人気ブログランキング |

合気観照塾東雲道場

2015年 12月 25日 ( 1 )




YS さんからの第二十五回研究会メモ(トーク)

先生から 直々にお相手して頂いた時、初心者は緊張感で身体が硬直します。
その際、雰囲気を和らげる目的で、絶妙のタイミングでギャグを飛ばされ、全員で笑います。すると、肩の力が抜けて、顎が自然に引けます。
第二十五回研究会でのギャグを、紹介します。


<指導1:「刀の上げ・下ろし」>
@それを握り締めていたら、肩が自由に動かないし、刃は向うに向いているわけ
です。そういうのを「ハムカウ」と言うのです。(全員 大笑い)

<指導2:小刀を腰に差す>
@こうすると、腹が締まると意識が 分かりやすい。
@それを、宮本武蔵は 五輪の書で「クサビを絞る」といっている。
 これが 無くなれば「シマッタ」と言っても「シマッテイナイ」のです。
(全員 大笑い)

<指導3:「打ち込み」>
@それで、ここが 真ん中。これを「担ぎ上げる」という表現をするのです。
 こう 担ぎ上げて、それで、肩の力を抜いて 落ちていきます。それが 
ここ だと 腹に こないのです。ここも 腹にこないのです。ここなら、腹にきて 腹の力が 下から 遠からず 西江水が効いてくる。
腹に落ちるか どうか。これを「フにオチル」と言っている。
(全員 大笑い)

来年も よろしく お願い申し上げます。  (滋賀から参加の初心者)



世話役です。

今年の稽古納めは1/26土曜日です。
来年の定例稽古初めは1/16土曜日の午後1時からです。
どうか宜しくお願い致します。


最近良い鉄味の重ための十手を購入致しました。
売り主が古楽器専門の方で、あまり価格に執着が無かったようで、お求め易かったです。

12/19の土曜日は指導員全てペケで、日曜日の朝から振り替え稽古を行いました。

G I さん、MM さんに二本の帯をつけて貰って十手を肚に差し込んで歩法をして頂いたところ、足が胴から外れる瞬間が分かって貰えたようでした。

すると途端にお二人とも、剣を使う感覚を変えられました。

足が外れる感覚が分かると、足を大きく出さないのではなく、出せなくなります。

会員の皆様方、本年も一年間稽古お疲れ様でした。








by shinonomeaiki | 2015-12-25 08:11 | YS さんの稽古メモ | Comments(0)

東雲道場は、合気修得を志す人の稽古場であり、このブログは、その人達のために稽古内容を記録化する目的で開設しました。
by 世話役
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

お気に入りブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

ファン

ブログジャンル