合気観照塾東雲道場

初級稽古8/8

陰陽、表裏の話はまたの機会にします。

8/8金曜日午後4時から、初めて稽古されるYRさんが東雲道場に来られました。
YRさんは弓道経験者で、登山が趣味の30代前半の青年です。

初めに合気柔術と逆関節をとる柔術の違い、剣の理合から合気が生まれていること等を説明した後に座取り等を体験して頂きました。

その後、立ち姿勢を指導させて頂いた後、両手の掴み手外しをして貰いました。

私が思いっきり掴むと、両腕が上がりません。
両腕が上がらないので、手が外せません。

掴み手外しをいったん止めて、木刀の素振りを行いました。
剣を持つ腕と呼吸を合わせるように指導した後、何十回か素振りをして貰いました。
次に剣を振らずに呼吸だけをして貰うと、YRさんは「腕を止めても、腕の中が上がろうとするのと下がろうとするのが分かります。」と仰られました。

素振りを止めて再び私がYRさんの両腕を掴むと、簡単に外されてしまいました。

YRさんから、「どうして出来たんですか。」と聞かれ、私は「やったのは、あなたでしょう。」と言ってあげました。

これは、合気の初歩の技術です。

ひとつ言えることは、YRさんは自らの人体の中身をより多く味方につける術を知ったということだと思います。

私が思うのは、自分という概念は人体の何処にあるかも分かりません。
脳が無ければ、意識は無くなりますが自分とは意識だけかと聞かれれば違う気がします。

意識なく動く心臓等の臓器や、反射反応を生む五感の感覚を有する器官も紛れもなく自分だと思います。
そこで、人体を細胞の塊だと捉えると、脳という一部分が号令を発したところで、従う細胞はたかが知れているということだと思います。

会社で例えると、いつも朝礼で話が長い社長が今日も相変わらず朝礼で、国際情勢や景気の動向について「どこも不景気なんだから、君達ももっと頑張ってね。」等と話します。
社員たちは黙って聞いています。
朝礼が終わり、社員たちはいつものデスクにつき昨日とさして変わらない業務を行います。
社長は業績が上がらないのを社員のせいにし、よく言うことを聞いて意のままに動く管理職の腕や脚を酷使しましたが、一向に業績は伸びず、筋肉や靭帯という中間管理職に鬱病や過労死が続出します。
そんな会社に呼吸という経営コンサルタントがテコ入れしに来ます。
呼吸は創業間もない頃からの会社の経営に無くてはならない存在でした。
ちなみに資本の一部にあたるものが酸素や空気ではないかと考えています。
呼吸は全社員に向かって言います。
「君達、創業者である初代単細胞の理念を忘れて貰っては困る。我々が創業から如何にして、運営資金を得るために進化し続けて来たか思い出しなさい。進化し細やかな機動力を備えたからといって、腕や脚といった営業部だけに仕事を押し付けるな。総務部門も専務も社長も会長も一丸となって働かんか!」と言ったところ、みんなが言うことを聞いて働いたところ、業績は急上昇しました。
誰も文句を言わなかったのは、結果的に楽だったからです。

というのは私の妄想かも知れませんが、呼吸というものは、それぐらい太古の細胞単位の連携連動を発動させる役割があるのだと感じています。

私がYRさんに「うちの道場では、何とか投げや何とか切りのような技を技として稽古したりしません。技として稽古すると、使えなくなりますから。」と言ったところ、YRさんは「相撲の決まり手と同じですね。勝負がついてから技の名前が後付けされますから。上手投げばかり練習している相撲取り見たことないですからね。」と仰られました。
私は言い得て妙とはこの事だと思いました。

まだまだ先生からの課題にはほど遠いですが、初級稽古の糸口が掴めそうに感じています。

[PR]



by shinonomeaiki | 2014-08-11 21:44 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧