合気観照塾東雲道場

YSさんからの第五十四回研究会メモ

合気観照塾・東雲道場 
世話役 様

   内容:K先生から「寸止めで・付けて・入る」指導を受けた。
     (第五十四回研究会)
   期日:2018年5月13日(日)13時~

第五十四回研究会稽古メモに基づいて、初心者が理解できた範囲で稽古内容を
綴ります。

<指導1:寸止め>
@前回(第五十三回研究会)の続きをやりながら もう一度「付ける角度」
 とか、どうやるかというところへ行きたいのですが、その前に「寸止め
 (1寸手前で止める)練習」をやりたいと思います。
@止めて、力を こう押さえるのではなくて 力を抜いて、引っ付けて、
 繋がったときに入っていくという。
@前の その角度ということだけを、
@二人ずつ組んで、一人は細い目の木刀をもってください。もう一人は木刀
 でも袋竹刀でもかまわない。どうせ 当てないのだから。

@このくらいを打つときは、この角度。相手の刀に当たっていません。
@それで、肩の力を抜いたら、付くのです。
@それから、引きと攻めをして、体軸で曲がっていけば 戻ります。

@音をさせない。握っていないでしょう! わざわざ軽い木刀を使うという
 のは、
@それで ここから こういくと 軸が崩れるわけです。
@こういったところで 力を抜くと、付くのです。
@付けたところから 中を、軸を、会陰を立てて、真っ直ぐにして、真っ直ぐ
 引きと攻めをしながら 入っていくと、いけるわけです。
@ちょっと 一回やってみてください。

<指導2:個別に指導>
@高いところ。あとで位置は変えます。一番高いところでやってください。
@高いところでやると こうなりにくいからです、実は。倒れる。

@だから、上はこう斬って、真ん中はこう斬って、ちょっと下をこう斬って 
 と いうふうに、この角度を変えるから、ここは変わらない。
@こういくと 丸まってしまうから。
@だから、先ず 高いところを、足を変えながら斬る。
@とりあえずは バーン!といかない。

@それで、ここからです。ここから 手でこういって 倒れるのではなくて、
 ここから 力を抜いて、引っ付けて、引きと攻めで 身体全部の軸を立てて、
 肩の力を抜いて、引きと攻めをしながら、この角度ではいかない、この角度
 でもいかない、この角度ならいく という。
@ここで力を抜いて、軸を立てて、引きと攻めをして、そこからこう。オー!

@肩に力をいれると こうなります。バーン!
@ここで こういくと 当たってしまうのです。ここから力を抜いて。オー!
@それが あとから疾雷刀とかになっていくわけです。

@だから こうではない わけです。それで これが七刀でも、なんでも 
 いけるわけです。
@それと これなら 軸がずれない。止まる位置で止めているだけなのです。
@それで、ここまでいったときに 力を抜いて 付ける。
@引きと攻めをして、手の中を細くして、身体を細くして、体軸ごと 相手
の中に入っていく。やってみてください。

<指導3:初心者への角度の再指導>
@これ 滑る角度です。
@これ 人差し指を伸ばさないで引きと攻め。 この角度で 自分の会陰、 
 肩の力を抜いて、 をやって 軸で相手の 出来るわけです。不思議
 でしょう!
@だから 手の内を変えないでね、ほら!
@ところが、こうなると、   だから いかに角度が大事かということで、
 手の内が大事なのです。それと この角度が大事ということ。

@この角度が変わってしまうから 滑ってしまうのです。
@手の内が変わらず、この角度が変わらなかったら、相手は、 オー!
@それを 前回の研究会でやったのですけれど。

 Q:ということは、持ったらダメなのですね?
 A:そう! 角度が変わるから。
 Q:でも、そんなにわずかなことで?
 A:わずかだから術なのです。だから これがこの角度ですよね。これが 
   こうやると もう角度が違うのですよね。ここですよね、力を抜いて
   いる角度。寄せて、相手の中心軸、そうしたら これが胸の高さ、ほら 
   もう 変わってきたでしょう。
 Q:でも、寸止めって、わずか1センチでしょう? それで角度が変わると
   いうのが不思議。
 A:いや、不思議でも何でもない、現実ですよ。1センチというけれど、
   あとでやる蝉翼刀では 蝉に羽ですよ。コンマ何ミリですよ。それが 
   ここへきて そのときも、これが決まって、 ネ。
 Q:ということは、このときに ずれるか、そのままいくか?
 A:そうです。だから 止めて。 それをバンバンしたらダメだ! 
 Q:自分の意思に関係なく 習慣で、、
 A:いや、だから 習慣なのです。
 Q:持てば握る! 打とうとすれば 力を入れる! 自分の意思ではなく身体が
   そうなる?
 A:そうですね! それを変えるのが 一番難しい。
 Q:でも、力を抜いて持っていれば、相手に叩き落される?
 A:外せばよいのです。だから「型」を覚えてはいけないのです。
   だって こちらも そうです。相手が どうするかによって 
             ----------------------------

(滋賀より参加の初心者)
 3月の稽古「中段十四勢」、4月の稽古「下段八勢」で 消化不良を起こして
 いた初心者に対して、K先生から噛んで含めるような再指導をして戴きました。
 有難うございます。


[PR]



by shinonomeaiki | 2018-05-28 18:18 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル