合気観照塾東雲道場

YSさんからの第四十六回研究会メモ

合気観照塾東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「頭居(かしらい)」の指導を受けた。
     (第四十六回研究会)
   期日:2017年9月10日(日)13時~

<指導1:ブログ「弓と禅」(2005-5-20)より 読み聞かせ>
@流れる水のような強い力を、丹田に充実させて立つ。
@絶えず丹田の中に意識を集中する。
@丹田の中にあるものに意識を集中する。
@丹田に充実した力は 上下、左右の「はけ」と、腹の周囲の力の充実感とに
 なる。
@これは まったく「西江水」のことである。

<指導2:立ち方>
@そこで、ちょっと、足を肩幅くらいにして 薬指を真っ直ぐになるように
 する。すると、親指がちょっと中に入ったくらい。
@それで お尻を上げると 薄筋に意識ができる。
@それを 手を ちょっと こっちへ引っ掛けて 上に上げて、吸って 
 肩の力を 緩めて、喉の辺りに行ったときに 左右に開く。
@すると、裏の力が籠って、肋骨が締まって、肩の力が抜けて、大事なのは 
 首の位置が決まる。
@これが、弓の場合は、仙腸関節と、押す力と、引く力と  と、手。
@弓の場合は足の位置が違うが、立ち方が、どういうふうに立つかというと、
 外向けに立ったり、膝を こう曲げていったときに ここの こっちだけ。
@だから 内股にしたら、今度は この辺が上がって、結局 一番 ここを
 張るためには 薬指中心で、踵の真ん中より ちょっと外側。
@これは、一郎選手が履いている「リモール・シューズ」の原理です。
@リモール・シューズというのは、ショードブッカ理論の人たちが考えた靴
 です。アシックスから出している。
@それで、この立ち方というのは、サンシンとか、ブルース・リーがやって
 いたエンシン拳の立ち方が どちらかというと、それに近い。
@これは、このときに「薄筋」が意識しやすい。これが大事。
@これ、少し曲げて、このとき 膝を突っ張らない。
@それで、少々 ここで突っ張っても、この立ち方なら 骨盤が開かない。

@そこ 入れておいて 膝を突っ張ると、ここの
@そういうふうに、立ち方というのは すごく大事です。

@まあ その辺りは弓のことですが、足ふみの角度と膝。それについても
 書かれています。
@力の中心についても、結局はこれも同じこと。丹田とバランス、それと
 胴造り。

<指導3:頭居(かしらい)>
@今日の、一番のテーマは「頭居(かしらい)」。
@頭居(かしらい)とは、首と頭の安定のことを言う。
@左右の肩が、平常に高低がある。癖があるため。
@従って、頭の釣合を首に依って保つ為め、首が曲ったり、頭が仰向いたり、
 屈まる等の癖があるのに、本人は気付かない。
@だから 頭の位置というのは すごく大事。
@最も注意すべきことは、目付である。直立して、鼻の頭がわずかに見える
 程度にする。
@頭居(かしらい)というのは、アレキサンダーテクニックなんかで言う
 には、後頭下筋というのが、ある種の筋 イコール     これで 
 感じないといけないと

<指導4:合気上げ>
@ここから、まあ 一番簡単なのは、片手持ちで、このラインで 
@只、こう上げるだけではなくて、このままで いかに力が
@この中に 開いて、  て、 こっちから
@ところが、首の位置が こうなったら、もう動いても 抜けないし、ここ
 から そのまま上げてみても これだけ   
@ここにあって 初めて上がる。
@それで 上がったまま 止まったので、肩の力を抜いて落とせば 切れる。
@それを ずーと やっているわけです。
@ちょっと 2人でやってみてください。
<稽古1:形を覚えると 一生できない>
@実は、ここから   やってしまって 自分は自由に動ける。
@そうでしょう。その中で 自分と相手とのバランスを 一番よいところで
 とることで、
@だから、形を覚えたら ダメなのです。相手がきたら「ご苦労さん!」
 とやる。

<指導5:   >
@実は、こうやって 一緒じゃないですか。ちょっと 見てください
@意識的に いえ、そういうことを意識の中で やっているわけです。
@皆が 細かいことを言うと ドンドン 中に行って、意識が動かないし、
 水が流れないのです。そうでないと、相手の弱いところへ入れて 
 勝つなんてことは出来ない。
@水が流れない。これをミズシラズという。(笑い!)

<稽古2:目付>
@はい、こちらを向いて。(?俺の目を見ろ、、)(大笑い!)
@これと、これと、これを引っ張ったときに そのままですよ。
                         バーン!
@ね、ここを 何とかしようと していないでしょう。
Q:まったく 違いますね。
A:違うでしょう。繋がっているだけです。
Q:瞬間的に パパパパと 身体の中が繋がっていくわけですね。
A:そうです。それが 相手が固まってくれているほど 繋がり
  やすい。ある意味では。

<稽古3:反応半ギョ>
@身体を ふにゃふにゃにしてください。
@ここで、こうやって取っても、ホラ、これだけ。緩い!、
 ズバーと緩い!
@だから そのときは ここは放っておいて、バーン!
Q:そういう手もあり、ですか?
A:これを反応半ギョウという。カッ、カッ、カッ、、
                (半農半漁に引っ掛けて)

<指導6:手首の均等圧>
@指先の  これが大事   繋がり
@だから 一定という事が分からないと   見せる感じ
@だから 何かを ちゃんと持って 離したら違うということを

@だから 551なのですよ。あるときは無いように。ないときは
 あるように。
@でも 本当にね、持ってね、どこかで 腕を離すと 違うというのが
 分かる。
@だから 持っていないと   ずーと 持っていない。
@冬、コートの中に ずーと入れていたり、していましたから。コロコロ、
@いろいろな形の卵が  違うんですよ  そう
@それと 手が 相手が どんな形でも 一点しか、

Q:老宮の訓練と思っていましたが?
A:違う! 指先の訓練です。きっちり やる。

@これが あって どこかが バラバラになったら 張りがない。
@これに合わせて 吸い込んで、ここで呼吸

@じゃ ないのです。中から
@だから、小指が ちょっとずれていたら、もう ここは一定ではならない
 のです。
@これで一定でしょう! こうやると もう 違うのです。
@こうきて、こうきて、こなって、吸い込んで、緩めて この中を、
@だから「西江水」、指先だけの「西江水」。

<指導7:指や接点の在り方>
@だから、指先を きっちりしているということは、ほぼ一定に使えるはず
 なのです。
@だが、ここを握らず、こんなところで 効くわけがないのです。
@これを上手く使える。それの元は やはり剣。剣の手の内です。
@それを ちょっと引っ張って、ここを こう引っ張ってしまって、
 ここが、、、
きたときに 分け目が出てくる。それで自由に逃げる。そのために 指の
 感覚というのは 微妙にすごい。
@これが 吸い込んだら、

@ここで 相手の力と
@一枚岩なのです。これも 繋がって 自分の一部にしてしまわないと
 いけない。
@相手を自分の一部にして、その中へ   をとらえて   していく。
@それで、手のほうが分かりやすい。
@これを 面にしておくと、
@面と面、面どうしだけれども、一番、、、しているところへ、
@これも テンで話にならない。(笑い!)
@だから、本当に ちゃんと 面でやったら、そんなに力は要らないのです。
@いかに その中の点を選ぶかだ。
@だから、触った瞬間に これを こうやったら 面ですよね。
 それを「アッ、ここが一番「点」だな!」と思えば、その点だけを

         (滋賀より参加の初心者)



[PR]



by shinonomeaiki | 2017-09-20 18:47 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

お気に入りブログ

最新のコメント

ブログにコメント書くの初..
by きょうこ at 14:38

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

あるべき踵
at 2018-02-18 20:49
内と外
at 2018-02-18 20:36
YSさんからの第五十一回研究..
at 2018-02-16 07:10
第五十一回研究会稽古メモ
at 2018-02-12 08:26
SYさんからの第五十回研究会..
at 2018-01-22 07:16

外部リンク

ファン

ブログジャンル