合気観照塾東雲道場

木刀

会員からの投稿です。

 都城の職人の息吹


お疲れ様です。東雲道場2年半目ぐらいのJIです。

「木刀職人さんが手削りで作った木刀です。
手削りで作るため、握りとバランスが良く、機械削り木刀と振り比べると違いが分かります。
当時セット定価は16,000円でした。」

と言う商品詳細の木刀をヤフオクで3500円で落札しました。(送料1500円でした)

しかし、あやしい
入札もウォッチも私一人だけの様なのです。

そう言えば商品の質問欄に代理出品の罠に注意書いてあった、大丈夫なのか?

と心配しつつも、木刀が届き

これまた、あやしい
ジュースの段ボールに包まれた中に新聞紙に包まれた木刀が、
今時新聞でくるむ人がいるのか?
木刀には、ビニールが被せてあり一様未使用でした。

ビニールを外して見ると、木目がすごい、とうてい元16000円したとは思えない
木目でした。(最低な木目)

いざ握ると おぉっ!
振り上げると おおぉっ!
振り下ろすと ウオオォッー!
(だいぶ大袈裟ですよ)

振り上げやすく、真っ直ぐ落ちる。

この絶妙なバランスは、都城の職人の技なのか?
買った者の欲目なのか?

いや、東雲道場でつちかった私の感覚は、間違いないはず、
確実に都城の職人の息吹を感じたのだ!

と言う事で明日稽古に持って行きます。
東雲道場の皆さん、一度この木刀を試しいただき、感想をお聞かせください。
では、また!

世話役です

木刀拝見させて頂きました。
率直に申し上げますと、本赤樫の特注品でメーカーの刻印入りの良い木刀です。

反り浅く0.6センチほど、元幅広く、先幅が比べて狭い幕末勤王刀や示現流の特徴のある平峯の大刀と剣峯の小刀です。

購入時、ビニールでパッケージングされていたということでしたので木目が気に入らない等の理由で使われなかったのでしょう。

JIさんは入会されて三年目です。
入会当初、右肩が上がらないとおっしゃっておられましたが、現在は御本人の努力により改善されているようです。

はじめ軽い居合刀を使われておられましたので、ある時期から私の重い居合等を使って頂くことにしました。
するとお気付きことがあったのか、御自分でも居合刀を買い直されて熱心に稽古をされて大変上達されています。

私は木刀の数でいうとそこいら辺の武道具屋よりは持っています。

宗匠からの
  素振り等の一人稽古の際、良い感覚が来れば道具を代える
  「これだ!」と思ったら辞める
という教えを大切にしています。

 ですからJIさんが御自分から木刀をお求めになられ、且つ既製品をお求めにならなかったので、そういう稽古に目覚められたのだと思われます。

 これからも稽古宜しく御願い致します。

[PR]



by shinonomeaiki | 2018-03-08 22:48 | 会員の声 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

外部リンク

ファン

ブログジャンル

画像一覧