合気観照塾東雲道場

第二十八回研究会稽古メモ

くぼけんさんからの稽古メモです。
いつもありがとうございます。

2016/3/14

◎合気観照塾東雲道場

 ○木刀に馴染む
  ・分け目を動かす
  ・特に屋根を作るから撥草を確認
  ・逆横雷刀から横雷刀の大事さ
  ・右手軸でなく、左手軸でなく、分け目軸
  ・木刀の落下を邪魔しない
  ・木刀の重さや反り
  ・剣先を下げ過ぎない(止まる)
  ・参加者全員の木刀に馴染む
  ・木刀の特徴や持ち主の特徴
  ・私の木刀はまろやかになって帰って来た

 ○城郭勢から払い落とす(撥草から手を切られる)
  ・分け目を回転
  ・吸い上げ
  ・相手の軸
  ・次に繋がる身勢
  ・撥草が決まると股関節(骨盤、腰)で切れる
 ○青岸からはたき落とす(雷刀から手首を切られる)
  ・肘を落としかわす(吸い上げ)
  ・相手の軸と身勢
  ・攻めがあると剣先が落ち過ぎない
 ○足を捍ぐ
  ・分け目を動かす
  ・足から遠くへ出した時と近くへ出した時
  ・スコップ
  ・前のめりになると固まって次が動けない
  ・重さを落とす
  ・重さのベクトル+意識のベクトル=身勢
 ○屋根を作る(雷刀から真っ直ぐ)
  ・臍が逃げると滑る
  ・臍が相手に向いていると止まる
  ・手首をしっかり決める
  ・取れるか蹴れるか
 ○警杖に上段中段に打ち込み
  ・付けれるか
  ・押せるか
  ・横隔膜を下げない
  ・頸と横隔膜(吊るす・保障)
  ・股関節(骨盤)で弛みをとる

    ~~休憩~~

 ○相架け流し
  ・焦らずにゆっくり付けてから流す
  ・相手の方が力が強い時に使う

 ○相架け返し
  ・小太刀でやって頂くと点に乗っているのが解り易い
  ・がら空きなのに嫌な感じ
  ・いけそうに観えて油断してしまう
  ・どの稽古でも相手の軸を捕えると自然に身体が動く
  ・骨盤から上をくれてやる分重さを落とす

 ○制剛流抜刀術
  ・6、横雲7、除身の刃筋
  ・1~7
  ・ロッキングチェアの必要性
  ・頸の位置で中の伸びが決まる
  ・身体創り

#くぼけんです。
 『重さは落とす』が完全に抜けていた事にIYさん指摘して頂いて気付けた事と『骨盤から上をくれてやる』が今回の収穫になりそうです。
 大分、身体の上の方で頑張っていたようなので、観察して検証を繰り返します。

[PR]



by shinonomeaiki | 2016-03-15 07:03 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧