合気観照塾東雲道場

カタの妙

岡本太郎氏の言葉にカタ稽古に通じるものがあるのでご紹介致します。

以下引用

人生は積み重ねだと誰でも思っているようだ。
ぼくは逆に、積みへらすべきだと思う。
財産も知識も、蓄えれば蓄えるほど、かえって人間は自在さを失ってしまう。
過去の蓄積にこだわると、いつの間にか堆積物に埋もれて身動きができなくなる。
人生に挑み、本当に生きるには、瞬間瞬間に新しく生まれかわって運命をひらくのだ。
それには心身ともに無一物、無条件でなければならない。
捨てれば捨てるほど、いのちは分厚く、純粋に膨らんでくる。

(『自分の中に毒を持て』 岡本太郎著 青春文庫)より引用

私が宗匠に剣を習った時には、一度も「覚えろ。」と言われたことはありません。
私も東雲道場では覚えなくていいですと言っています。

この岡本氏の言葉は本当に言い得て妙だと思います。

カタ稽古は、それまでに身に染み込んだ動きや、体に関する考えを捨てるためにやって頂いてるとも言えます。

 ですから、覚える必要はありませんが出来るように稽古して頂きたいと思います。

 こう言うことも、本当は文章にすると「家珍」の妨げになるやも知れないですが、最初のスタンスが大事だと思いましたので申し上げておきます。



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-08-27 08:41 | 意義 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧