合気観照塾東雲道場

11/9第12回研究会

11/9第12回研究会の稽古メモです。
S先輩から頂きました、いつもありがとうございます。
改行出来ないことを前提に記載して頂き細やかな御気遣い痛み入ります。


①普遍性と発展性について 書を例えにしたお話しと剣術用語説明
②七刀 杖バージョン
・順、逆手両手持ちで杖を掲げ身体の軸が伸びる位置を確認(頭の上、鎖骨、丹田の三カ所)
・丹田の高さで両手逆手持ち(両端を親指で栓)→右親指を外すと杖が滑り出る→左方向を向いて本手打ち→打ち下ろした路線を戻ってスタートの位置へ→左方向を向いて右手突き→そのまま滑らせて両端持ち→腰を切って左手突き→そのまま滑らせて両端持ち→正面に向いて完了(逆も動作は同じ)
・丹田の高さで両手順手持ち(両端を小指で栓)→左小指を外すと杖が滑り出る→そのまま頭上に杖を掲げ繰付(小手に下から付け崩す)て落とす→再度杖の両端をスタートの位置へ→右小指を外し杖を立てながら左方向を向き逆手打ち→そのまま滑らせて両端持ち→左小指を外しそのまま逆手打ちへ→再度杖を滑らせて両端持ち→正面を向いて完了
※剣ではなく杖という自在性の有る物を使っているという意味
※長さ、重さ、太さ、材質等が違う物のを使って体内感覚の差異を味わう

③七刀
④七刀 猿廻バージョン
⑤七刀 必勝バージョン
※③~⑤の動作説明は割愛
※あえて足を動かさないことで太刀筋や身勢、力の抜け具合、身体の伸びや締め等を確認していく
※足不動、爪先中心回転、踵中心回転の3パターンの差異も後の検討課題

⑥抜刀 納刀
身体の伸びと鞘の回転を利用した抜刀と納刀時の切っ先が鞘に自然に収まってくる位置の確認

⑥雷刀からの斬り落とし
雷刀の角度、手の内、締め、伸展~保息~脱力、刃筋、太刀連等の確認と稽古

⑦正面からの押し
袋撓にセーム革を巻き、模擬刀で打つ。刀棒の構えの相手に付けた刃筋の確認をして進み推す
良い位置からずれないように刀の反りを利用した前進

⑧競技用薙刀を使った手首止め、繰付の稽古
・物の長さと撓りを利用した抑え

・一つの形を機械的に行なうのではなく、普遍性と発展性が産みだせるような身体創りの為に、様々なパターンの稽古を虱潰しに行い確認しながら形の中に反映させてゆく。



☆世話役です。
☆今回の研究会が一周年記念になりました。一年を通じて一度も中止にならなかったのは、指導監修して頂いていますK先生をはじめ、本当に遠方から参加して頂いている皆様方のおかげだと感謝しております。
☆さて、今回の研究会で、K先生が書を例にあげられて、合気の「普遍性と発展性」について話されました。私の記憶では空海が書について、「自然は美しいものであり、書とは、人がその自然の美しさに感動した心を表したものである。」ということを何かで書いていたと思います。先生が言われた通り、合気とは人体の自然性によって発動しているもので、大自然によって形成された物理的社会の中でも、その根底を一にする自然性によって普遍性を持つものであると思います。また、仕事、家庭、国家、銭湯、格闘等の人間社会の中であっても、全て人体によって創造されたものであるなら、自然性からの逸脱はあるにせよ脱却することは不可能であるので同様に普遍性を持つものだと思います。
☆また先生により、「七刀杖」が示されました。七刀よりも、西江水を鍛練出来る基本です。さすがに先生にしか思いつかないと、当たり前ですが脱帽しました。何故ならば、七刀には袈裟斬りが4種入っており、複数のベクトルが・・・・・でややこしいのです。ですから、上半身への意識が大きく割かれるので、西江水の意識がわかりにくい難点がありました。もちろん、歩法へ行くには通らないといけないんですが、七刀杖は仙腸関節や股関節等に関わる意識に集中しやすいので、初心者の方にも西江水が分かり安いと思います。





[PR]



by shinonomeaiki | 2014-11-11 18:26 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル