合気観照塾東雲道場

第十八回研究会メモ

S代表からの研究会メモです。いつもありがとうございます。
今回は初参加の方もいて歩法や堤歩素振りに慣れている、いないがはっきりでましたね。
中身は宗匠のご指導を仰ぐのみですが、慣れていない方々にも動作や順序は徐々にでもお伝えして行こうと思います。
先ずは形から・・も有りでしょうかね。

第十八回研究会稽古メモ

肩の脱力?片腕を肩の高さまで上げて肩の力を抜いて落とす(落ちる)。
普通に上げて抜いて落ちる(落とす)。
吸って浮かせて上げる、指先がピッと上に向くくらいまで先端を効かせる。
肩→肘→指先と抜けて順に落とす(落ちる)太腿にパチンと当たるくらいの勢いが出る。
腕を鞭の様に使う。
指を頭の後ろで軽く組み、身体の反り、横隔膜の浮かせ、肋骨の締めや伸び、振袖を効かせたまま押さえられた肘先を浮かせていく。
(立位と正座)󾭥七刀のラインに沿って腕上げと落とし(片手、両手)何種類かの動きを行い上半身の力を抜いて動くことを感じる。

~休憩~

無駄な力を抜き、締める所、伸ばす所、緩める所、効かせる所などの確認や感じを保ったまま剣の稽古へ
(観照塾剣術メニューに準ずる)
堤歩素振り
1、真っ直ぐ中断2、正面打ち3、正面回し打ち4、袈裟回し打ち5、中段捩り込み6、上段捩り込み7、屋根を作る8、ジグザグ正面回し打ち9、ジグザグ袈裟打ち10。ジグザグ猿廻打ち

相対稽古
1、正面打ち2、正面廻し打ち3、合し打ち12、猿廻打ち

今回の剣を用いての稽古は初参加の方や慣れていない方にとっては中々大変だったかもしれません。

とはいうものの七刀、歩法、堤歩素振りは別々のものではなく全て関連する様に作られていますので共にコツコツ稽古していきましょう。



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-06-04 07:27 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧