合気観照塾東雲道場

第五十四回研究会稽古メモ

第五十四回研究会稽古メモ

平成30年5月13日午後1時から


1 袋竹刀で刀棒打ち、押し崩す
・寸止めから
   付け
   入れ
・上、中、下段と高さを変えて稽古。

2 中段(中正眼)に青岸で付けて、詰め入り崩す。

3 中正眼同士で合し打ち
 ・打太刀の打ち始めと自分の緩みを合わせる。

4 打太刀の正面截りを相架けて上段で受ける。
 相手の太刀に付け、間合いを詰めて上太刀になり、肩当。

5 中正眼で打太刀が小手を打ってくるのを上段雷刀に外して、正面截り。
  打太刀は相架けて受ける。

6 受けた打太刀は差し替えて回刀して正面截り。

7 使太刀、相架けて、退いた打太刀の雷刀の小手に付け崩す。

(4-7は、一つずつ連続させていく。)

世話役です。

この辺りにくると、基礎稽古、歩法がどの程度体に染み込んでいるかで動きが変わります。

合気には、峰、谷の上下、骨盤時計の平面等、中心から球体の表面への半径直線、曲線及び螺旋等のベクトルがあるのですが、大前提となるのが、前へのベクトルです。

そして、その「前」への探究そのものが剣術だと思います。

ここに合気が剣から生まれた要素があると考えております。

足の爪半分も相手には譲らない。
「一所懸命」の由来です。
ただ意固地に居着く、捕られてしまう。
ここで術が生まれました。

宗匠の剣術は、本当に楽しい剣です。



[PR]



by shinonomeaiki | 2018-05-28 18:14 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル