合気観照塾東雲道場

12/6 合気観照塾 「吹き抜け」

12/6  合気観照塾  
感覚の世界へ「吹き抜け」

ひびきにて、K先生による「吹き抜け」の指導を受けました。

未熟な私なりに感想を書かせて頂きます。
1
 正座の相手に、正座で向かう。
  良い位置、角度を感じる。
2 
 片手掌を相手の肩と上腕の間の辺りに付ける。
  労宮を効かせる。
  圧力で押さえない。
  触れる程度。
3 
 呼吸、同調により緩みをとる。
  目で見ない。
  感覚の視覚化
4 
 中心で攻める
  当たる、止まる。
  縦軸が限界。
  中心で攻めたことで、左右の軸(例えば七刀の左右の感覚)を作れる。
5 
 攻めが止まったことを悲観しない。
  相手の力で均衡すれば、緩みが取れた状態である。
  浅い平面的な均衡ではなく、奥行き深みのある均衡により、立体的に遊びをとる。
6 
 左右行きやすい方で攻める。
  ある程度で止まって均衡する。
  図形で書くなら、横長の長方形に対角線を1本を入れて、直角二等辺三角形が2つ出来て、同面積で釣り合っている状態。
  長方形の頂点4つが互いの左右で、2つの長辺の2つの中点が、互いの中心とすれば、中心と左右のうち1点で攻めた段階で、両者は相対的にかなり均衡する。
  2軸で攻めたということは、同調ありきの前提により、相手に残る1軸では攻められているとも言えるのでは。
7-1 
 残る1軸で攻める。
  相手の頂点の位置をずらして攻める。
  例えば、中心と本来の軸の位置との間を狙う。
  面積が均衡しないのを補うために形を変えて、結果的に相手の体勢が崩れる。
7-2
 前項6の均衡状態から、三軸で一斉に攻める。
 壁(こちら側の長辺)で攻める。
 一気に均衡位置が変化する。
 「吹き抜け」る。

世話役です。

ニュートンの「人間が見えているのは、真理のほんの一部分でしかない。」等と訳された言葉を聞いて、何故か怖くなったのを覚えています。



[PR]



by shinonomeaiki | 2014-12-08 03:50 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル