合気観照塾東雲道場

6/12東雲館稽古

今回は、「折敷く」をテーマに稽古しました。

ここでいう、折敷くは、新陰流等の古流でいう、片膝を着く形ではなく、真っ向に切り下げた状態を指します。

いつも相手をして頂く会員さんは、稽古熱心な方で、いつも遠方から世話役こと私の相手をしに来て頂いています。

ありがとうございます。

昨年12月より、東雲館の研究会を催し始めた頃から参加して頂き、ここ数ヶ月で格段に上達されています。

ご本人は、「東雲館に通い始めたからです。」だと言って頂いていますが、私はそうではないと思います。

要は、上達するその時が来たのだと思います。

大相撲などで、強かった力士が、突然弱くなって行く時があります。

それは相乗効果で、強くなる時期に、うまく稽古をすると伸びますが、間違えたり、怠ると、あっという間に、時期が到来した力士に抜かされます。

ですから、その方も、御自分で考えられて、うまく稽古を修められている結果が反映されていると思います。

1ー下段の刀棒に袋竹刀で打ち込む
・竹刀に乗らない。
・手、肘、肩、背中を固めない。

どうしても、押さえつける、イメージにとらわれるので、いろんな折敷くを試しました。

2・身を一重、半身でくねり打ちにする

3・転身して捌いて打つ

4・差し換えて転身して打つ

5・水車勢のように、外してから打つ

呼吸や、体内の操作は共通項がありますが、足の位置や腰の角度は様々です。
でも打太刀のやられ方は共通し、中心を押さえられ、前後左右へ崩されます。

相手を折敷こうとすれば、自然と捌き過ぎなくなりました。

離れ過ぎない位置。

先生が、よく言われる「そこしかない。」という位置。

打つというより、付ける意識を持つことが肝要であると思います。
[PR]



by shinonomeaiki | 2014-06-14 22:47 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル