもとより空間、環境における他との相対的な位置とバランスを認識する等の訓練を積むことにより、合気の修得に努めます。
影響力が渦巻く世の中で、そんな合気修養の訓練成果を活かせられれば、自らの身を安心立命出来ると信じています。
東雲道場は、そんな合気の修養を志している人が稽古する、大阪府堺市を中心に活動する合気練場です。
このブログは、東雲道場の会員のため稽古内容を記録化する目的で開設しました。
お問い合わせは、世話役である私がメールでのみ対応致します。
お問い合わせ先

shinonomeaiki@gmail.com
(全角の@を半角の@に直して送信してください。)

会員の方は、既に御存じの連絡先に連絡下さい。

このブログとは別に簡単なホームページもございますので、
     合気観照塾東雲道場

で検索して頂ければ閲覧出来ます。

月刊「秘伝」の道場ガイドにも連絡先等掲載しています。
携帯電話、パソコンの受信設定でGmailからの返信が受信出来ない場合は、秘伝掲載の問い合わせ先に連絡下さい。


YSさんの英訳です。

Introduction

I am a caretaker of Shinonome Dojo of Aiki Kanshou Juku.
Aiki constitutes the essence of Japanese martial art represented
by jiu-jitsu and swordsmanship. In other words, aiki is how you
treat your body against external pressure.In addition to martial
arts pressure, there are human relations, work, illness, old age,
etc. as the pressure which we receive.

In order to acquire the aiki,
1.Develop communication pathway of brain and body, consciousness
and sensation.
2.Repeat training to recognize the relative position and balance
between you and your opponent.
3.Repeat training to recognize the position and balance relative
to the opponent in various spaces and environments.

We live in an environment surrounded by various pressures. And I
believe that by acquiring the aiki, I can reassure my own body.

Shinonome Dojo is a place where those who wish to learn such a
kind of aiki practice. Shinonome Dojo is active in the area
mainly in Sakai city, Osaka Prefecture.

This blog was prepared for the purpose of recording the content
of the lesson for members of the Shinonome Dojo.

Inquiries from everyone will be answered by e-mail that I am a
caretaker.

Contact address:shinonomeaiki@gmail.com

Please change the address to @ for inquiries




c0321318_08402897.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-31 23:59 | 意義 | Comments(0)

稽古日程について

平成27年3月から基本的に東雲道場の稽古日を
      土曜日 午後1時から午後5時頃まで
でやっていくことなっています。
 平日、及び日曜日にも稽古希望の方は御相談頂いて結構です。


 世話役の私を含む指導担当は、仕事の都合で欠席する可能性がありますので、その折は前日までに稽古予定会員の方へ連絡致します。

 また、会員同士で稽古されるときは連絡頂ければ、指導担当者がいなくても可能な限り道場を使用して頂けるように努めます。
c0321318_00042574.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-30 23:56 | 設定 | Comments(0)

センタリング呼吸法とは。

世話役です。

平成29年6月24日土曜日
合気観照塾定例稽古にて

★センタリング呼吸法とは

この日、宗匠が考案されて我々弟子達に指導されて来られた、

   センタリング呼吸法

の説明がなされました。

 合気観照塾が発足して15年、更に発足以前の組織で指導しておられた宗匠に弟子入りしてこの方、一度たりともセンタリング呼吸法という説明を受けたことはありませんでした。

 宗匠の合気修得の第一教義は、技や体の動かし方を覚えるのではなく、合気を使える体をつくることです。

 その体をつくる方法として、合気観照之図に基づく、体操、歩法、基本単式稽古、相対稽古等を行ってきましたが、それら全てに共通する身体功というべき位置にあるものが、

  センタリング呼吸法

であるということは漠然と認識していましたが、この日までそれを明確に捉えきれていませんでした。

 ですので、私はこれまでセンタリング呼吸法という言葉を他人に使ったことはなく、又、人に聞かれても

   いえ、違います

   そういう意味ではありません

と、自分の漠然とした認識にかけ離れた解釈を否定するにとどまっていました。

 しかし、この日、宗匠が稽古冒頭に

   初めてセンタリング呼吸法の説
   明をします。

とおっしゃれて、宗匠の御言葉を聞かせて頂きました。

 腹式呼吸ではなく

 胸式呼吸ではなく

 逆腹式呼吸ではない

 ・・・・・

です。

 ・・・・で表したのは出し惜しみではなく、読んだだけで、勝手に解釈されるのを防ぐためです。

 考えてみれば、・・・・と合気を繋げたのは、宗匠が初めてだと思われます。

 大方の流派は

   合気を使えるための鍛錬

   足運び

   脱力

等を教義とされますが、それは間違ってはいないにせよ、枝葉に過ぎないのです。

 また、・・・・があってこそ、合気は武術にとどまること無く、日常においても、

  己と他と空間におけるバランスを
  いち早く認識して、己の身を、他
  の影響という渦中に沈めること無
  く、最小限の持力を最大限の効果
  を産むように発揮出来る

身体と頭脳を構築出来ると思われます。

 15年以上もの間、教義の重きを成して来た、センタリング呼吸法について、弟子達に一切説明して来なかった宗匠も宗匠ですが、一度たりとも質問しなかった弟子も弟子ですよね。

 言葉や単語の解釈に重きを置いて来なかった師弟の明かしと思っておきます。

 宗匠、この度の御指導、本当にありがとう御座いました。

c0321318_22595405.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-12-29 23:59 | 意義 | Comments(0)

第六十回研究会稽古メモ

平成30年11月11日日曜日
S代表からの稽古メモです。

居合刀にて
・無形〜車〜発草〜袈裟斬り〜逆車〜逆の発草
〜逆の袈裟斬り
・無形から下段
・無形から中段
・無形から上段
・無形から雷刀
・雷刀から一刀両断
・雷刀から和卜
・雷刀から斬釘
・水車勢
・文を切る
・文を切りながら前進(左で上げて右で切る)
・正面廻し打ち
・袈裟廻し打ち
・中段捻り込み
・上段捻り込み
木刀にて
・杖への打ち落とし
・七刀(通常、必勝、猿廻)
・胡座燕飛

研究会も丸五年、60回目を迎えました。
節目の今回、腕で刀を振り回すのではなく、刀の重さや刃筋を丁寧に感じ、刀の行きたい方向を自分で邪魔しないように身を沿わせる。
そのために仙腸関節や骨盤、手の内、体内操作、足運び等々どうしていくのかということを改めてご指導、ご提示頂き、とてもらしさに満ち溢れた研究会でした。
ご参加頂いた皆様、宗匠、改めてありがとうございました。



[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-11-12 08:01 | 研究会 | Comments(0)

抜刀稽古

抜刀稽古

平成30年11月3日

本日は抜刀稽古を実施しました。

抜刀稽古は

   「使わずして使う」

をモットーにして実施しております。

喉が渇いた時に、水の入ったコップの横にあるテレビのリモコンを間違って手に取ることはありません。

御飯を箸でつかむ時に、緊張して御飯を鼻へ運ば無いですよね。

一刀斉曰く、暗い場所でも痒い場所を間違ってかく人間はいません。

そういう自分を認識する一瞬が抜刀稽古です。

以下S代表からのコメントです。


〈稽古メモ〉
 本日の定例稽古は抜刀稽古を行いました。
 私も勿論のこと、ご参加頂いた皆様が各々何かを感じて頂けたと思います。
 それは試斬経験の有無、技の難易度、結果の成否という事とは全く関係なく、本物の剣、真剣で実際に物(巻藁)を斬る、という行為に向き合う事で己のみが感じる事のできる貴重な体験です。
 今後経験や回数を重ねていけば緊張や戸惑いや逡巡を感じる事も無くなってくるかもしれません、斬り慣れしてくるかもしれません。
 が、そこには全く何の意味も価値もありません。

   己の全てがはっきりと現れる
   待ったなし、やり直しなしの
   一期一会の世界との遭遇を只々   
   全身全霊をもって感じていく

ことがあるのみです。

今後とも宜しくお願い致します。

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-11-12 07:55 | 抜刀稽古 | Comments(0)

YSさんからの第五十九回研究会メモ

合気観照塾・東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「燕飛六箇之太刀」の指導を受けた。
      (第五十九回研究会)
   期日:2018年10月14日(日)13時~

第五十九回研究会稽古メモに基づいて、初心者が理解できた範囲で稽古内容を
綴ります。

<指導1:七刀>
@七刀から始めますが、大事なのは手足が先に動かないこと。それから股関節
 の立替えが上手くなるように真っ直ぐ降ろして。それで 上げるときも左手
 を伸ばせば上がってくる。それで、左へいって肩の力を抜いて、ゆっくりと
 落していく。ゆっくり。それで また上げて、またゆっくりと落としていく。
 それから 上げて、また 斜め。上げて 斜め。

@それで、この時も歌舞伎で真っ暗闇の中で斬り合いをするような場面があり
 ますが、真っ暗なドンテンというか 暗いところでやって 黙ってゆっくり
 と動く そういうつもりで 結局、力を抜いたら刀がどういうふうにいくか、
 というのが すごく大事になってくる。

@もう一つは、上げた位置が決まったら 落ちる位置が決まるという。それで、
 こう立っていると ここへしか行かない。ところが 手首が決まっていると
 ここへ落ちてくるのです。これが こう寝てしまうと よく剣道でやるが、
 こうやってしまうと これだけすごい無駄な時間が ここの見た目なのです。
 それで、ここにあると最短でここへ落ちてくる。ですから 上がったときに
 もう 落ちるところが決まっているのです。こっちへやったら こう落ちて
 くる。そういうイメージをしないで 形を覚えて振っても余り意味はないの
 です。

<指導2:初心者への個別指導>
@その時に、ちゃんとモノウチが当てるのではなくて、この反りのカーブで
 斬れていくという そういうイメージが大事なのです。
@その時にこう しんどいのですよ手が。 ここに、肘がしんどいでしょう! 
 だから、そういうことに気付かないで バンバンやってもダメなのです。

<指導3:打太刀にどう対処するか>
@何故、そこから入るのか というと、今日は、実は 燕飛の打太刀を覚えて
 もらいたいのです。型稽古では 皆 最初は使太刀しかやらない。使太刀を
 一生懸命に覚えようとする。でも、打太刀が来たのにどう対処するか、と
 いうことで、勝ち方を身体にしみ込ませていくのが、使太刀なのですよ。
 ということは、使太刀が先にどうくるかを決めるわけじゃないのです。
 もちろん 先輩達が打太刀をするのですが、打太刀の来かたによって、
 使太刀の対応が変わるはずなのです。
 ですから、型を覚えて 早くバンバンやったらよいと思っていると 違って
 くるわけです。

<指導4:打太刀の方が大事>
@真っ直ぐセイガンに構えてください。使太刀。勝つ方です。それで私(先生)
 が打太刀、青岸です。それで このまま ズリズリズリといって 左手を
 斬ります。何もしていない。使太刀は 真っ直ぐ中段のままです。

@今度は、青岸のまま こういって、それから こっちではなくて こっちの
 方が近いですよね。すると ここへ捩りこんでいけば そのまま右手を斬り
 ます。これは剣術ですか? (笑い)

@だから、青岸のまま こういって 遠いからこっちへ移るところで、これを
 押す。押さえにいくわけですよ、気持ち。だから 押さえてくるのをこっち
 で移って、ここへ行くと見せかけて ここへくるわけですよ。こういうふうに
 当たるのです。ところがそれを押さえて、持っているので、こっちへ移って、
 ここで回刀して こういくと 一番近い。だから 形の中ではここを斬るから
 三つ拍子の外し。だから そういうふうに 打太刀の来かたと来るタイミング
 で使太刀は動かないといけないわけです。だから、打太刀の方が大事なのです。

<指導5:相手と如何に対話をするか>
@だから、最初の打太刀の「青岸」と使太刀の「真っ直ぐ中段」が どのような
 対話を始めているか、というところから やりたいのです。

@打太刀がこういったのを使太刀はイヤだといって押さえる。押さえられるから 
 打太刀はこっちへフェイントをかけておいてから ここへいくのを、使太刀が
 三つ拍子の外しで 外す。だから 形だけを覚えるのではなくて、そういうふう
 に どういう意味か、というのを対話する中で覚えていくと 型を覚えなくても
 相手の来たのに対応できるはずなのです。

@本来、相手がどう来るのかは分からない。従って 型を稽古しながら、相手が
 違うことをしたら それに対応しないとダメなわけです。だから 常に そう
 いう発想を持っていないとダメなのです。

<感想>
 第五十九回研究会稽古メモで 「形を覚えてはいけない。これに尽きる。」と
 指摘されており、その意味するところは、研究会で K先生より 繰り返して
 御指導がありました。肝に命じます。
 
        滋賀より参加の初心者 記

c0321318_09125125.jpg

[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-10-19 09:06 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

第五十九回研究会稽古メモ

第五十九回研究会
平成30年10月14日日曜日

1 燕飛

  猿廻
  山陰
  月影
 (浦波)
 (浮舟)

2 手の中心
  足の中心

世話役です。

 燕飛は・・・形を覚えてはいけない。
 これにつきます。
 手の中心、足の中心は私なりに他のポイントととの関係を考えて一つの経路を作りました。
 
 私の癖で、なぜ右足の踵の着地点が後ろになるのか。
 なぜ右足だけが鼠径部から外れやすいのか。
 加えて、YSさんと稽古をさせて頂き、鼠径部と爪先の関係が客観的に再認識出来たことに感謝致します。
 そして宗匠の足袋のほつれ。
 十年苦しんだ足底筋膜炎。
 これらの理由を分からせて頂きました。

 外から見ても同じ動作だが、体内では全く逆のことがおこっているということがあるということが嫌というほど分かりました。
 
 そこのポイントで宗匠は
   言葉で説明できません
と言われました。

 今回の研究会も核心に迫る御指導ありがとうございました。
「歩法やーろおっと」です。(>_<)ゞ


[PR]



# by shinonomeaiki | 2018-10-15 19:13 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル