合気観照塾東雲道場

YS さんからの感想文

YSさんからの感想文です。いつもありがとうございます。
合気観照塾東雲道場での初心者稽古に 男性2名(Sさん、YS)、女性1名(Mさん)の参加で、男性コースと女性コースを平行して世話役さんに稽古をしていただきました。
男性コースは第8回(昨年7月)研究会の補習をお願いしました。
1. 青岸・押し崩し    打太刀:雷刀    使太刀:相手の手首に青岸のまま付け、→ 相手を押し崩す
  <指導>    青岸の構え:人指指と小指は離す。肩肘の力を抜く。     使太刀:仕掛ける方、使う方、勝つ方、
2. 青岸・引き崩し    打太刀:雷刀    使太刀:相手の手首に青岸のまま付け、相手を押し崩そうとする    打太刀:雷刀相手が押し返してくる    使太刀:自分が開いて 相手に上太刀になって そのまま引いていく。  
 <指導>    ・ 付けて、入れて、抜くを意識     ・ 越す拍子
3. 青岸から袈裟打ちへ 
 <研究会メニューでは>    青岸の構えで待ち、拳を斬ってくる相手の剣を袈裟で切り落とし、(そのまま 八双になって)順の袈裟で右籠手の内側を打つ。(そのまま 返して)再度 順の袈裟で右籠手の内側を打つ、(足を入れ替えて)逆の袈裟で左籠手の内側を打つ。リズムよくトントンと 当たる拍子  
 <補習>   
 打太刀:八双の構え(左前に足を出す)   
 使太刀:青岸の構えで待ち、誘う。    
打太刀:八双の構えから 左拳を斬ってくる  
 使太刀:その瞬間、両腕の肘を曲げて振り上げ、青岸から袈裟の構えに        変えて相手の篭手を打つ。  
<指導1> 剣をこねないように! 未だこねている。刃の向きでわかる。   
<指導2>    始まりが遅い! 返しが遅い!      ・ 打太刀がこうきて、ここからやっていたのでは遅い。    ・ 打太刀がこう(八双)構えて、使太刀が誘う、打つのは このとき。    ・ 来た瞬間に打っているのでは 遅い! 
<指導3>    これが「目付け」と言われるものである。    
・ 打太刀が八双になる。打太刀が切るのは、使太刀の足であったり、肘であったり、篭手であったり、頭であったりする。    
・ では、何故 使太刀は左手で誘ったか? 相手に打たせるため。      
ということは、相手の何が 使太刀に一番近い?    
・ 一番近いのは 2星といって、、、、なのです。    
・ これが 自分に一番近づいてきたときである。    
・ だから 相手が構えて こうくるときに ここに  
<指導4>  使太刀の目の付け処は、打太刀のモノ打ちではなく、自分に一番近い     この2星。それを「目付け」という。               
<指導5> 誘って、わざとそこに打ってもらうのが大事。これが水車勢である。     (薙刀を使った様々な水車勢の形を披露していただいた)  
<指導6>怖い。何故か? 相手がここを打つ気でいるので、吊られて、、身体     が逃げると、相手はそれを追いかけてくる。身体は逃げずに。   
<指導7 打太刀に対して> 斜から八双になるときに 後ろの足が付いてきていない。 右半歩 滑っている。  
<指導8> 何度も繰り返して 覚えるしかない。     
袋撓いよりも 木刀でパン、パン、パン、とやったほうがよい。 
余り力を入れなくてよい。     
足を入れ替えて 打ち返るときに そっちに上げて打つ。     
ゆっくり、リズムで、足を入れ替える。   
<指導9>使太刀は 打太刀に打たせる必要がある。  
 打太刀は こちらに返して 八双に上げて 青岸と打つのと2変数を考える。ゼロとイチしかない。     
それで身体の立て替えもゼロとイチ。これがゼロなら これがイチだ。     
手もゼロとイチだ。これがゼロなら これがイチだ。    
 何が違うかというと、手がクロスしているか、していないかだ。     
剣術は、ゼロとイチの組合わせだ。
4. 袋竹刀の相対稽古  ② 正面五点打ち  <研究会メニューでは>    ・打太刀の手2点を寸止め、他の3点を打ち込む。    
・位置と力を変えて、精度を上げる。 
 <指導7> 袋竹刀の中心を打つ → 打太刀の右手を寸止め → 打太刀の左手を     寸止め → 袋竹刀の左端を打つ → 袋竹刀の右端を打つ     
足の出し方と 手の上で止める練習  一歩で打つだけ。身体の位置は動かない
③ 正面五点回し打ち    
・連動の確認。   
<指導>    
 踵を浮かさない。
5. 相懸け返し    
・ 余裕の二拍子で行う 
 <指導9>    
「相懸け」とは物理的な現象をいうのではない。
6. 相懸け流し    ・越す拍子     ・足を差し替えて小手を打ち返す際に、打ち太刀の左右に捌かない
7. 足を捍ぐ 内側 外側   
 ・呼吸のリズム

<感想>稽古の後半で、相懸け返し、相懸け流しを指導していただきましたが、残念ながら消化不良を起こしました。自分なりに練習し、補習をしながら 東雲道場での研究会に参加します。                    
 <古希・初心者、滋賀県より参加>*八双は撥草でもいいです。

[PR]



by shinonomeaiki | 2015-05-29 07:35

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧