合気観照塾東雲道場

第二十回研究会メモ

初心者にとって難しい技である「付ける打ち → 接点を介して押し崩す」の稽古に悪戦苦闘する様子を日誌に綴ります。必要に応じて内容修正いただき、ブログに掲載賜われば幸甚です。
------------------------
2015年7月12日(日)13時~

1.戦場では、力を抜いて闘わないと、いざというときに、 ところが 力が入りっぱなしだと力が抜けない。そういうふうに逆転の発想なのです。 
  そこで軌跡がわかると、そのままスパーといける。 ところが、、、 いれると もー、遅い、負ける。
2.だから、今度は 警杖で音をさせないように、西江水を使って押さえるとはどういうことかをやってみる。     
          
3.具体的な説明   
@いかに力を抜いて、音をさせない。音がするというのは、力がこもっているから。
@こうやると肩に力が入って 音がします。それを ここで制御して、ここは自分のところで、、、切っているのは、そこを切っているわけ。
@ところが、スーと付けたら、こっちへ動き、こっちへ動き。 で、ここで音をさせないように 左前へ、右前へ、西江水を効かせて。
@置きにいくのではない。止めるのではない。勝手に止まる。そこでランク。それが中段。 
@上段、中段、下段は、要するにここの角度がちがうだけ。

4. 稽古(居合刀と警杖)
@それでは上段から。 頭の上くらいに警杖を構えてください。
@止めるというより、止まるというのを 身体で覚えて下さい。
@いろいろな高さで止まる。止まったら、刀の反りを利用して 中段、下段へといきます。
 それで、西江水が効いているかが大事。そうでないと、今度は 押したり、引いたりが出来ません。
<世話役さん>
@振りかぶらない。
@ここを縮めていって そうやって そのまま こう身体を伸ばしながら、、
@前に踏み込むのではなく、吐きながら、
@振り上げたとき、倒れている。これは剣ではなく、棒グラフと思いなさい。棒グラフは 倒れてはいけない。
@肩の力を抜いて。又、倒れている。傾いている。
@手首が決まっていない。肩の力を入れたまま振っている。そのクセを取るために 先程 一生懸命、、、
@そこを収縮させてください。吸って、吐いて、 ポーンと振りかぶったら、これが出ていたら いくら、、、 これが上がって、
@吸って、緩めて、この剣が、ポーンと抜けてしまう。
@又、上がっている。
@これで切ってほしい。七刀で 吸って、、、落ちるだけです。
@吸ったら 切れない。絶対に 切れない。
@だから、先ほど やっていたように ホーミを上げかえの動作です。
@もう少し 前にきて、これで終り、
@吸って、吸って、吸って、 抜くときに人中路に合わせて   
@で、手首を伸ばさない。それは しっかり こう持って、斜めに
@それで、こう 上がっていく。この角度のまま 緩めて そのまま ここで打つ。
@伸びている。
@ソー、そうすれば、結局 動かさずに切れます。
@手首をもっと締めて、90度 肘を  そうです。
@吸って、吸って、、、、元に戻す。

<先生の指導>
@それでね、足を ぐーと こうやっているから。
@足、右前、左前、替えて下さい。 そー、右前、戻して、左前、
@ソオー、戻って そろえて、左前、
@なにしろダマクラカシテ、動かしまくる。ソー、足を揃えてがんばるから、、

<世話役さん>
@もっと 力を抜く、 上げたところで 終り。
@それをね、こうやって抜く、
@足を動かして、ソー、ソー

<先生の指導>
@カボクというのは、和らぎ、間(ま)をしめる。だから、叩き付けるのではなく、
 相手の、、、、に、、、、にスーと。それを 力を入れた瞬間に 反作用が返ってきて、それを押さえようとして 無駄なエネルギーが、、、それが 抜いて 寄せて相手の向うに意識へ、   結構
@そういうつもりでやって下さい。誰でも一緒なのだが、自分がバンバンできる奴ほど人をバンバンしようとするので、、、自分で工夫して、やってください。

5. 稽古(木刀と警杖)
<世話役さん>
@足を動かして、止めない、止めない、未だ 止めている、未だ 止めている、
@圧力が変わる、ここの圧力が、圧力が減っていくでしょう? 減っていくというのは、止めているから、 

<先生の指導>
@これ 内股で この角度。
@ちょうどよい角度は ここしかない。
@ですから、このベクトルと、このベクトルがいっしょ。
@ところが、ここからチョッと上がると、 もー 滑る。
@ここから ちょっと下がると、もー こっちの力が負ける。
@よいのはこの角度。だから よいところ これと一緒で ここしかない。
@こうなると、もう力がない。こうなると、プラスです。 ここしかない。

Q:その角度と、青岸の角度とは同じですか?
A:青岸の角度が 一緒じゃなくて、ここが一緒。で、これらは 30度といわれている
  が、その角度が大事なのではなくて、こう上げて、じゃー ネッチュウするか、 
 
  これでいくのか、  これでいくのか、 ネ。その練習をして下さい。
どー 持ってもよい   この角度と合わす練習をして下さい。

<世話役さん>
@自分に返ってくる圧力をなくす。ここで こう構えて そのまま、自分で変えない。
 あとは方向だけ。
@自分で止めない、ゆっくり
@もっと上でやらないと 鉄球は運べない
@緩めて、力を緩めて、、、
@自分で どこまでやって その力を 逃げないように 逃げないように
@じゃー、限界まで力を  そこは自分でちゃんと処理をして、
@そー、そこで、
@このまま、もう外れた、自分で どこが外れるとこか というのを体感して、
@杖の場合、ここで処理がおわっている、
@剣の場合はここまでいって ここから処理しないといけないのに。そのまま 杖の場
合、
@もっと上に上げる、こう上げて  そー
@ここで処理が終っている、自分で止めているから、
@ここで処理が終った、同じ事です。こういって 処理が終って
@その為には 抜かない 自分で力を。身体の中だけで 跳ね返りを、相手に当てて
 跳ね返らない身体でゆっくり探って、これで 跳ね返るというところでノーマルで 
    
<先生>
@遠目!

<世話役さん>
@圧力を変えないために 鉄球運び(身体を支えながら前へ)の歩法をやっている。
@圧力が変わると 相手も変わっていく。圧力を変えずに 相手に入っていく。
@変わる限界まで、人中路
@相手をいかにギリギリまで動かさないか
@変わる寸前に歩法
@すーと吸って、誰かに天井から吊られているようなところで、引き抜いて そのまま
ストーンと
@鉄球運びをする。変えない、変えない、これ以上変えないところで、

(感想)
 東雲道場に入門して、最初に驚いたのが、この付ける打ち → 接点を介して押し崩

 技でした。相手を崩す力がどこから湧いてくるのか、分らないまま 常に道場の羽目板にぶつかっていました。今回、付ける打ちの角度、圧力を変えずに相手に入っていく、鉄球運びの歩法、相手をいかにギリギリまで動かさないか、等を学び、ようやく疑問が解けた思いです。1年半かかりました。    
(滋賀から参加の初心者)

世話役です。

自分の力では何も出来ないという起点に立つと、いろんなことが分かってくるかも知れないです。
私は、体を変えれば脳が変わると思っています。
体の使い方を変えれば、脳の使い方も変わると思っています。





[PR]



by shinonomeaiki | 2015-07-25 09:13 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧