合気観照塾東雲道場

YS さんからの第三十ニ回研究会メモ その2

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「合気 引きと攻め」の指導を受けた。
      (第三十二回研究会)
   期日:2016年7月18日(日)14時~

<警杖を使った引きと攻めの稽古>
@それで 警杖を 横にして
@それも だから ガバッといってしまうと動かない。それと、緩みだけ取って 
 相手の 、、、をしてくれたら 動かしやすい。  ハハハハ、、、

@だから「衝撃を与えないから相手を崩す」というのを ちょっとやってみてください。

@すると 引きと攻め、 、、の高さ、それで ワケメ。  バーン!

@只、これを こうしたら 相手は起き上がる。吸って、緩めて、 ワー!

@この フアーと打つときも せっかく相手の、、を見て押しているのに、
 握ってしまうと。こっちへきたら こっちへ押して ワケメをここへいれて
 いけばよい。                       オー!

@これも この角度。ここでは いらない。ここでも いらない。ちょうど 
 いく角度では、ちょっと ヒトッイてメイとワケメ。ワケメが ここから 
 こっちから やっていくように。

@これがこうなったときに この角度で引きと攻めがあって ここで オー!
 よくできている。

@この角度もあかん、この角度しかない。  自然の、、、。
@まー、ちょっと いろいろ やってみてください。工夫して。

<木刀を使った引きと攻めの稽古>
@警杖は 真っ直ぐで 先程言った「ソリ」の部分がないので、これもこのまま
 こうきたら 崩れるのに決まっているのですが、ちゃんと持って 西江水を効かせて、青岸で、ここを「ソリ」に合わせて 相手の   へ、こいつが 
 こう カーブして ピッといければ、、、、

@ところが、それを このままいっても、押しても 引いても あかんわけです。
@只、こっちへ もって来て こう引いたら 

オー!

@これは だから 裏とかは そういう ダン
@だから 先程言った 押して切る、引いて切る、というのを、如何に 腹にくる
 ところで この「ソリ」をイメージする。

@だから、本当は 真剣をイメージできれば 一番いい。
@これが 真剣になって スーと切っていけばよい。そこを イメージすると、
 実際に真剣を持って、振った、回転があるかどうか、ということ。
@では やってみてください。

<稽古>
@「ソリ」がわかりやすでしょう。
@未だ、上へ 逃げている。ワケメが。 オー!
@中に合わせるというか、これくらい。
@ヒューとやる。アンダースロー、アンダースロー、
@これが 下げて 行き過ぎ。
@しゃくる癖がある。捻る癖もある。それが心配なのですよ。
@これが 相手に 深呼吸して 伝わらないといけない。

<感想>
K先生が、多年にわたり蓄積された研究成果を 惜しげも無く披露していただける
のは、初心者にとり 誠に有り難く 御礼申し上げます。
                 (滋賀より参加の初心者)





[PR]



by shinonomeaiki | 2016-08-09 07:18 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル