合気観照塾東雲道場

SYさんの8/1の稽古日誌です。

合気観照塾東雲道場での初心者稽古に I世話役さん、S代表さん、ベテランのFさんの
3人が出席され、男性2名(Iさん、YS)、女性1名(Mさん)の稽古をつけていただきました。
屋外は猛暑でしたが、道場の中で さわやかな汗をかいて 充実した一時を過ごしました。その様子を日誌に綴ります。必要に応じて内容修正いただき、ブログに掲載賜われば幸甚です。
------------------------
期日:2015年8月1日(土)13時~17時

柔術1.座位で相対して、相手に両腕を掴ませる。
@両腕を掴まれ、押さえられているので 上がりにくい状態。
@先ず、手の先に 余り意識しないで、相手に押さえてもらう。
@次に、手をひらいてパーにして、相手に押さえてもらう。
@次に、指先を寄せて、その指先を相手の首に向けて上げる。
@この違いだけ。

--------- 繰り返す
@最初は、手先 何もない。手をグーにして 上げない。
@次に、手をパーにして あげない。
@次は、少し近づいて 指先を寄せて、寄せた指先は自由に動くので、その指先を相手の顔に向けてから、、。 
それだけでよい。


柔術2.座位で相対して、相手に両腕を掴ませる。
@両腕を掴まれ、押さえられているので 上がりにくい状態。
@ここから、手をひらいてパーにして、今度は 呼吸で、手はそっと上げて、力で。
@ここから 半分、息を吐いて、吸いながら 相手の首の方に指先を、、、
@そこから 息を吸ったところから、自分の腰を一回転させる。

--------- 繰り返す
@一回 手を上げる。押さえてもらう。
@手を ここにしたまま 息を吐く。
@次に 息を吸いながら 指先 抜ける。
@抜けたら、あとは こっちの腰で上げる。回して。

--------- 繰り返す
@こうきて 抜く。
@次に、吸いながら 指を上げる。この 腰の回転でずらす。

--------- 繰り返す
@押さえられた。
@息を吐いて、力を抜きます。
@次に、吸いながら 指を抜けます。これを 手でやるのではなく、腰で、、、、。

--------- 繰り返す
@上げます。
@吐きます。
@吸います。そのときに 指を抜けます。
@抜けたら、手はもー 動かないので 自分の腰を回して、、、


柔術3.座位で相対して、相手に両手で 片手を掴ませる。
@手を広げる
@鼻から息を吸いながら、指を上げる。
@ここから 腰で、、、、。 片手です。

--------- 繰り返す
@息を吐く。
@吐いたら、この力が完全に落ちるので、ここから もう一回 鼻から息を吸いながら、指先を相手に立てて 同調させる。
@同調させたら、手を動かせば、相手の手が動くので 手は動かさない。
@あと 動かす部分が ここだけなので、これをできるかぎり大きく動かして 相手の
腰を、、、

--------- 繰り返す
@吐く、
@吸う、
@ここをグーと回して、吐く。
@それだけです。

(感想)
 7月12日の第20回研究会で、宗匠が話された言葉が 浮かび上がってきました。
曰く。

 "力を入れたほうが強いと思う、その技術を伝えなければならない、と教育されている。
  すると、身体全体を使って力を出せるという発想が無くなる。
"どこかの筋肉を使いたいとか、、、になってくる。
"実際に身体を使ってやっていないから、こうだな、これがよいのに違いない、といって 誰か、権威のある人が言うと、その通りにいってしまう。
"だから、やはり、そういうことを実際にやっていない人が権威者になるし、権威のある人は 他のことをしない。他のことをしたら 外れるから。
"だから、考えがバラバラなのです。
"それを 共通して使えるような身体の使い方というのが大事なのです。
   (滋賀から参加の初心者)
 


[PR]



by shinonomeaiki | 2015-08-03 21:57 | 定例稽古 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧