合気観照塾東雲道場

第五十九回研究会稽古メモ

第五十九回研究会
平成30年10月14日日曜日

1 燕飛

  猿廻
  山陰
  月影
 (浦波)
 (浮舟)

2 手の中心
  足の中心

世話役です。

 燕飛は・・・形を覚えてはいけない。
 これにつきます。
 手の中心、足の中心は私なりに他のポイントととの関係を考えて一つの経路を作りました。
 
 私の癖で、なぜ右足の踵の着地点が後ろになるのか。
 なぜ右足だけが鼠径部から外れやすいのか。
 加えて、YSさんと稽古をさせて頂き、鼠径部と爪先の関係が客観的に再認識出来たことに感謝致します。
 そして宗匠の足袋のほつれ。
 十年苦しんだ足底筋膜炎。
 これらの理由を分からせて頂きました。

 外から見ても同じ動作だが、体内では全く逆のことがおこっているということがあるということが嫌というほど分かりました。
 
 そこのポイントで宗匠は
   言葉で説明できません
と言われました。

 今回の研究会も核心に迫る御指導ありがとうございました。
「歩法やーろおっと」です。(>_<)ゞ


[PR]



by shinonomeaiki | 2018-10-15 19:13 | 研究会 | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル