合気観照塾東雲道場

宗匠の七刀指導

YSさんからの稽古メモです。
いつもありがとうございます。

お世話になります。
8月9日の第21回研究会の最後に「七刀」の稽古をしました。これは大変重要な稽古
でした。必要に応じて内容修正いただき、ブログに掲載賜われば幸甚です。
-----------------
東雲道場で第二十一回研究会が開催され、K先生から指導を受けた。カタ稽古「燕飛」

後、先生は 全員に「七刀をやって下さい」と指示され、そこで 以下の指導をされ
ながら
「大事なことは言いました。あとは自分で工夫しながらやって下さい」

と述べられた。それまでのカタ稽古の雰囲気は一変し、緊張感がみなぎり、全員が七刀を繰り返し、先生の言葉を肝に銘じた。先生の言葉を可能な限り拾い集め 日誌に綴ります。
2015年8月9日(日)13時~
<指導纏め>
@力をいかに抜いて、緩めて、それと股関節。
@人の(七刀)を見て やると すぐわかる。横を動かしてはいけない。
@慌てず、肩の力を抜く、首の後ろを伸ばす、モノウチ、でやって下さい。
@分ってきたら、猿廻バージョンを練習してください。
 「大事なことは言いました。あとは自分で工夫しながらやって下さい」

<指導>
@ちゃんと 頭、それと首の位置を伸ばして、、、
@ゆっくり、ゆっくり、木刀の重みを感じて、西江水におちていく。それを、、、
いるから 落ちていくのが感じるはずです。
@それと 握り締めない。フアッと持って、剣の重さを感じて下さい。そうでないと、
肩の力は抜けません。
@それと 無形になったとき、肘の これがこう 段違いになってない。首の後ろで
 吊っておいて、肘のかもし切らないで 手首 決めて そこでシヤをグググーとやる
と、
 それで 左合わせて 緩める。真ん中で打っている、、、。それが七刀のもと。
@最後まで 持ち替えて、 それと アイダを広げると あの 肘の場合がダンチになるので、一回 きって、
@Kさんが最初、9寸位の柄を持っていたのに、この頃、切っています。
 だから、さかさ太刀もやっているんです。ひととおり。反対の、、、をやらないといけないので。自分(先生)の一応 考えている。
@それで ゆっくりと息を吸いながら、ズーと手も 肩の力を抜いて、肘も広げて、手首だけ縮めて、親指も緩めて、手をズーと上げていきます。上げる、抜く、上げる、抜く、、、、 肩の先の力を取ったら、今度はそれの繰り返し。
@最後に 持ち替えて 下げる、
@それを左へ、右も同じように、手を開いて、
@それと 上のショーワの方の筋肉を使わないで、下から入る、下からいく、下からいく、、、すると 振袖の使い方を こっちで上げると 肩が効いてしまう。
 こっちで上げる。
@ゆっくり動いている中で 手の内を あたり、ゆるみの取れる方の変化をちゃんと感じる。握り締めると 分らないので ゆるみができたら 右と左で キャッチボールをするように、
@落ちていくのを感じる、西江水を効かす、首の後ろを効かす、というのが大事。
@その動きと、その重さの落ちていくというスピードが一致していくわけ。
 剣の先だけで するわけではない、えらぶ、手首も効いて、
@ゆっくりと動くほうが くせが続きやすい。
 足の幅とか、歩の幅、、、、長さというのも、

@その感じで もう一回 七刀をやってみて下さい。

(感想)
「七刀」とは よくできた「カタ」だと思います。考え出した人は凄いと思います。
          (滋賀から参加の初心者) 







[PR]



by shinonomeaiki | 2015-08-17 07:48 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル