人気ブログランキング |

合気観照塾東雲道場

代表より第二十四回研究会稽古メモ

稽古メモです。内容が盛り沢山だったので聞き漏れ、書き漏れがあると思いますのでフォローお願いします。

〈稽古メモ〉
1.無形から雷刀、真っ直ぐ切り落とし
右手小指は握りしめない
右手薬指、中指が握りのメイン
右手人差し指、親指は柄に沿ってまるめ指先を軽く付けておく
右手は小指丘と人差し指、中指で支え持つ
左手も同様にして持つ
肩の力を抜き、肘を少し緩める
無形の位置から呼吸に連れて刀が浮いてくる
雷刀の位置から刀の重さに任せて真っ直ぐ落ちてゆく。
刀身一致 等

2.七刀
七刀三種(通常、猿廻、必勝)復習
足を固定して七刀→ 重心を左右に移し替えながら七刀
(歩法付き七刀の一歩手前)
草履を履いて歩法+素振り

3.燕飛
燕飛~猿廻まで復習(宗匠による個人別チェック)
打太刀の片手打ちを城郭勢から浮かせて落とす。
刀棒への打ち込みから相手の左手の四指を捩り切る→模擬刀を使って刃の動きを確認、きちんと動くと刀が真っ直ぐ天を指す 等

山陰~月影まで

4.制剛流 1~5本目
1.向之刀 
2.引身
3.胸之刀(胸を掴む)
4.押抜(左敵)
5.車(右敵)
身体の伸び、ロッキングチェアー、左右の立替 等

5.抜刀~納刀
手元を見なくても納刀できるここしか無いと言う位置を把握する。空間認識。早く抜くだけではなくゆっくり丁寧に呼吸とあわせながら抜き、納刀の動作と意識の一致。

今回は燕飛の続きと久しぶりに居合の稽古をしました。宗匠も仰っていた様に刀を使って稽古することで刃筋や型の意図することを理解し易くなります。また居合は身体も温まるのでこれからの季節にはもってこいの稽古だと思います。

以上

世話役です。
いつも研究会メモありがとうございます。
私よりはるかに詳細で、復習するのに本当に役立たせて頂いています。
代表の書かれている刀身一致がこの回のテーマであったと思います。
気づかせて頂きありがとうございました。





by shinonomeaiki | 2015-12-04 19:22 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル