合気観照塾東雲道場

9/11稽古 OAさんの感想

9/10稽古

今回初めて稽古に参加されたOAさんの御感想を張り付けさせて頂きます。

東雲道場 2014.09.10

昨日は、東雲道場で、IYさんに剣術の稽古をつけて 頂きました。

剣を握るのではなく、中指と薬指を引くことで手首 が決まり、母指球と小指球との間で転がせる位置に 剣を持ちました。 足の向きや両足の幅を変えながら、力の通る前提と 通らない前提を検証しました。

一側の足を相手の中心に合わせ、相手に対して斜め を向いた姿勢で、真ん中で息を吸って剣を上げて行 きました。 剣を頭上に上げた姿勢は、上に伸び上がっているの ではなく、剣の高さと対応してつま先が浮くことに よって生じた、前方に剣を向けた身勢の一変化であ ることを学びました。

臨界まで吸い上げたところで力を抜いて、内部の重 みを落とし、股関節を通る辺りで、相手に体幹を向 けて照準を合わせました。 丹田を相手に向けるためには、思っていた以上に股 関節が深くくわえ込まれる必要があることを感じま した。 股関節が入り、膝の力が抜け、足の前方へ重心が移 動していくと、抜いていった重みが、下肢を下って 床へ下りていく様子を感じられました。

そのまま息を吐くと、剣が真っ直ぐに落ち、合わせ た照準のライン上に剣を振り下ろせることを体感で きました。 相手に受け止められても、股関節の高まった意識を 残したまま動作を続けることで、相手に付けた剣の 撓みが弛むことなく、足を入れ替えたり下肢を運ん だり出来ることを学びました。

相手への照準を合わせるように、足下から前提を 創っていくことで、自分自身の曖昧にしていた部分 が色々と浮き上がってきました。 初めて見るような道具も色々と持たせて頂きなが ら、思い切り身体を動かすことができ、多くのこと を学ばせて頂きました。 IYさん、昨日は楽しく充実した時間を過ごさせてく ださり、ありがとうございました。

世話役です。

OAさん、細やかな感想ありがとうございました。

今回は七刀の三種と人中路をメインに稽古しました。
そして、人中路の照準になる前足の「くわえこみ」が照準に影響することを体験して頂きました。

「正面打ち」「正面切り」等といいますが、人体が動いた時の正面とはどこを指すのかということだと思います。
そのために七刀によって空間に補助線を描きながら体幹を感じます。
因みに七刀は切り方ではなく、分離線と思って頂きたく思います。
七刀はK先生の歩法ジグザグを、足を移動させずにやったものです。
私は試斬をした時に、「袈裟が斬れない」と感じました。
巻き藁は切り離されていますが、実感は「自分がやっているのは、ずれた正面切りではないのか。袈裟たる根拠が見当たらない。」です。
K先生が仰られる、多数、他方向のベクトルを発するに、先ず、自らの「正面」「前」という概念が確立されていなければいけないと感じました。


[PR]



by shinonomeaiki | 2014-09-14 07:19 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル