合気観照塾東雲道場

ストレッチその2

<12.独鈷抄を持って>
@座って、独鈷抄を 手の真ん中にもって、そのまま 手の甲をバーンと、、そのまま
 呼吸。ポイントは、独鈷抄を持ったこの場所を動かさないように呼吸をする。すると

 勝手に身体は前にいく。
@息を吐くときに 先程のことを思い出して、手の甲、この位置を意識していたら、
 勝手に 身体が前に こう グンと締まっていく。
@次に 手を変えて やってみる。
@独鈷抄をポーンと置いて、手の甲を意識して スーと吐いているときに その手の甲

 手の接点に息を通していく。吸って、
@ふーと吐いて、手の甲から 足へ息を出していく。ソー。すると、勝手に身体が前にいく。
@次に、右手でやって、この手の甲を 自分のダンチュウくらい、真ん中に当てて同じことをやる。吸って、吐いたときに ずーと手の甲から、自分のダンチュウに向って 息を通していく。
@もうちょっと、手の甲をダンチュウにつけます。肘をもっと上げる。握らない。引っ掛けたまま。

@こうして、吸って、吐いて、そー やると、肩が締まって 身体が前にくる。
@付けたここから 息がシューと 自分の身体に入っていくように 循環させる。
@肘を下に、吸って、空気をフーと手の甲から 身体に入れる。  そうです。
 次に 手を変えて もう少し 立てて そー、
@もう少し手を合わせて 曲げずに そー、それくらい、
@これ、結構、身体が前に、、、
@2人で、座ったままで、ジワーと押してあげる。どれだけ自分が前に入ってこれているか。

<13.独鈷抄の本の紹介:インと、、、、>
@このインは、手で凡字を表す。
@これは、米の武器会社が作った 強化プラスチックでできている。
@形が、独鈷抄にとても似ている。
@元々、サンコ抄、ヨンコ抄は、まがまがしいものを滅ぼすという武器であった。
 今は 宝具(宗教儀式に使う)。
@これが本物の独鈷抄です。元々は武器であった。

@独鈷杵の持ち方というのも、伸ばしているのです。伸ばして、緩めて、吸って、緩めて、、、、伸びた状態で、吸って、脱力させるから 緩んで 伸ばされる。
@こう 手を下ろすのも、手だけ落ちているのではなくて、伸びた背中の中がポーンと
 
 こう出て、、、。 手だけの玩具だったら こうですね。
@身体の中の重たさで落ちるところ。重たさが違う。手だけで落ちると これくらい。
 それが 身体の背中まで落ちると、、、。
@この、押すと、途端に変わってくる。何故かというと、、、
@抜くのは、背中の中、 手が、、、
@次は、押したら ここから右 
@背中が緩んでいないと 落ちない。

@もう1つ重要なのは ここなのです。股関節は ちゃんとした位置になと、突っかかって 落ちない。 
@例えば、こういう感じでいくと、落ちているようで 全然落ちていない。何が落ちていないかというと、ここから、中身が全く動いていない。
@何故 動かないかというと、ここが、わざと開いて、この辺を固めてしまっているから。だから落ちない。
@落ちないから これを しっかり、、、して、こういくと ここから ストーンと こういう この、
@今は、正座をして 自分で感じているが、それを ちょっと 変わるかどうか分らないが、(S代表がうつ伏せに寝て)、この状態で、ちょっと、足を曲げて 少しだけ上げる。それで 揺する。しんどかったら座って 自分の足をつまんで、こう上げる。
@こうなるということは、身体の中が歪んでいる。特に、ここが、、ると、間違いなく腰や肩に 大変 下がってきます。ここが伸びると、この辺が 固まってくる。
 こっちへいってくれない。こっちへ引き寄せられる。
@そうならないように、例えば、こう持って 少し、このハリを出してやる。それで振ってやる。そうすると、勝手に戻っていく。先程のストレッチと同じで、少しこの 正しい カンヨウを振ってやると、結構 戻っていく。
@これをやると、結構 股関節が戻る。
@これを 開けてやるのではなくて、できるだけ 閉じてやる。 閉じて やった
 ほうが 戻しやすい。
@30時間も40時間も 長時間、車を運転すると、右足が こっちにいかなくなる。
 これを やると、けっこう一発で治る。
                     (滋賀から参加の初心者)

世話役です。

臨場感のあるストレッチメモありがとうございました。
本当によく覚えておられると尊敬致します。

観照塾の稽古前に、よく宗匠に御指導頂き、ストレッチは
1 頑張って伸ばしてはいけない
2 固めてはいけない
3 曲げてもよい
4 いい位置を探す
をモットーに自分なりに体を緩める方法を考えて試して来ました。
しっかりと、呼吸をしながら等速度で身体を揺らすと効果があることなどに気がつきましたので、たまに説明させて頂いています。

ちなみに独鈷杵は気持ちがよければ、擂り粉木でもなんでもいいと思います。

コールドスチール社のコブタンもなかなか出来がいいと思います。
プラスチックですが触り心地がよくお風呂でも使えます。
私はお風呂では使ったことはありませんけど。



[PR]



by shinonomeaiki | 2015-11-19 12:02 | 定例稽古 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧