合気観照塾東雲道場

YS さんからの第三十一回研究会メモ2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「新陰流杖術・練習型」の指導を受けた。
      (第三十一回研究会)
   期日:2016年6月26日(日)14時~

模擬刀を使っての パンタグラフの稽古が続いた。

<パンタグラフの稽古4>
@それで 軽く踵を付けて、ゆっくりと
@そのときに 片手でやっても、両手でやっても、結局、手首と中指、母指球、小指球をうまく つかう。
@手だけで上げるのではなくて 息を吸いながら 少しパンタグラフを上げる みたいにして吸い上げると 刀が浮いてくる。
@只、それを 余り上に上げずに そこから 落ちてくる。
@親指の付け根に 刀の重心がかかる。それで だんだん上げていく。雷刀くらいに。
@次は 回刀。
@呼吸で上げていってください。それで カンセイにくるように。片手を付けた
 まま ゆっくりと やってください。
@それと ワケメの意識、それから モノウチの意識、切っ先の意識、それを ずーとし続けること。
 ワケメ、それから モノウチが どこにあるかを しばらく追いかけてください。
@ワケメは 自分の前で できるだけ上下するだけです。
@それと 指は 握り締めない。だいたい普通に握って 
(パンタグラフの姿勢に我慢ができなくなって 崩れる) 
@しんどくなったら、立って、もう一度 同じように 吸って、上げて、緩めて、
 このときも 丹田を意識する。丹田から吸い上げて、ずーと 頭のてっぺん
 まで上がって、それで 肩の力を抜いて 落ちていく。 

@次は、ワケメを意識して、ワケメが真ん中で 自分の身体の前を ずーと 
 上がっていく。それで 刀が 後ろを向いて落ちる。ワケメが、真ん中か、
 自分の正中線上を上がっていって 後ろに落ちる。ワケメを意識する。
 ワケメの上下です。
@それなんかも、横雷刀と同じことで、ハッソウと ヤネを作るというのもワケメとモノウチのカンケイを ずーと意識する。モノウチが ちゃんと意識できたら、このとこへ モノウチをいってください。それを 目視でチェックする。
@それから、その ワケメとモノウチの感覚さえ分れば、刃がどちらを向いているか、刃筋がどこなのか というのが分るようになる。

@それと なるべくいえば、ハッソーからヤネを作ったり、横雷刀、反対の横雷刀をやっていても やってください。
@それで、ワケメとモノウチの意識、それをやっていると 切っ先も、モノウチ
 ・切っ先、ワケメ、モノウチ・切っ先というふうに 自分の中に どこにあっても ワケメ、モノウチ・切っ先というふうに意識してください。
@すると、自分の組んだ「車」になっても、ワケメ・モノウチ・切っ先というふうに意識すると、三学でやっているんですけれども 無形から 開いた ときでも、ワケメ・モノウチ・切っ先。ここから 上がってくるときも  ワケメ・モノウチ・切っ先、雷刀。それで ワケメ・モノウチ・切っ先 というふうに意識し続ける。
@そうすると、空間が、それが逆になってくると、今度は   になって 
 そこにも ワケメ・モノウチ・切っ先というような 動きになる。
@それと、こんどは、こういう動きも 自然と 繰り返して 意識しながら 
 できる。
@だから、形が大事なのではなくて、どこに動いていても ワケメ・モノウチ
 ・切っ先が どこにあるのか、というのを 自分のなかで ワケメ・
 モノウチ、その先に切っ先があるという。
@すると、長いものの柄の中にも 結局は 横に刃があって、というふうに 
 空間制御がしやすい。だから それの練習だと思う。で 稽古をするときも 
 それが落としていったら、ちゃんと 何故か相手の剣のところに当っている だけのことなのです。
@だから、型とか、型の名前打ちではなくて、常に自分の中にあるという。

@切っ先というのは、切っ先のもっと先に、、、 
@その為に 先ず、両手操作ですから ワケメというのは すごく大事に なってくる。
@それの 片手版を 先程 ナイフで説明したのであって、
@すると 今度 七刀なんかも 要はきっちりと このときも大事なことは ワケメ・モノウチ 切っ先。
 だから そのときに 動いたりするよりも  伸びてワケメ意識する、切っ先意識して落ちる。というふうに考えると、 どちら向きの動作でも ワケメ・モノウチ・切っ先を意識して ここで シュッと モノウチが当るところを付ける。
@だから 落ちていくときは モノウチが一番大事。上げるときは ワケメ から モノウチ、切っ先。 落ちていくとき ワケメは動いているが 一番大事なのはモノウチです。
@モノウチが どこを動いて どこへ落ちていくか、という。それと 力の
 カセンとか、
@それから 先程言ったように 握っては駄目。それと、指先をこう使えるか 
 できれば関節辺りで引っ掛ける。第一関節辺りで やるという。指先に力をいれないと 自由にワケメができない。ところが 指先に力をいれてしまうと 動きにくくなる。
@そういう意識で 七刀の練習を行ってください。

@常にワケメはどういうふうに、それらを シンプルな動きが一番いいわけです。
@そのときに チグが ちゃんと 首の後ろにおりて ということです。 
@それと ひざの 先程の 踵を付けて パンタグラフで上がっていくように。
 動いているのは あのままです。腹筋を突っ張らないで 踵をついて パンタグラフはピュッと伸びるから。
@それから お尻を閉めるという。「月の抄」でいわれている。

@分かり難くなってきたら、踵を付ける。踵を付けたほうが 力が集中して上へ上がりやすい。
@踵と関節では、どうしても ここで上げる。踵を付けると シラッと尻を閉めて上げやすい。
@相撲取りがやっているように 少し前傾にしてからの姿勢だと 尻がちゃんと上がる。それで 踵を押し付けるようにすると パンタグラフが
 立ち上る。
@それで ある程度 上がってきたら 尻を寄せるようにすると 簡単に立ち上る。開いたままでは しんどいだけです。
@だから、要は このまま こっちで腰を入れて シュッと上がったら、これを寄せればいい。
@それで ついていくと 横隔膜より上に上がっているから、重さを少しでも軽減できる。
@刀の重さを感じない。刀自身の重みだけで こう動かしているという感じ。
@すると 首の位置とか、横隔膜とか、それと これで西江水を効かせて 
 自由にどこへでもいけるようになるから、合気に通じるはずである。
@それをしないで 型だけを覚えても バンバンやって 手が固まって 肩を固めて 合気道は関係が無いことをしてしまうので やはり 型をやるというのは 好きでない。

@木刀は こうやって持つのではなく、尻を少し張るようにして出すと、これ、居合いの二本目(引身)の座りですね。それを ここから こうやるつもりで ここからでも 同じように、だから 尻がヒュッと上がるんです。
 しかも 首の位置が変わらない。こうやれば 首は上がらない。
 だから すごくよくできているのですよ。

<感想>
  日頃、何気なく見ている相撲の蹲踞に このような意味があったとは、目からウロコです。
            (滋賀より参加の初心者)



[PR]



by shinonomeaiki | 2016-07-05 07:32 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル